北海道の釣り場 [ジャンル:港]

  • 枝幸港 エリア:枝幸

    枝幸港は、2月から4月下旬にかけての休漁期を除けばいつでも竿を出すことができる魅力的な釣り場である。海底は磯、砂泥、飛び根と変化に富んでいる。5月からカレイ類が釣れだして、1月からチカやサンマなどの小魚が釣れ出し、これには大型魚も混じってくる。大物狙いのベテランから、家族連れの釣り客まで、幅広い層に対応している釣り場だ。

  • 頓別漁港 エリア:枝幸

    頓別漁港は、頓別川河口と豊寒別側河口につくられた港である。海水と淡水の入り交じる河口域では色々な魚を相手にすることができる。沖合はカレイ類の実績が高く、イシモチもよく釣れる。港内にむけて竿を出す人は少ないが、ちょい投げでも十分にチカ、、ニシンなどを狙うことができる。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニがあり、わりと充実している。

  • 知来別漁港は、知来別川が港内に流入している。そのため、大雨の後は、塩気を好む魚はあまり釣れない傾向にある。そのような日をのぞけば、いつでも十分に釣りを楽しむことができる。春から秋にかけてのクロガシラの実績は高く、多くの釣人が足を運ぶ。近くには駐車場くらいしかないので、釣りに必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 宗谷港は、宗谷岬のすぐ右側にある岸壁につくられた港である。地元の釣り人の間では『大岬漁港』の名前で親しまれている。海底はコンブや岩礁などが混在しているので、根掛りが多発する。水深はそこまでなく、3メートル程度であるが、チョイ投げでも十分に釣りを楽しむことができる。周辺施設には駐車場、トイレがあり、わりと充実している。

  • 富磯漁港は、海底が変化に富んでいるのが特徴である。港の内側外側ともに海底に砂地、飛び根などが混在している。その分魚種が豊富であるが、根掛りが多いのが難点。冬期間を除けばいつでも釣りを楽しむことができる。ルアーで人気のマス類、サケも港内に入ってくるので多くのルアーマンが足を運ぶ。

  • 稚内港は、周辺の釣り場でもかなり規模の大きな港で、釣り座を探すのにも一苦労する。事前に釣具店や売り情報誌でポイントを選定してから入釣するのが良い。規模が大きいだけに釣れる魚種も多彩なのが特徴。

  • 天塩港は、建設資材としての「砂」を扱っている港である。大型船が往来するので、かなり水深があるのが特徴。近くに火口があり、淡水域を好むカレイや回遊魚などもよく釣れるので人気の釣り場である。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニがあり、わりと充実している。

  • 遠別漁港は、地元の釣り人の間ではコマイが良く釣れるポイントとして知られている。「離島そのほか辺地にあって漁場の開発または漁船の避難上得に必要なもの」定義される第4種漁港として位置づけられている。大型船などが往来し、水深は十分にある。しけの多い秋から冬にかけて多くの釣り人が足を運ぶ釣り場だ。周辺施設には駐車場こそないものの、港内にトイレがあるほか、車を走らせてすぐのところにコンビニがあるので便利。

  • 羽幌港 エリア:留萌

    羽幌港は、周辺の河川(羽幌川、福寿川)の影響で濁りがでやすい傾向がある釣り場。この濁りによって魚の警戒心が薄れるので、日中でも難なくカジカやコマイなどを釣り上げることができる。この港はフェリーも往来するので、水深が深く、大型も比較的簡単に釣れる。水釣り場の近くに駐車場があるほか、トイレとコンビニも近くにあるので、周辺の施設は充実している。

  • 留萌港 エリア:留萌

    留萌港はあらゆる風に強い港で、釣り座の構え方次第で、東西南北どの風もかわすことができる素敵な釣り場である。また、周辺の釣り場の中でも規模は最大級。そのため、一年を通じて釣り人の姿が絶えない。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 増毛港 エリア:留萌

    増毛港は、春先の季節風(南西の風)につよい釣り場だ。港内のどこからでも竿を出すことができる魅力的な釣り場で、釣り物も豊富。休日には多くの釣り人が訪れるので混雑することも。。釣り場の近くに駐車場があるほか、トイレとコンビニも近くにあるので、周辺の施設は充実している。

  • 音標漁港 エリア:枝幸

    音標漁港は、「音標岬」の地形を利用して作られた港で、海底が変化に富んでいるのが特徴である。岩礁帯、砂地、にいくつもの根が交差しているので、魚影の濃さと、多彩さはピカイチである。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 乙忠部漁港 エリア:枝幸

    乙忠部(おっちゅうべ)漁港は、国道から見えないので、あまり混雑しないように思われるが、地元の釣り人には投げ釣りの一級ポイントとして認知されていて、必ず釣れるとの評判がある。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 山臼漁港 エリア:枝幸

    山臼漁港は、海底が変化に富んでいるのが特徴の釣り場で、北側にはおおむね砂地でこれに根がいくつか入り組んでいて、南側は岩礁帯と砂地が入り混じっている。とりあえず投げ釣りでのぞめば何かしら釣れるとはいわれるものの、根掛りはある程度覚悟しておく必要がある。周辺に駐車場くらいしかないので、必要な物は予め準備して入釣しよう。

  • この釣り場は、海底が岩礁帯であるものの、水深がかなり浅いので、場所によっては釣果が聞かれないところもある。しかし周辺の釣り場の中では最もチカの魚影が濃いことで知られていて、秋から冬にかけてはチカが爆釣する。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 問牧漁港 エリア:枝幸

    問牧(といまき)漁港はカラフトマスの高実績ポイント。カラフトマスが釣れる場所として真っ先にここを思い浮かべる釣り人は多いだろう。周辺施設には港内の公衆トイレがあるくらいで、釣り場の周辺には釣り人向けに整備されたスペースがなく、コンビニも少し離れているので注意したい。

  • 目梨泊漁港 エリア:枝幸

    目梨泊漁港は、オホーツク海に付き出している「目梨泊岬」の地形を利用して作られた港で、海底は岩場なのでゴツゴツしている。港内はいつも波風がおだやかなので、釣りやすい。釣り場の近くには駐車場とトイレがあるが、コンビニなどは離れたところにあるので、食べ物、飲み物の準備をしたうえで入釣しよう。

  • 斜内漁港 エリア:枝幸

    斜内漁港は、浜頓別町と枝幸町の町堺にある小さな漁港である。国道にあるトンネルの出入口のすぐ横に入口があるので、見落とされがちな港である。釣り場の近くには駐車場とトイレがあるが、コンビニなどは離れたところにあるので、食べ物、飲み物の準備をしたうえで入釣しよう。

  • 浜猿払(はまさるふつ)漁港は港の入口が目立ったところにないので、訪れる釣り人が少ない。海底は砂地で、根掛りが少なく、足元が十分に整備されているので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設には駐車場、コンビニなどがあり、充実しているが、釣り場の近くに公衆トイレがないので留意しておこう。

  • 浜鬼志別(はまおにしべつ)漁港は、クロガシラガレイとコマイの大型が狙える人気の釣り場である。最近の改修工事の影響で港口が複雑になり、狭くなってしまったので、昔ほどの釣果が聞かれなくなったものの、釣果は比較的安定している。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

他のジャンルから絞り込み

▲PAGE TOP