カレイの釣れる和歌山の釣り場

  • 釣り場写真

    加太漁港は、潮通しがとてもよいので、釣り味がよい。潮通しがよいだけでなく、海底の地形も変化に富んでいるので、釣り物の種類も多彩である。周辺の釣り場でも人気の高い釣り場である。周辺では考えられないが、冬場の平日に釣り場が満員になることもある。周辺にはいくつかの餌釣り店があるので、エサの確保には困らないだろう。

  • 釣り場写真

    ここは「加太」と言われるフィールドの総本山である。この大波止は、全長500メートル近くにおよぶ。大人数を収容できるものの先端まわりは大変混雑する。沖に面している側はテトラが入っていて、この周辺で魚がよく釣れる。このあたりの釣り場はテトラが荒く積まれているので、足場が安定しない。十分に注意する必要がある。

  • 釣り場写真

    磯の浦は住友金属の埋立地の手前にある海水浴場周辺の砂浜、そのあたりからのびる波止、それから漁港の波止が主な釣り場になる。どの波止も外側にテトラが入っていて、この周辺がよい釣り座になる。周辺の道路は狭いので、走行には十分注意する必要がある。砂浜は投げ釣り師の間で人気の高いポイント。ただし、海水浴シーズン中は釣りにならないので、夕方を過ぎてからの釣りになるだろう。

  • 釣り場写真

    大川港は小さめの規模の港であるが、一年を通して多彩な釣り物をターゲットにできるので、とってもに人気の高い釣り場である。メインの釣り場はL字型の堤防である。堤防の外向きは1段高くなっているので注意が必要である。手元から沖合まで20メートルほどは捨て石が入っているので、根掛りが多い。 駐車場は普通車500円、大型車1000円が必要になる。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP