イシダイ(シマダイ)の釣れる千葉の釣り場

  • 釣り場写真

    クロダイの落とし込み釣りの名所として知られる長浦突堤は3本の堤防の総称。南の長浦港寄りから第一、第二、第三堤防という呼び名がつけられており、それぞれに違った魅力がある。企業の敷地に囲まれており陸から直接ではなく、渡し船を利用して移動する必要がある。

  • 釣り場写真
    原港 エリア:白浜・千倉

    原港は砂場と岩場のちょうど境目に気づかれた規模の小さな漁港で、海水浴場と隣接している。西側は凹凸のある岩場になっているのが特徴。潮通しがよく、外海の荒れる日は実績が高い。周辺施設には駐車場があるだけだ。

  • 釣り場写真

    乙浜港は南房でも有数の規模の大きな漁港で、通年で釣り客が訪れる超人気フィールド。港内の水深は6mほどで、船道が2本あるのため潮通しも良い。様々な魚種をターゲットにでき、広い駐車場とトイレが整備されており、また近くに釣具店があるのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。

  • 釣り場写真

    陸地に向かって大きく掘り込まれたところに位置する漁港で、千倉大橋がその上を通っている。奥まったところに位置していると印象をもたれているからか、釣り人が押し寄せることは少なく、穴場の釣り場である。周辺施設には駐車場、トイレがあるが釣具店が近くにないので、あらかじめ必要なものは準備して入釣したい。

  • 釣り場写真

    和田港は以前は複数あった漁港が統一されたもので、イシダイやサヨリの名所として知られている。港の堤防の外側はテトラ帯になっており、この周辺は魚影が非常に濃い。港内は基本的に砂地で各種小物釣りを楽しむにはよいポイントである、周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店がある。

  • 釣り場写真
    江見港 エリア:鴨川

    国道128号線の近くにある、堤防と磯場のある漁港で、足場も安定しており、家族釣れの釣り人で賑わう。港の近くの磯は規模は小さいとはいえ、外洋に面していることもあり、海面の状況によっては危険が伴うので、スパイクブーツの着用を推奨したい。周辺施設には駐車場とトイレがある。

  • 釣り場写真
    太夫崎港 エリア:鴨川

    太夫崎港は最近の改修工事で大きくなった漁港で、沈み根がいくつか走っており、海底の起伏に富む好ポイントだ。港の入り口「鴨川オーシャンパーク」があり、広い駐車場があり周辺施設は充実しているが、釣具店が近くにないので、入釣する前に必要な物は予め準備しておきたい。

  • 釣り場写真
    鴨川港 エリア:鴨川

    鴨川港は左右から堤防がのびている形をした漁港で、書いては基本的に砂地である、堤防はとても大いので台風の日も港内が荒れ散らかすことはほとんどない。規模の大きな漁港なので、足場が安定していることもあり、家族連れの釣り客が多く訪れる。周辺施設には、駐車場、トイレコンビニ、釣具店があり非常に充実している。

  • 釣り場写真
    浜荻港 エリア:鴨川

    「浜荻港」は浅い岩礁帯の上に建設された漁港で、海底が変化に富んでおり、磯釣りの対象魚を足場の良いところから狙うことができるので、人気の釣り場だ。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店があり、非常に充実している。

  • 釣り場写真
    天津港 エリア:鴨川

    外房でも有数の規模の大きな漁港で、最寄り駅から徒歩で10分ほどしか離れていないこともあって、人気の釣り場である。足場の良い堤防、磯場があるなど、釣り場としてはバリエーションに富んでいるのが特徴。広い堤防には車の乗り入れも可能だ。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店があり非常に充実している。家族連れの釣り客も多い。

  • 釣り場写真

    「寄浦港」は人気の高い釣り場であったが、テトラから釣り人が転落する事故が相次ぎ、現在は場所によってはフェンスが張ってあり、入釣することができない。「小湊港」は禁漁区や船が多く係留されていることもあって、竿を出せる場所が少ない。「ルアー禁止」、「エギング禁止」などの注意書きがされていることもあり、制限がなのかと多い。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店があり、非常に充実している。

  • 釣り場写真
    大沢港 エリア:勝浦

    「大沢港」は左右から堤防がのびている形の漁港だが、いずれの堤防も先端付近が立入禁止になっている。港の後ろ側には山があるので、北風には大変強い。外海が荒れている日は、良型のメジナやクロダイが入ってくるので釣果が期待できる。足元が岩礁帯の場所もあるので、この周辺では多少強引なやりとりが必要になる。周辺施設はほとんど無いに等しい。

  • 釣り場写真
    浜行川港 エリア:勝浦

    浜行川港は周囲を山に囲まれている比較的規模の小さな港で、外房では珍しく、外海が荒れている日でも安心して竿を出すことができる釣り場だ。周辺施設には駐車場とトイレがある。港の規模からは想像できないような大物が潜んでいることで知られているので立ち寄ってみる価値はある。

  • 釣り場写真
    興津港 エリア:勝浦

    興津港は湾の湾口に位置する漁港で、主な釣り場は外堤、テトラ堤、魚市場前の岸壁の3つに大別される。夜釣りで良型のアジがヒットすることで知られており、また、夏場は回遊魚も接岸してくるので、メタルジグやルアーでこれを狙う人が多い。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店があり非常に充実している。

  • 釣り場写真

    テトラ帯、堤防、サーフ、岩礁帯など、変化に富んだフィールドだ。堤防の内側はだんご釣りの名所で、海釣り公園はビギナーや家族連れにおすすめである。周辺施設は充実しており、整備された広い駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店がある。釣りが禁止されるなどの事態を引き起こさないためにもマナー違反には気をつけよう。

  • 釣り場写真

    かつてそれぞれ別々の港であったが拡張工事の繰り返しによって現在はひとつの港として機能しているようだ。いずれも浅い岩礁帯の上に立地しており、堤防ながら磯物が狙えることで人気が高い。テトラ周りで食ってくることが多いので、ハリスを太めにして、強引なやりとりに備えよう。周辺施設には駐車場とコンビニがあるが釣具店が近くにないので釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    部原港 エリア:勝浦

    部原港は岩礁帯と砂浜の境目に築かれた漁港。左右の堤防周辺の海底は外側が岩礁帯であるが、内側は砂地になっている。荒れた日は堤防の付け根でメジナやクロダイの実績が高い。周辺施設にはコンビニがあるだけだ。

  • 釣り場写真

    ひっそりとした釣り場で地元の釣り人が多い釣り場で、珍しい形をしている。左右からのびる堤防は内側も外側もテトラが敷き詰められており、魚に棲家を提供している。小さな釣り場だが、岩礁帯の上に立地していることもあって、魚影がかなり濃い。周辺施設には駐車場とコンビニがあるが、釣具店が近くにないので釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    大原港 エリア:いすみ市

    周辺地域に規模の大きな漁港がいくつかあるが中でも最大級に規模の大きな漁港。ターゲットに出来る魚種も豊富で、足元も安定しており、さらには車を横付けできることから非常に人気の高い釣り場である。ヒラメなどのうれしい外道があたることもある。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニがあるが、釣具店が近くにないので釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP