イシダイ(シマダイ)の釣れる大分の釣り場

  • 釣り場写真

    「幸ノ浦漁港」もしくは「佐賀関上浦港」を利用して渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 釣り場写真

    「幸ノ浦漁港」もしくは「佐賀関上浦港」を利用して渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 釣り場写真

    この釣り場は市街地からやや離れており、大分市街地から車で35分ほどの場所に位置している。周辺のつり場の中では規模が大きいほうだ。近くに釣り人が利用できる駐車スペースがあり、夏場は場所によって仮設のトイレが用意される。釣り場の近くには釣り人が利用できる駐車スペースがある。

  • 釣り場写真

    佐賀関中心部から「国道217」を臼杵市方面へ走る。そのまま進み、車で10分ほどのところに位置している。全体的に足場が安定しているので、初心者にも安心の釣り場。港内では作業をしているかたがたの邪魔にならないように気をつけよう。

  • 釣り場写真

    佐賀関中心部から「国道217号線」を臼杵市方面へ。およそ10分ほどの場所に位置している。ポイントによっては渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。釣り場の近くには釣り人が利用できる駐車スペースがある。

  • 釣り場写真

    津久見市街地から「県道217号線」を佐伯方面へ向かう。「上浦町津井浦」の交差点を左折。「県道541号線」にのったらそのまままっすぐ進んだところにある。津久見市街地から来るまで30分ほど離れた場所にある。全体的に足場が安定しているので、初心者にも安心の釣り場。港内では作業をしているかたがたの邪魔にならないように気をつけよう。

  • 釣り場写真
    千怒崎 エリア:津久見

    千怒崎(ちぬざき)へ行くには「県道217号線」を佐伯方面へむかう。郵便局が見えたらそれを左折。津久見市街地から車で15分ほどの場所に位置している。ポイントによっては渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 釣り場写真
    蒲戸崎 エリア:佐伯

    「蒲戸港」かもしくは「福泊港」で渡船をチャーターして入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 釣り場写真

    津久見市街地から「県道217号線」を佐伯方面へ向かう。「上浦町津井浦」の交差点を左折。「県道541号線」にのったらそのまままっすぐ進んだところにある。津久見市街地からは車で25分ほど離れた場所にある。ポイントによっては渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。近くに釣り人が利用できる駐車スペースがありトイレもあるので便利だ。

  • 釣り場写真
    先ノ瀬 エリア:佐伯

    この釣り場へは鶴見で手配した渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。焚き火は厳禁。海のコンディションによっては命が危ない。凪の日は安全に楽しめる。

  • 釣り場写真

    渡船(鶴見で手配)で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。過去に焚き火の不始末が火災に破天したことがあるので、くれぐれも注意したい。

  • 釣り場写真

    この釣り場へは鶴見で手配した渡船で入釣しなければならない。お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。過去に焚き火の不始末が火災に破天したことがあるので、くれぐれも注意したい。

  • 釣り場写真

    渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。この釣り場は過去に焚き火の不始末で騒動になったことがある。くれぐれも注意したい。

  • 釣り場写真

    この釣り場へは鶴見で手配した渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。ウネリが強く、クロがよく釣れることで知られている。

  • 釣り場写真

    鶴見半島の先端部に位置している釣り場で、大小さまざまポイントがそかかしこにある。ここへは鶴見で渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 釣り場写真
    水の子灯台 エリア:佐伯

    島と、その真中につくられた白灯台が目印の釣り場。イシダイとアラが釣れることで知られている。ここへは鶴見で手配した渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 釣り場写真

    九州の釣り人の間ではクロ釣りでよく知られている釣り場。潮によって釣果が左右される傾向があるものの、数にかんしては安定しているようだ。渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 釣り場写真
    沖黒島 エリア:佐伯

    クロ釣りの好釣場。大分の釣り人の間では知名度も高いだろう。この釣り場には渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 釣り場写真
    三つ子島 エリア:佐伯

    かわいい名前をした島だ。あまり荒れることがないので、少し波がたっていても大丈夫。夏場のクロ釣りにで賑わいを見せる釣り場だ。渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 釣り場写真

    大分で一番「フエフキダイ」が釣れる場所といっても過言ではないだろう。ここへは蒲江で手配した渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

12

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP