ハマチの釣れる和歌山の釣り場

  • 釣り場写真

    和歌山北港海釣り公園は、紀の川河口右岸の埋立地を利用して作られた海釣り施設。潮通しがとてもよいので、多彩な釣り物に恵まれているのが特徴。釣り場は全長で1kmちかくあって大人数を収容できる。車をほとんど横付けできるので再奥のほうまで足を運ぶのも辛くない。周辺施設は非常に充実しており、トイレ、飲食店がすぐちかくにある。

  • 釣り場写真

    加太漁港は、潮通しがとてもよいので、釣り味がよい。潮通しがよいだけでなく、海底の地形も変化に富んでいるので、釣り物の種類も多彩である。周辺の釣り場でも人気の高い釣り場である。周辺では考えられないが、冬場の平日に釣り場が満員になることもある。周辺にはいくつかの餌釣り店があるので、エサの確保には困らないだろう。

  • 釣り場写真

    ここは「加太」と言われるフィールドの総本山である。この大波止は、全長500メートル近くにおよぶ。大人数を収容できるものの先端まわりは大変混雑する。沖に面している側はテトラが入っていて、この周辺で魚がよく釣れる。このあたりの釣り場はテトラが荒く積まれているので、足場が安定しない。十分に注意する必要がある。

  • 釣り場写真

    紀ノ川尻は紀ノ川河口部が釣り場になる。色々な魚が棲み着いていて、とても人気の高い釣り場である。地元の釣り人だけでなく、周辺の県から多くの釣人が押し寄せる。駐車場からかなり歩くことになるので、キャスター付きのバッグを持参することをおすすめする。主なポイントは白灯波止、エネルギーセンター裏、土入川の三箇所である。

  • 釣り場写真

    水軒はいくつかの一文字堤防で構成されているフィールドだ。場所によっては水深があるのでかなりの大物が期待できる。いずれのポインとも沖に面している側に大きなテトラが荒く積まれているので、足元には十分に注意したい。

  • 釣り場写真

    この一文字堤防は有田川河口の左岸にある漁港の前にある長大な堤防である。渡船の発着場は駐車場からほどちかく、発着場から一文字堤防までは5分ほどで移動できるので、女性を連れての釣行も安心である。沖に面している側はテトラが沈められていて、魚影が濃いので、この周辺で竿を出すのがよい。

  • 釣り場写真

    煙樹ヶ浜はとっても潮通しのよい砂浜で、ターゲットがとても豊富なのが特徴。釣り場は広大で、日高川河口の右岸に広がる河口と磯場に挟まれた海岸全体が釣り場になる。周辺施設には、駐車場、トイレ、売店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    日高川河口周辺は、西川と日高川の合流点があり、おもしろい釣りができる。「合流の波止」の先端部分にはいつもハネ(中型のスズキ)狙いのルアーマンがいつも竿を出している。水深は浅いので、満潮時になると足元を救われる可能性もあるので、十分に気をつけたい。

  • 釣り場写真

    日高港周辺は綺麗に整備されたいくつかの岸壁から竿を出すことになる。場所によっては車を横付けできるところもあるので、週末は混雑することもある。大型はあまり期待できないので、小物をのんびりと狙うのに適している。ここはファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。

  • 釣り場写真

    この釣り場はとても広大な駐車場を備えた釣り場で、大人数を収容することができる。護岸すべてが釣り人向けに開放されていて、どこからでも竿を出すことができる。冬場の中紀は北西風が吹き荒れるが、このポイントは北西風に強いので、冬場も安心して竿を出すことができる。ちかくには『きらく』( 0739-42-3916 )などの食事処も多い。

  • 釣り場写真

    すさみと呼ばれている釣り場は、岩礁帯に囲まれている釣り場なので堤防からでも十分に大型の磯物を狙うことができる。ベテランにとても人気の釣り場である。足場は乱雑に積まれたテトラなので足場は基本的に悪い。事故にはくれぐれも気をつけよう。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP