大沢港の釣り場情報

「大沢港」は左右から堤防がのびている形の漁港だが、いずれの堤防も先端付近が立入禁止になっている。港の後ろ側には山があるので、北風には大変強い。外海が荒れている日は、良型のメジナやクロダイが入ってくるので釣果が期待できる。足元が岩礁帯の場所もあるので、この周辺では多少強引なやりとりが必要になる。周辺施設はほとんど無いに等しい。

この釣り場の写真はありません

この釣り場のポイント

外海が荒れている日は良型のメジナやクロダイが逃げ込んでくるので優良な釣り場と化す。右側の堤防は立ち入り自体が禁止されているので、釣りをするなら岸壁か、左の方の堤防になるのだがこの堤防も先端部分が立入禁止になっている。沖側はテトラ帯になっており、この周辺に魚が潜んでいる。クロダイや、メジナ、ウミタナゴなどを狙うことができる。潮が濁っているときや、外海がシケている日に釣果が安定する。

ジャンル: エリア:勝浦

釣り場の写真

大沢港に関する写真を募集しています。釣り場、釣果などの写真をぜひ投稿してください。

大沢港の写真を投稿する

地図

主な釣魚とシーズン


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
スズキ(シーバス)             
クロダイ(チヌ)             
シロギス             
アジ             
イシダイ(シマダイ)             
カサゴ             
ウミタナゴ             
メジナ             
キビレ             

概要

名称 大沢港(おおさわこう)
所在地 千葉県勝浦市大沢
最寄り駅 JR外房線 行川アイランド駅
駐車場 なし
トイレ なし
コンビニ なし

この釣り場に関するブログ記事(外部ページ)

周辺の釣具店

▲PAGE TOP