アコウダイの釣れる兵庫の釣り場

  • 釣り場写真

    神戸市立須磨海づり公園は、海岸につくられた桟橋タイプの海釣り施設である。500名ほどを収容できる比較的規模の大きな釣り場である。釣り場は第1、第2、第3、第4と4つの場所に大別される。潮流がとてもはやいことで知られている明石海峡に面しているので、潮通しの良さは抜群である。桟橋の付近には漁礁がつくられているので、様々な魚が棲み着いている。一年を通じて何かしらの魚がヒットするのが最大の魅力である。

  • 釣り場写真

    和田防は、全長1,2キロほどある、沖堤防で、周辺でも極めて潮通しのよい場所に位置している。クロダイの魚影がとても濃いことで知られている。テトラの切れ目から沖合30メートルほどは海底に捨て石がびっしりと敷き詰められているので、魚の居着きがよく、多彩な釣り物が潜んでいる。沖にむかうほど徐々に水深が深くなっていくので、投げ釣りでぶこんでおくと何かしらの魚がヒットする。置き竿を一本おいておくといいかもしれない。

  • 釣り場写真

    神戸空港は、2007年に釣り人に開放されるようになってから高実績が続出したために、たちまち人気スポットになった名所。大阪湾のなかに数あるポイントの中でも、最も沖合に面しているので潮次第では爆釣も。もともと公園として整備されていたこともあり、手すりなどをはじめとして、整備がとても行き届いている。トイレが近くにないのがネックであるが、コンビニが近くにあるのでそちらを利用しよう。

  • 釣り場写真

    本庄人工島は広大な埋立地で、足場が非常に安定しており、トイレも近くにあるのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。沖合に面している護岸はテトラが敷き詰められているので、この周辺で魚の居付きが良い。車で釣行する場合は県道539号線を利用する。

  • 釣り場写真

    神鋼ケーソンは神戸製鋼の周辺の護岸帯とそこから長く突き出た波止の2つのフィールドから成る広大な釣り場である。波止は地続きであるが、渡し船利用になる。そのためか周辺の釣り場とはちがい、そこまで混雑しないのが特徴。全体的に足場が良いので、波止を除けば、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。波止は全長でい1キロほどあるので探りがいがある。

  • 釣り場写真
    難浜 エリア:姫路・高砂

    灘浜は大阪ガスの埋立地が釣り場。もともと緑地公園として整備されているので、足場のよさは抜群だ。護岸からは5本の堤防が飛び出しており、この周辺で釣り座を構えることになる。波止の先端は地元の釣り人が竿を出していることが少なくないが、一帯にテトラが敷き詰められているので、根魚の魚影がかなり濃く、ボウズで帰ることはないだろう。北西の風にめっぽう強いので、冬から春の風の強い時期も安心して竿を出すことができる。釣況・エサの問い合わせは『せとうち』 079-246-0318

  • 釣り場写真

    香住東港は釣り公園並に整備されており、転落防止の柵が入っていて駐車場からも近いので家族連れの釣り人に人気のスポットだ。水深は2メートルから5メートルほど。捨て石が入っているので根掛かりに注意したい。荷揚げ場は足場が安定していて釣りやすくサビキ釣りを楽しむには最高である。1年を通じてクロダイ、カサゴ、アジよく釣れる。そのほかにも春はアオリイカ、コウイカなどが狙える。秋の終わりから冬にかけてはハマチも接岸するのでこれを狙って多くの釣り人が訪れる。

  • 釣り場写真

    香住西港は、香住東高のすぐ西側にある漁港だ。沖の一文字堤防、いくつかある堤防、港内が釣り場となる。外向きは荒い岩礁帯で、投げ釣りには向かない。これに対して内向きは基本的に砂地だが、シモリが点在しているので、海底の様子には注意を払う必要がある。

  • 釣り場写真

    近くにある竹野浜は近畿圏でも有名な海水浴場だ。そのため7月から8月は海水浴客で溢れる。そのほかの季節はひっそりとしており、のんびりと釣りを楽しむことができる。釣り場一帯は竹野川の河口部なので、汽水域を好むスズキ、クロダイの魚影が濃い。カレイやキスの実績が高いことでも知られている。釣況の問い合わせ、渡船は元庄屋釣具店 0796-47-26880

  • 釣り場写真

    河口の西側には漁港があり、周辺の岸壁や小さな堤防から竿を出すことが可能だ。港大橋のすぐ左側にある小島の岸壁はのんびりと竿を出すのに向いている。一方東側は、気比の浜のキャンプ場、海水浴場がある。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニがあり、わりと充実している。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP