千葉の釣り場 [ジャンル:港]

  • 富津岬の北側に位置するこじんまりとした漁港。西側の埋立地には、車で乗り入れと駐車が可能。

  • 内房有数の大型港。東京湾の口部に近いため非常に潮通しが良く、シーズン問わず多くの魚種が釣れる事で知られる。港の東側は多くが立入禁止区域となっているが、西側だけでも十分な釣りスペースがある。もともと干潟だった場所を埋め立てて作られた港のため、根が少ないのも嬉しい。

  • 木更津港は、アクアラインの開通まで川崎との間をカーフェリーが行き来していた場所。大型船向けに作られた港のため、周囲に比べて水深があり、良型のハゼが多く釣れる。車で釣り場すぐそばまで乗り入れることが出来、場所によってフェンスが設置されているので、子供連れでも安心して釣りを楽しめる人気のスポット。

  • 金田海岸にある呑堀港は海苔の養殖など昔ながらの江戸前情緒を残すこじんまりとした船溜。干潮時には干潟が露出し、ミオ筋と呼ばれる舟道が現れる。

  • JR長浦駅から程近い場所にある商業港。長浦港とは通称で周囲の道路標識には袖ヶ浦港と表記されている。駅側は立入禁止となっており、沖側の舗装されていない場所が釣り場となる。釣り場まで車で乗り入れる事が出来るのが嬉しい。

  • 姉ヶ崎港は国道16号線に面した小型船向けの小規模港。堤防内に車で乗り入れ、駐車する事ができる。堤防内が混雑している場合は、16号側の護岸にも駐車可能。

  • 千葉港内で唯一の釣り場である中央埠頭は、夜景スポットとして有名な千葉ポートタワーから程近い場所にある整備された護岸。柵がしっかりと設置されているので、子供連れでも安心して楽しむことが出来る。

  • 古くから東京湾有数の漁場として栄えた干潟・三番瀬をのぞむ行徳港は、現在も魚影が濃く、人気の釣りスポットとして知られる。しかし、近年では岸壁の侵食や釣り人のマナーの問題で立ち入り禁止エリアが増えている。

  • 大貫港は宮津岬の南側に位置する中規模の漁港。突堤がいくつもあり、釣り座が豊富にある。足場も良いので地元の釣り人が多い。港内は水深が底まで泣く、砂地。周辺施設は非常に充実しており、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店がある。ファミリーフィッシング向けの釣り場として人気が高い。

  • 上総湊港は近くに湊川の河口があり、右側は海水浴が立地している漁港。漁港周辺は汽水域になっているので、ボラなども入ってくる。周辺施設は海水浴場が近くにあることもあり、大きな駐車場とトイレがある。

  • 竹岡港は全体的に浅瀬の釣り場で、付近に駐車場がないため、訪れる釣り人が少なく、のんびりと釣りが楽しめる釣り場。左手には白狐川の河口があり、汽水域の魚が多く棲み着いている。周辺施設はほとんどなにもないに等しいのであらかじめ必要な物を準備してから入釣しよう。

  • 萩生港は浅瀬につくられた漁港で、海底は砂地混じりになっている。浅瀬なので大潮・満潮などのタイミングで入釣すると釣果が望める。この釣り場は竹岡駅から徒歩で5分のところに立地していることもあり、連日釣り人の姿が絶えない。周辺施設には駐車場があるくらいなので、必要なものを準備してから入釣しよう。

  • 新田浦港は現在は漁港としては使われていない港。海底は砂地混じりで、藻場がたくさんあり、この周辺に多くの魚が居着いている。一部堤防が古いせいで満潮時には水没するポイントがあるが、全体的には足場が安定しているので家族連れの釣り人も多い。周辺施設はほとんどなにもないので、必要な物は準備してから入釣しよう。

  • 浜金谷港は東京湾を横断するフェリーの発着場でもある。海底は基本的に砂地だが、堤防の外側がテトラになっているのでこの周辺に魚が居着いている。砂利を積んだ大型の船などが行き来するので、水深があり、型狙いで入釣する釣り人も多い。周辺施設は充実しており、駐車場、トイレ、コンビニがある。

  • 金谷港は、クロダイ釣りの名所として地元の釣り人に知られている。金谷川の河口があるので汽水域の魚を狙うこともできる。堤防はどれも外海に面する側がテトラ帯になっているのでこの周辺に魚が居着いている。周辺施設は非常に充実しており、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店がある。

  • 元名港 エリア:安房

    元名港は40mほどある小さな堤防で、元名海岸と安田海岸の間に位置する。サーフ側は海底が砂地になっており、堤防の左側(沖)のほうは岩礁帯になっている。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店があり、非常に充実している。

  • 保田港、吉浜埋立地の周辺には漁協直営のレストランや、24時間営業の入浴施設、道の駅、観光施設などがあり、釣り人だけでなく一般のお客さんもよく訪れる。保田港港内自体は釣りが制限されているので留意しておこう。周辺施設にはトイレ、駐車場があり、食堂なども充実している。

  • 大六港 エリア:安房

    大六港は波が穏やかで静かな釣り場で、遠瀬で海底が岩礁帯の小さな漁港。L字の堤防と小堤防からなる。沖の方はテトラ帯になっているのでこのあたりがメインのポイントになる。周辺施設には駐車場くらいしかないので、あらかじめ必要なものは準備して入釣したい。

  • 龍島港 エリア:安房

    龍島港は左右を砂浜に囲まれた港で、海底は岩礁帯である。港内左手に位置し、沖に向かって延びる堤防はこの釣り場の中で最も人気の高いポイントであるが、入釣が制限されており、15:00〜翌7:00は入釣することができない。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店があり、充実している。

  • 勝山港 エリア:安房

    勝山港は湾奥に位置する静かな漁港で、風や波の強い日でも安心して竿を出すことができる釣り場。しかし堤防の外側はテトラが敷き詰められており、港内はギョッ線が多く係留されているので、竿を出せるところは限られる。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店があり、充実している。

1234

他のジャンルから絞り込み

▲PAGE TOP