イシモチの釣れる北海道の釣り場

  • 釣り場写真

    知来別漁港は、知来別川が港内に流入している。そのため、大雨の後は、塩気を好む魚はあまり釣れない傾向にある。そのような日をのぞけば、いつでも十分に釣りを楽しむことができる。春から秋にかけてのクロガシラの実績は高く、多くの釣人が足を運ぶ。近くには駐車場くらいしかないので、釣りに必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真

    稚咲内(わかさかない)漁港は宗谷の西側に位置している港である。海底は砂地に根が入り混じっているものの、根掛りは少ないようだ。改修工事が入る前はカレイやコマイがよく釣れていたのだが、改悪(釣り人目線)によって魚の入りが悪くなってしまった。釣り場の近くには駐車場とトイレがあるが、コンビニなどは離れたところにあるので、食べ物、飲み物の準備をしたうえで入釣しよう。

  • 釣り場写真

    石狩湾新港は、札幌の「海の玄関」とよばれているだけあって、規模が非常に広く、整備も行き届いているので、足場も良好。ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。石狩川の恩恵を受けているので、通年で魚釣りを楽しむことができる。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    森港 エリア:函館

    森港は立入りが制限されている場所が多い釣り場。港の右側の「東防波堤」の港内側にはホタテ作業船が係留されていて、特徴的な風景を織り成している。釣り場の近くには釣り人が駐車できるスペースがあるが、トイレがない。近くのコンビニを使わせてもらおう。

  • 釣り場写真

    黒岩漁港は砂地につくられた港。そのため、港内、港外とも根掛り無縁の砂地。のんびりとカレイ類などを相手に魚釣りを楽しむことができる。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真

    国縫(くんぬい)漁港は、個性的な形状をした港で砂時計の上半分のような形をしている。周辺は砂地で、港内ももちろん砂地。釣り場から300メートル離れたところに駐車場があり、トイレもそこにあるので女性や家族を連れての釣りも安心である。

  • 釣り場写真

    長万部(おしゃまんべ)漁港は砂地海岸につくられた港で、根掛りとは無縁の砂地地帯。冬場の北西よりの風に強く、冬場は重宝したい。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真
    吉岡漁港 エリア:松前

    吉岡漁港は周辺の釣り場と比較すると大きな港であるものの、大物を期待する人にとっては竿を出せるところが少ない。港内は「吉岡川」のおかげでハゼがわんさか棲み着いている。家族連れの釣り客がこれを狙っている。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    福島漁港 エリア:松前

    福島漁港釣は、規模の大きな港で、「福島川」が流れこむこともあって魚の寄りがよろしい。港内にはハゼがわんわか潜んでいるのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。釣具店は徒歩圏内にあるので嬉しい。

  • 釣り場写真

    福島(浦和)漁港は穴場的な釣り場で「福島漁港」の影にひっそろと位置している。ハッキリ言って数も型も期待できないがのんびりと竿を出したい釣り人にはおすすめしたい。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真
    岩部漁港 エリア:松前

    岩部漁港は岬状の地形を利用して作られた港。堤防が一本あるだけのシンプルな構造をしている。釣り物にあまり特徴がないが、沖合まで砂地なので、釣りやすいのがうれしい。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真
    涌元漁港 エリア:松前

    涌元漁港は北西よりの風に強い釣り場なので、冬場は重宝する釣り場である。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。徒歩圏内に自販機があるので、水分補給するときはここを使用するのが良い。

  • 釣り場写真
    中の川漁港 エリア:松前

    中の川漁港は、長大な砂浜地形にぽつんと作られた港である。港内から突堤が4本、大きな堤防が1本あるだけのシンプルな作りである。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    札苅漁港 エリア:松前

    札苅(さつかり)漁港は、シンプルな構造をしていて、突堤が一本と大きな防波堤、船揚場があるくらい。川が2本流れており、大雨の後は濁りのせいでしばらく釣りにならない。数も型も期待できないので、入釣する人は少ない。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真
    当別漁港 エリア:函館

    当別漁港は規模の小さな漁港で、岩場に隣接している。国道に面しているのでアクセス良好。チカやハゼなどファミリーフィッシング向けの釣り物が潜んでいるのでおすすめ。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真
    上磯漁港 エリア:函館

    上磯漁港は砂浜につくられた漁港。意外に港内は根掛りすることがあるので、海底の様子には気を配ろう。函館市街地から近い距離にあるがあまり期待できないので、入釣する人は少ない。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    志海苔漁港 エリア:函館

    志海苔漁港は釣り場としては不人気。函館市からそう遠くない距離にあるのだが、胸がときめくような釣果報告はなされていない。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真

    石崎(銭亀沢)漁港は港口が狭いので港内への魚の入りはよろしくない。基本的には堤防に乗って外海側を狙うことになる。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    子安漁港 エリア:函館

    子安漁港は560メートルにわたる長大な堤防がある。投げ釣りメインで訪れる人は少なく、夏期のクロゾイ釣り師で賑わうことがあるくらいだ。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真

    釜谷(戸井)漁港は割りと大規模な漁港だが、規模の割りには竿を出せる場所が少なく、釣り物もそこそこであまり大きな期待ができない。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

123

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP