函館湯川漁港の釣り場情報

函館湯川漁港は道南で最も新しい堤防で2011年の4月に完成した。砂地につくられた港なので根掛りすることはほとんどない。釣り物は基本的にはカレイ類が多い。徒歩圏内にセブン-イレブンがあるので便利だ。

函館山 湯の川漁港から

この釣り場のポイント

港内は魚の入りがあまりよろしくないらしく、港内を絞って狙うのには適していない。おすすめの釣り座は港で一番大きな「南防波堤」の先端部分。ここは足元がかなり安定しているので家族連れで入釣するのも安心だ。釣り物はイシモチが主体で、マコガレイがときおり混じって釣れる。

ジャンル: エリア:函館

釣り場の写真

函館湯川漁港に関する写真を募集しています。釣り場、釣果などの写真をぜひ投稿してください。

函館湯川漁港の写真を投稿する

地図

主な釣魚とシーズン


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
イシモチ             
マコガレイ             

概要

名称 函館湯川漁港(はこだてゆのかわぎょこう)
所在地 北海道函館市双見町
最寄り駅 JR函館本線(函館~長万部) 鹿部駅
駐車場 なし
トイレ なし
コンビニ あり

この釣り場に関するブログ記事(外部ページ)

周辺の釣具店

▲PAGE TOP