カンダイの釣れる兵庫の釣り場

  • 釣り場写真
    翼港 エリア:淡路島

    翼港はとても潮の流れが早い釣り場である。沖合に向かって突き出した形をしているので、周辺の釣り場でもとりわけ潮の流れが早い。足場が安定しており、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。明石海峡の潮に育てられた美味な魚を目一杯釣ることも夢ではないだろう。潮を攻略するにはベテランでも苦労するが、潮止まりになるとビギナーでも美味しい思いをすることができるだろう。

  • 釣り場写真

    垂水漁港は明石海峡に面しているだけあって、非常に潮通しがよく、また流れも速いのが特徴。港の内向きは、海面が河川のように流れているようにみえる。沖合の一文字堤防では流れの速い海流に育てられて身のひきしまった美味な魚が釣れる。付近には駐車場と釣具店がある。垂水駅からそんなに離れていないので電車を利用しての入釣も可能。

  • 釣り場写真

    岩屋一文字は岩屋港の沖合に位置する沖堤防だ。明石海峡に面しているだけあって、潮通しの良さは大変良好。むしろ良すぎると言っていいくらいで、大潮の前後は海面がまるで川のように動くので釣リにならないことも。この潮を制することができれば基本的に大釣りができるので、通いつめて腕に磨きをかけたいところだ。ここへの渡船は明石港と岩屋港を結ぶ高速船と同じ場所から出発する。明石駅から徒歩で10分ほどなので電車釣行も可能である。

  • 釣り場写真
    佐野新島 エリア:淡路島

    佐野新島は沖に面している護岸帯がメインの釣り場だ。釣り座まで降りるのが困難な場所もあるので無理はしないように心がけたい。やはり護岸の両端が人気の高いポイントだ。地元も釣り人の中には脚立を持参して入釣するものもいて、各人各々でお好みのポイントが有るらしい。本格的に探りがいのある好フィールドである。

  • 釣り場写真

    洲本一文字堤は、洲本港の沖合に位置している沖堤防だ。入釣するには渡し船を利用することが前提になる。外向きはスリットケーソン(中心が繰り抜かれた立方体のブロック)なので、足元が狭いので注意する必要がある。このブロックがもたらす複雑な環境と、水深15メートルという条件のおかげで魚影が濃い。沖堤防なので必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    都志港 エリア:淡路島

    都志港は、淡路島の西浦の中央に位置している比較的大きな漁港だ。主な釣り場になるのは沖合のほうまで付き出している埋立地、そこからのびる大波止である。水深が深く、海底はおおむね砂地で潮通しも良いので釣りをするにはバッチリの環境が整っている。海釣り公園なみの環境が整っているのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP