カワハギの釣れる大分の釣り場

  • 釣り場写真

    「東鼻」と「弁天鼻」とよばれる岬地形、その間にある「大志生木海水浴場」と、「弁天鼻」左側に位置している「小志生木海水浴場」が主な釣り場で、磯釣り、サーフ釣りのどちらも楽しむことができる。海岸はどちらも海水浴場として開放されるので、夏場の駐車場料金は有料、釣りができる時間も早朝か夕方以降に限られる。もちろん鼻は別だ。

  • 釣り場写真

    全体的に足場が安定しているので、初心者にも安心の釣り場。港内では作業をしているかたがたの邪魔にならないように気をつけよう。近くに釣り人が利用できる駐車スペースがありトイレもあるので便利だ。

  • 釣り場写真
    高手島 エリア:佐伯

    高手(たかで)島は大分の中でもクロのシーズンが早く始まることで知られている。渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 釣り場写真

    渡船(鶴見で手配)で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。過去に焚き火の不始末が火災に破天したことがあるので、くれぐれも注意したい。

  • 釣り場写真

    この釣り場へは鶴見で手配した渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。ウネリが強く、クロがよく釣れることで知られている。

  • 釣り場写真
    大島・赤鼻 エリア:佐伯

    渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。「鶴見大島」に向かう場合は定期船を利用。磯場にはいくつか渡船が発着しているので、これを鶴見で手配する。

  • 釣り場写真

    潮の調子が安定していて、魚釣りを楽しむにはもってこいの港。水深がそこそこあるので、サイズも数も期待できる。全体的に足場が安定しているので、初心者にも安心の釣り場。港内では作業をしているかたがたの邪魔にならないように気をつけよう。車で行く場合は浦代浦から海岸沿いを「小浦」方面へ向かう。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP