メジナの釣れる兵庫の釣り場

  • 釣り場写真
    翼港 エリア:淡路島

    翼港はとても潮の流れが早い釣り場である。沖合に向かって突き出した形をしているので、周辺の釣り場でもとりわけ潮の流れが早い。足場が安定しており、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。明石海峡の潮に育てられた美味な魚を目一杯釣ることも夢ではないだろう。潮を攻略するにはベテランでも苦労するが、潮止まりになるとビギナーでも美味しい思いをすることができるだろう。

  • 釣り場写真

    メガフロートは、鳴門海峡に面している磯場にある海釣り公園である。釣り場は桟橋部とそれに連結されている巨大な浮き足場で構成されている。周辺の海釣り施設の中でも最大級の規模を誇っており、のんびりと竿を出すことができる。潮通しの良さももちろんピカイチで、回遊魚をはじめ、季節を問わず様々な魚種をターゲットにすることができる。

  • 釣り場写真

    須磨港は、港の大半をヨットハーバーが占めている形をした港である。なお、ヨットハーバーまわりでの釣りは禁止されているのでこれに留意すること。釣り座になるのは港の岸壁の南向きとその沖にある一文字堤防である。波止釣り、ウキ釣り、ソルトウォーターフィッシング(ルアー)など様々な釣法でアプローチすることができるので、多くの釣人で賑わっている。

  • 釣り場写真

    舞子海岸は、綺麗に整備されたベランダ護岸になっている。釣り公園並みにインフラが整っている。明石海峡にいる魚のほとんどがこの釣り場に接岸すると言っても過言ではない。海峡の中央部にあるだけに潮通しは極めて良好。幸いなことに、潮が速すぎても、地形的に釣りにならないことがない。

  • 釣り場写真

    垂水漁港は明石海峡に面しているだけあって、非常に潮通しがよく、また流れも速いのが特徴。港の内向きは、海面が河川のように流れているようにみえる。沖合の一文字堤防では流れの速い海流に育てられて身のひきしまった美味な魚が釣れる。付近には駐車場と釣具店がある。垂水駅からそんなに離れていないので電車を利用しての入釣も可能。

  • 釣り場写真

    妻鹿港は、姫路港のなかでもとくに人気のある釣り場。温排水が注ぎこむところが近くにあるので、この周辺で年中クロダイの実績が高い。クロダイのみならず、他の魚種も大型化するので、あたればでかい。釣り座は4つに大別できる。■ガス波止、■赤灯台波止■出光波止、■一文字堤の4つだ。釣況・エサの問い合わせは『日の出渡船』 079-246-3030 『せとうち』 079-246-0318 

  • 釣り場写真

    妻鹿漁港は『妻鹿港』の中にある渡船の基地である。主なポイントは赤灯波止とそのむかいにある小波止、そして松原川河口の導流堤の三つである。どのポイントにもテトラが入っているが、整然と角ばったのが並んでいるので割と足場は良好、意外にストレスは感じないだろう。クロダイの魚影がめちゃくちゃ濃いので年中釣り人の姿が絶えることがない。エサは『日の出渡船』 079-246-3030 『せとうち』 079-246-0318 で問い合わせよう。

  • 釣り場写真

    飾磨港は、渡船を前提とした釣り場が周辺に多いなかで、地続きのポイントが多いありがたい釣り場だ。主な釣り場は■宇部波止、■中島埠頭の水路、■中島埠頭の波止、■中島埠頭の南岸壁、■中島埠頭のテトラ帯の5つである。釣況の問い合わせは 山口渡船 079-236-3603

  • 釣り場写真

    赤穂港は、港の中央部を貫くようにして流れる加里屋川の両岸が主な釣り場となる。基本的に車を横付けすることができるので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。河口部のほかにテトラ、波止などもありバラエティに富んでいるのが特徴。近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    この釣り場は、渡船を利用して入ることになる。大きく家島・男鹿島・坊勢島・西島・高島・黒島などの諸島で構成されている広大なフィールドだ。各島で波止釣りを楽しむことができるのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。とりわけおすすめなのは家島本当の沖波止。四季を通じてクロダイ師とエギンガーが訪れる名所である。渡船は網干から進鉱渡船( 0792-73-6226 )を利用することになる。

  • 釣り場写真

    岩屋一文字は岩屋港の沖合に位置する沖堤防だ。明石海峡に面しているだけあって、潮通しの良さは大変良好。むしろ良すぎると言っていいくらいで、大潮の前後は海面がまるで川のように動くので釣リにならないことも。この潮を制することができれば基本的に大釣りができるので、通いつめて腕に磨きをかけたいところだ。ここへの渡船は明石港と岩屋港を結ぶ高速船と同じ場所から出発する。明石駅から徒歩で10分ほどなので電車釣行も可能である。

  • 釣り場写真
    仮屋漁港 エリア:淡路島

    仮屋漁港は淡路島の中でも手軽な好場所として知られている。釣り場が広いので、多くの釣人を収容することができ、年中釣り人で賑わっている。釣り物も多彩なので色々な釣法でアプローチすることが可能。ほとんどの釣り場は足場が良好なのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。各所にトイレがあるのも安心だ。

  • 釣り場写真

    志筑〈津名港)は、淡路島の東浦エリアの中央部に位置する規模の大きな漁港がフィールド。四季を通じて各所に釣り人がいる人気のフィールドである。全体的に水深があり、港内の潮通しも良好なので、対象魚は豊富。四季を通じて釣果が期待できる魅力的なフィールドだ。足場も全体的に良好なのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。

  • 釣り場写真

    洲本一文字堤は、洲本港の沖合に位置している沖堤防だ。入釣するには渡し船を利用することが前提になる。外向きはスリットケーソン(中心が繰り抜かれた立方体のブロック)なので、足元が狭いので注意する必要がある。このブロックがもたらす複雑な環境と、水深15メートルという条件のおかげで魚影が濃い。沖堤防なので必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    土生 エリア:淡路島

    土生は淡路島の南部に位置している。灘漁港がメインの釣り場になる。潮通しが抜群によいので豊富な釣り物を相手にすることができる。釣り場は大きく■大波止、■旧一文字、■新一文字、■荷揚げ場~小波止、■東の波止、■一文字の6つに大別される。渡し船を利用することが前提になる。予約が事前に必要なので、電話して確認しよう。 釣況・エサの問い合わせはまるは釣具店 0799-23-1075

  • 釣り場写真
    沼島港 エリア:淡路島

    沼島港は、淡路島の南の沖合に位置している沼島にある港だ。ここへは定期船か渡船を利用しないと入釣できない。そのため釣り人が少なく場荒れしていないのが特徴。釣り場は広大であるが、主な釣り場は石積みの波止、赤灯波止、新波止、柏漁港の赤灯波止などが人気の釣り場である。いずれの波止も潮通しがかなりよいので、多彩な釣り物を相手にできる。数も軒並み安定しているようだ。一年通じて根魚や青物が遊んでくれる魅力的なフィールドである。

  • 釣り場写真
    都志港 エリア:淡路島

    都志港は、淡路島の西浦の中央に位置している比較的大きな漁港だ。主な釣り場になるのは沖合のほうまで付き出している埋立地、そこからのびる大波止である。水深が深く、海底はおおむね砂地で潮通しも良いので釣りをするにはバッチリの環境が整っている。海釣り公園なみの環境が整っているのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP