イサキの釣れる大分の釣り場

  • 釣り場写真

    佐賀関中心部に入り、佐賀関下浦漁協前で左折。「県道635号線」に入って車ですぐの場所に位置している。全体的に足場が安定しているので、初心者にも安心の釣り場。港内では作業をしているかたがたの邪魔にならないように気をつけよう。近くに釣り人が利用できる駐車スペースがありトイレもあるので便利だ。

  • 釣り場写真

    津久見インターチェンジをおりたら「県道707号線」をまっすぐすすむ。車を15分ほど走らせれば到着する。渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 釣り場写真
    楠屋鼻 エリア:津久見

    津久見インターチェンジをおりたら「県道707号線」をまっすぐすすむ。車を15分ほど走らせれば到着する。ポイントによっては渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 釣り場写真
    赤崎 エリア:津久見

    津久見市街地から「県道217号線」にのる。佐伯方面へ向かい、「網代交差点」を左折。そのまま道沿いに進めば到着する。津久見市街地から来るまで20分ほどの場所に位置している。ポイントによっては渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。釣り場の近くには釣り人が利用できる駐車スペースがある。

  • 釣り場写真

    津久見市街地から「県道217号線」を佐伯方面へ向かう。網代交差点を左折して、トンネルを抜けたら右折。津久見市街地から車で15分ほどの場所に位置している。港のフィールドなので足場が安定していて、家族連れの釣り客にもおすすめできる。地磯もいくつかあるので、これに乗る場合はスパイクブーツを着用すること。

  • 釣り場写真

    刀自ヶ浦(とじがうら)港・深良津(ふからづ)港津久見市街地から「県道217号線」を佐伯方面へ向かう。網代交差点を左折して、トンネルを抜けたら右折して道なりに進む。津久見市街地から25分ほど離れた場所に位置している。全体的に足場が安定しているので、初心者にも安心の釣り場。港内では作業をしているかたがたの邪魔にならないように気をつけよう。近くに釣り人が利用できる駐車スペースとトイレがあるので便利だ。

  • 釣り場写真
    蒲戸崎 エリア:佐伯

    「蒲戸港」かもしくは「福泊港」で渡船をチャーターして入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 釣り場写真

    津久見市街地から「県道217号線」を佐伯方面へ向かう。「上浦町津井浦」の交差点を左折。「県道541号線」にのったらそのまままっすぐ進んだところにある。津久見市街地からは車で25分ほど離れた場所にある。ポイントによっては渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。近くに釣り人が利用できる駐車スペースがありトイレもあるので便利だ。

  • 釣り場写真
    高手島 エリア:佐伯

    高手(たかで)島は大分の中でもクロのシーズンが早く始まることで知られている。渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 釣り場写真

    鶴見の渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。過去に焚き火の不始末が火災に破天したことがあるので、くれぐれも注意したい。

  • 釣り場写真

    渡船(鶴見で手配)で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。過去に焚き火の不始末が火災に破天したことがあるので、くれぐれも注意したい。

  • 釣り場写真

    この釣り場へは鶴見で手配した渡船で入釣しなければならない。お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。過去に焚き火の不始末が火災に破天したことがあるので、くれぐれも注意したい。

  • 釣り場写真

    渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。この釣り場は過去に焚き火の不始末で騒動になったことがある。くれぐれも注意したい。

  • 釣り場写真

    この釣り場へは鶴見で手配した渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。ウネリが強く、クロがよく釣れることで知られている。

  • 釣り場写真

    鶴見市街地から「県道604号線」を東のほうへ進んで、車で30分ほどの場所に位置している磯場。オカッパリでも十分楽しめるが、場所によっては渡船で入釣することになるので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 釣り場写真
    大島・赤鼻 エリア:佐伯

    渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。「鶴見大島」に向かう場合は定期船を利用。磯場にはいくつか渡船が発着しているので、これを鶴見で手配する。

  • 釣り場写真

    鶴見半島の先端部に位置している釣り場で、大小さまざまポイントがそかかしこにある。ここへは鶴見で渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 釣り場写真

    最近「オナガメジナ」が釣れるようになったので人気が高くなった釣り場だ。この釣り場へは米水津で手配した渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 釣り場写真

    クロの人気ポイントで、ここは大きな「瀬」のフィールド。潮通しが良く水深もあるのでビッグゲームに期待がもてる。渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 釣り場写真
    鶴御崎 エリア:佐伯

    自然豊かな場所にある釣り場。人気の磯物が顔をのぞかせ、釣り人に大人気。鶴見で渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

12

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP