サヨリの釣れる兵庫の釣り場

  • 釣り場写真

    尼崎市立魚釣り公園は、武庫川の河口右岸に位置する桟橋型の海釣り公園施設である。収容人数が多く、ポイントとなる桟橋の全長は200メートル近い。適度な安全策が設置してあり、足場も良好だ。足場は網目のようになっているので、仕掛けや貴重品などを落とさないように注意したい。周辺施設には駐車場とトイレがあり、釣り餌や仕掛けなどは管理棟で購入可能である。

  • 釣り場写真

    神戸市立須磨海づり公園は、海岸につくられた桟橋タイプの海釣り施設である。500名ほどを収容できる比較的規模の大きな釣り場である。釣り場は第1、第2、第3、第4と4つの場所に大別される。潮流がとてもはやいことで知られている明石海峡に面しているので、潮通しの良さは抜群である。桟橋の付近には漁礁がつくられているので、様々な魚が棲み着いている。一年を通じて何かしらの魚がヒットするのが最大の魅力である。

  • 釣り場写真

    姫路市立遊漁センターは見ためこそこぢんまりとしているが、釣り物が豊富で型も安定しているので、釣り人に人気の高いフィールドである。家族釣れの釣り人から、ベテランまで多くの釣り人を魅了する。桟橋タイプの海釣り施設で、ところどころに腰を掛けられるベンチが設置してある。周辺施設は充実しており、仕事帰りにふらっと立ち寄る近隣の釣り人も少なくない。

  • 釣り場写真

    神戸空港は、2007年に釣り人に開放されるようになってから高実績が続出したために、たちまち人気スポットになった名所。大阪湾のなかに数あるポイントの中でも、最も沖合に面しているので潮次第では爆釣も。もともと公園として整備されていたこともあり、手すりなどをはじめとして、整備がとても行き届いている。トイレが近くにないのがネックであるが、コンビニが近くにあるのでそちらを利用しよう。

  • 釣り場写真

    須磨海岸は、海水浴場のほか水族館があることでも知られている観光スポットである。休日になると釣り人以外の一般客でもごった返す。須磨海岸(海水浴場)と須磨漁港のそれぞれの沖にある一文字堤防は抜群に実績が高い。もちろんこれらには渡し船で入釣することが前提となるが、浜から超遠投して、おかっぱりで頑張っているベテランの姿も多い。

  • 釣り場写真

    林崎港は、有名な明石港のすぐ西側に位置している漁港である。意外と知名度は低く、護岸、テトラ帯に車を横付けできるので便利な釣り場である。さまざまなスタイルの波止釣りに対応しているので、初心者からベテランまで釣りを楽しむことができる。道路から見えないところに入り口があるので、素通りする人も多いが、一度でも入釣したことがある人はリピーターになるだろう。駐車スペースはベランダの根元と内側、魚市場周辺にあるが、漁業関係者も利用するのでトラブルにならないように注意したい。

  • 釣り場写真

    このフィールドは、長い浜に混じってポツポツと漁港や堤防が混じるようなポイントである。なかでも江井ヶ島港は規模の大きな釣り場でさまざまな魚種をターゲットにできるのが特徴である。海水浴場のちかくでは、夏場の日中に竿を出すのが難しくなるところもある。電車で釣行する場合は山陽・江井ヶ島駅から南へ徒歩10分。釣況問い合わせ、エサは江井ヶ島釣り餌センター 078-947-4350

  • 釣り場写真

    妻鹿漁港は『妻鹿港』の中にある渡船の基地である。主なポイントは赤灯波止とそのむかいにある小波止、そして松原川河口の導流堤の三つである。どのポイントにもテトラが入っているが、整然と角ばったのが並んでいるので割と足場は良好、意外にストレスは感じないだろう。クロダイの魚影がめちゃくちゃ濃いので年中釣り人の姿が絶えることがない。エサは『日の出渡船』 079-246-3030 『せとうち』 079-246-0318 で問い合わせよう。

  • 釣り場写真

    中川尻は、中川の河口。網干埋立地の沖向き、西向きおよび河口部分が釣り場になる。沖側はどこもテトラ帯になっていて、これが魚の居着きやすい環境を提供しているので、魚影が濃い。大物を期待している人は夜釣りでの釣行がおすすめだ。周辺施設はあまり充実していないので、必要な物はあらかじめ準備したうえでのぞみたい。

  • 釣り場写真

    この釣り場は、渡船を利用して入ることになる。大きく家島・男鹿島・坊勢島・西島・高島・黒島などの諸島で構成されている広大なフィールドだ。各島で波止釣りを楽しむことができるのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。とりわけおすすめなのは家島本当の沖波止。四季を通じてクロダイ師とエギンガーが訪れる名所である。渡船は網干から進鉱渡船( 0792-73-6226 )を利用することになる。

  • 釣り場写真
    生石崎 エリア:淡路島

    生石崎は、先端部分が北風に弱いのが難点だが、スズキの実績がとても高いことで知られていて、多くのルアーマンがここに入釣する。海底は複雑で沖合は砂地で安定してくるが、足元は岩礁帯、砂地、岩場などが入り交じる。投げ釣りでアプローチする場合は根掛り覚悟でのぞむのが前提になってくる。駐車場とトイレが付近にあるので、女性を連れて釣行するのも安心だ。

  • 釣り場写真

    近くにある竹野浜は近畿圏でも有名な海水浴場だ。そのため7月から8月は海水浴客で溢れる。そのほかの季節はひっそりとしており、のんびりと釣りを楽しむことができる。釣り場一帯は竹野川の河口部なので、汽水域を好むスズキ、クロダイの魚影が濃い。カレイやキスの実績が高いことでも知られている。釣況の問い合わせ、渡船は元庄屋釣具店 0796-47-26880

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP