マダコの釣れる兵庫の釣り場

  • 釣り場写真

    神戸市立須磨海づり公園は、海岸につくられた桟橋タイプの海釣り施設である。500名ほどを収容できる比較的規模の大きな釣り場である。釣り場は第1、第2、第3、第4と4つの場所に大別される。潮流がとてもはやいことで知られている明石海峡に面しているので、潮通しの良さは抜群である。桟橋の付近には漁礁がつくられているので、様々な魚が棲み着いている。一年を通じて何かしらの魚がヒットするのが最大の魅力である。

  • 釣り場写真

    武庫川一文字は、河口の沖合の全長4キロを超すよう長大な堤防である。あまりに広いので、混雑とは無縁の釣り場である。渡し船前提の釣行になるが、定期的に来る船内にトイレが完備されているので、家族連れでのぞんでも問題ない。多彩な釣り物ををターゲットにすることができるのが特徴、秋になるとゆったり釣りを楽しむことができる。

  • 釣り場写真

    武庫川河口は、釣り人の間では武庫川尻とも呼ばれる。河口の両岸が公園として整備されているので、足場が非常によいのが特徴。加工部での実績は高く、テトラ帯の周辺ではハネ(中型のスズキ)がよく釣れるので、多くのルアーマンが足を運んでいる。公園の周辺で最も人気が高いターゲとはハゼ。投げ釣りでもウキ釣りでも狙うことができる。

  • 釣り場写真

    神戸港7防は、神戸港にあるいくつかの堤防の中でも最も人気の高い堤防だ。全長4,7キロという長大な堤防で、多くの釣人を収容することができる。竿を出すには海面から足元の間での高さがほどよい内向きがおすすめである。場所によっては段違いになっているところもあるので、夜釣り中に移動する際は、足元に十分注意すること。

  • 釣り場写真

    和田防は、全長1,2キロほどある、沖堤防で、周辺でも極めて潮通しのよい場所に位置している。クロダイの魚影がとても濃いことで知られている。テトラの切れ目から沖合30メートルほどは海底に捨て石がびっしりと敷き詰められているので、魚の居着きがよく、多彩な釣り物が潜んでいる。沖にむかうほど徐々に水深が深くなっていくので、投げ釣りでぶこんでおくと何かしらの魚がヒットする。置き竿を一本おいておくといいかもしれない。

  • 釣り場写真

    須磨海岸は、海水浴場のほか水族館があることでも知られている観光スポットである。休日になると釣り人以外の一般客でもごった返す。須磨海岸(海水浴場)と須磨漁港のそれぞれの沖にある一文字堤防は抜群に実績が高い。もちろんこれらには渡し船で入釣することが前提となるが、浜から超遠投して、おかっぱりで頑張っているベテランの姿も多い。

  • 釣り場写真

    このフィールドは、長い浜に混じってポツポツと漁港や堤防が混じるようなポイントである。なかでも江井ヶ島港は規模の大きな釣り場でさまざまな魚種をターゲットにできるのが特徴である。海水浴場のちかくでは、夏場の日中に竿を出すのが難しくなるところもある。電車で釣行する場合は山陽・江井ヶ島駅から南へ徒歩10分。釣況問い合わせ、エサは江井ヶ島釣り餌センター 078-947-4350

  • 釣り場写真

    神鋼ケーソンは神戸製鋼の周辺の護岸帯とそこから長く突き出た波止の2つのフィールドから成る広大な釣り場である。波止は地続きであるが、渡し船利用になる。そのためか周辺の釣り場とはちがい、そこまで混雑しないのが特徴。全体的に足場が良いので、波止を除けば、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。波止は全長でい1キロほどあるので探りがいがある。

  • 釣り場写真

    赤穂港は、港の中央部を貫くようにして流れる加里屋川の両岸が主な釣り場となる。基本的に車を横付けすることができるので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。河口部のほかにテトラ、波止などもありバラエティに富んでいるのが特徴。近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    由良港 エリア:淡路島

    由良港は、T字やL字などの堤防がたくさん突き出ている港で、変化に富んだフィールドである。一本だけ長く突き出た堤防は魅力的に見えるが、足場がとても狭いので危険。ベテランも避けるほどなので入釣は避けたい。各ポイントへは一旦駐車場に車を止めてから移動することになる。荷揚げ場の付近は作業をしていない時間帯でのみ竿を出すことができる。くれぐれも漁業関係者とのトラブルは避けたい。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP