カサゴの釣れる千葉の釣り場

  • 釣り場写真

    新田浦港は現在は漁港としては使われていない港。海底は砂地混じりで、藻場がたくさんあり、この周辺に多くの魚が居着いている。一部堤防が古いせいで満潮時には水没するポイントがあるが、全体的には足場が安定しているので家族連れの釣り人も多い。周辺施設はほとんどなにもないので、必要な物は準備してから入釣しよう。

  • 釣り場写真

    保田港、吉浜埋立地の周辺には漁協直営のレストランや、24時間営業の入浴施設、道の駅、観光施設などがあり、釣り人だけでなく一般のお客さんもよく訪れる。保田港港内自体は釣りが制限されているので留意しておこう。周辺施設にはトイレ、駐車場があり、食堂なども充実している。

  • 釣り場写真
    大沢港 エリア:勝浦

    「大沢港」は左右から堤防がのびている形の漁港だが、いずれの堤防も先端付近が立入禁止になっている。港の後ろ側には山があるので、北風には大変強い。外海が荒れている日は、良型のメジナやクロダイが入ってくるので釣果が期待できる。足元が岩礁帯の場所もあるので、この周辺では多少強引なやりとりが必要になる。周辺施設はほとんど無いに等しい。

  • 釣り場写真
    御宿港 エリア:いすみ市

    御宿港は広い海水浴場の南側に位置している漁港。変化に飛んだ海底には豊富な釣り物が潜んでいるので周辺でも人気の高い釣り場だ。港自体は砂浜と岩礁帯のちょうど境目に位置している。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニがあるが釣具店が近くにないので、必要な物は予め準備しておきたい。

  • 釣り場写真
    大原港 エリア:いすみ市

    周辺地域に規模の大きな漁港がいくつかあるが中でも最大級に規模の大きな漁港。ターゲットに出来る魚種も豊富で、足元も安定しており、さらには車を横付けできることから非常に人気の高い釣り場である。ヒラメなどのうれしい外道があたることもある。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニがあるが、釣具店が近くにないので釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    ヨットハーバーの建設にともなって新しくできた堤防で、東日本大震災の影響で工事が進んでいるところもあり、竿を出せないところが多い。潮通しが良いのが特徴で水深は深い所で7mほど。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビがあるが、釣具店が近くにないので釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    犬若港 エリア:銚子

    犬若港は沖に向かってのびる長大なテトラ堤があるのが特徴。堤防の中腹には周辺でも屈指の磯釣り場がある。潮通しが能く、水深があるので魚種が豊富でm魚影も濃いのが特徴。水温が高い活性があがり、エサ取りに悩まされるのが難点である。周辺施設には駐車所があるくらいなので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    遊漁船基地として能く知られている漁港とその近くにある堤防は魚種が大変豊富で活性が高いのが特徴。テトラや根など海底が変化に飛んでいるのが特徴。周辺施設には駐車場とトイレがあるが釣具店が近くにないので釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP