守谷港の釣り場情報

守谷港は守谷湾の最も奥にある釣り場で、水深がなく改定が岩礁帯であるので、竿を出せる場所が規模の割に少ない。奥まったところにあり、存在自体を知られていないので、場荒れしていないのが特徴である。周辺施設には駐車場とトイレがあるが釣具店などはないので入釣する際は予め必要なものを準備してのぞみたい。

この釣り場の写真はありません

この釣り場のポイント

守谷港は岩礁帯の上に作られているので、磯物釣りができるのが特徴。港内にはアジが入ってくることもあり、夏場にはサビキで狙ってみるとよい。沖側にはメジナ、クロダイが住み着いており、さらに沖の方は岩礁帯になっているので、遠投すればシロギスを狙うこともできる。夏場は水上バイクが行き交うこともあり、釣りにならない場合もあるので注意が必要。

ジャンル: エリア:勝浦

釣り場の写真

守谷港に関する写真を募集しています。釣り場、釣果などの写真をぜひ投稿してください。

守谷港の写真を投稿する

地図

主な釣魚とシーズン


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
スズキ(シーバス)             
クロダイ(チヌ)             
シロギス             
アジ             
メジナ             

概要

名称 守谷港(もりやこう)
所在地 千葉県勝浦市守谷
最寄り駅 JR外房線 上総興津駅
駐車場 あり
トイレ あり
コンビニ なし

この釣り場に関するブログ記事(外部ページ)

周辺の釣具店

▲PAGE TOP