ヒラメの釣れる兵庫の釣り場

  • 釣り場写真

    メガフロートは、鳴門海峡に面している磯場にある海釣り公園である。釣り場は桟橋部とそれに連結されている巨大な浮き足場で構成されている。周辺の海釣り施設の中でも最大級の規模を誇っており、のんびりと竿を出すことができる。潮通しの良さももちろんピカイチで、回遊魚をはじめ、季節を問わず様々な魚種をターゲットにすることができる。

  • 釣り場写真

    垂水漁港は明石海峡に面しているだけあって、非常に潮通しがよく、また流れも速いのが特徴。港の内向きは、海面が河川のように流れているようにみえる。沖合の一文字堤防では流れの速い海流に育てられて身のひきしまった美味な魚が釣れる。付近には駐車場と釣具店がある。垂水駅からそんなに離れていないので電車を利用しての入釣も可能。

  • 釣り場写真
    佐野新島 エリア:淡路島

    佐野新島は沖に面している護岸帯がメインの釣り場だ。釣り座まで降りるのが困難な場所もあるので無理はしないように心がけたい。やはり護岸の両端が人気の高いポイントだ。地元も釣り人の中には脚立を持参して入釣するものもいて、各人各々でお好みのポイントが有るらしい。本格的に探りがいのある好フィールドである。

  • 釣り場写真

    香住東港は釣り公園並に整備されており、転落防止の柵が入っていて駐車場からも近いので家族連れの釣り人に人気のスポットだ。水深は2メートルから5メートルほど。捨て石が入っているので根掛かりに注意したい。荷揚げ場は足場が安定していて釣りやすくサビキ釣りを楽しむには最高である。1年を通じてクロダイ、カサゴ、アジよく釣れる。そのほかにも春はアオリイカ、コウイカなどが狙える。秋の終わりから冬にかけてはハマチも接岸するのでこれを狙って多くの釣り人が訪れる。

  • 釣り場写真

    香住西港は、香住東高のすぐ西側にある漁港だ。沖の一文字堤防、いくつかある堤防、港内が釣り場となる。外向きは荒い岩礁帯で、投げ釣りには向かない。これに対して内向きは基本的に砂地だが、シモリが点在しているので、海底の様子には注意を払う必要がある。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP