アイナメの釣れる兵庫の釣り場

  • 釣り場写真

    神戸市立平磯海づり公園は、全長1,4キロにも及ぶ広大な海釣り施設である。潮の流れが早いことで知られている明石海峡に面しているので、潮通しの良さは格別である。時間帯によっては潮の流れが速すぎて、慣れていない人にとっては手も足も出ないことがある。全体的に足場も良好で、人気の高い釣り場。ただし、捨て石や岩礁が沖合のほうまで敷き詰められているので、根掛りが多発する場所でもある。潮の流れがゆるかで安定している時のほうが釣果が安定する傾向にある。

  • 釣り場写真

    姫路市立遊漁センターは見ためこそこぢんまりとしているが、釣り物が豊富で型も安定しているので、釣り人に人気の高いフィールドである。家族釣れの釣り人から、ベテランまで多くの釣り人を魅了する。桟橋タイプの海釣り施設で、ところどころに腰を掛けられるベンチが設置してある。周辺施設は充実しており、仕事帰りにふらっと立ち寄る近隣の釣り人も少なくない。

  • 釣り場写真
    翼港 エリア:淡路島

    翼港はとても潮の流れが早い釣り場である。沖合に向かって突き出した形をしているので、周辺の釣り場でもとりわけ潮の流れが早い。足場が安定しており、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。明石海峡の潮に育てられた美味な魚を目一杯釣ることも夢ではないだろう。潮を攻略するにはベテランでも苦労するが、潮止まりになるとビギナーでも美味しい思いをすることができるだろう。

  • 釣り場写真

    武庫川一文字は、河口の沖合の全長4キロを超すよう長大な堤防である。あまりに広いので、混雑とは無縁の釣り場である。渡し船前提の釣行になるが、定期的に来る船内にトイレが完備されているので、家族連れでのぞんでも問題ない。多彩な釣り物ををターゲットにすることができるのが特徴、秋になるとゆったり釣りを楽しむことができる。

  • 釣り場写真

    武庫川河口は、釣り人の間では武庫川尻とも呼ばれる。河口の両岸が公園として整備されているので、足場が非常によいのが特徴。加工部での実績は高く、テトラ帯の周辺ではハネ(中型のスズキ)がよく釣れるので、多くのルアーマンが足を運んでいる。公園の周辺で最も人気が高いターゲとはハゼ。投げ釣りでもウキ釣りでも狙うことができる。

  • 釣り場写真

    この釣り場は『神戸港六甲アイランド』と『ポートアイランド』の間に位置する波止や沖堤防などがポイントになる。「神戸港7防」に比べれば規模の小さいポイントばかりだが、釣果で考えるとまったくと引けをとらないの。根魚やクロダイなど四季を通じて狙える魚が棲み着いているので、年中釣り人の姿が絶えることがない。潮通しも良好で、海底は概ね砂地。釣り人にとってはありがたい環境が揃っている。好きな釣法でアプローチしよう。

  • 釣り場写真

    塩屋海岸はJR山陽電鉄の塩屋駅から徒歩で入釣できるので、電車釣行にもってこいの釣り場だ。釣り場は大きく塩屋海岸と塩屋漁港のふたつに大別することができる。東側には河口部があり、両岸から波止が沖に向かってのびている。この周辺は投げ釣り師に人気の高いポイントだ。漁港の沖側にはびっしりとテトラが敷き詰められており、足場が安定していないので注意を要する。

  • 釣り場写真

    和田防は、全長1,2キロほどある、沖堤防で、周辺でも極めて潮通しのよい場所に位置している。クロダイの魚影がとても濃いことで知られている。テトラの切れ目から沖合30メートルほどは海底に捨て石がびっしりと敷き詰められているので、魚の居着きがよく、多彩な釣り物が潜んでいる。沖にむかうほど徐々に水深が深くなっていくので、投げ釣りでぶこんでおくと何かしらの魚がヒットする。置き竿を一本おいておくといいかもしれない。

  • 釣り場写真

    神戸空港は、2007年に釣り人に開放されるようになってから高実績が続出したために、たちまち人気スポットになった名所。大阪湾のなかに数あるポイントの中でも、最も沖合に面しているので潮次第では爆釣も。もともと公園として整備されていたこともあり、手すりなどをはじめとして、整備がとても行き届いている。トイレが近くにないのがネックであるが、コンビニが近くにあるのでそちらを利用しよう。

  • 釣り場写真

    須磨海岸は、海水浴場のほか水族館があることでも知られている観光スポットである。休日になると釣り人以外の一般客でもごった返す。須磨海岸(海水浴場)と須磨漁港のそれぞれの沖にある一文字堤防は抜群に実績が高い。もちろんこれらには渡し船で入釣することが前提となるが、浜から超遠投して、おかっぱりで頑張っているベテランの姿も多い。

  • 釣り場写真

    須磨港は、港の大半をヨットハーバーが占めている形をした港である。なお、ヨットハーバーまわりでの釣りは禁止されているのでこれに留意すること。釣り座になるのは港の岸壁の南向きとその沖にある一文字堤防である。波止釣り、ウキ釣り、ソルトウォーターフィッシング(ルアー)など様々な釣法でアプローチすることができるので、多くの釣人で賑わっている。

  • 釣り場写真

    「アジュール舞子~西舞子」は、明石海峡大橋の北側にある広大な埋立地一帯が釣り場である。整備された護岸帯は手すりまでついており、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。小型から大物までなんでも釣れるので、ベテランの釣り師も訪れる。アジュール舞子の西側には西舞子漁港がある。水深は浅いものの、投げ釣りの名所である。

  • 釣り場写真

    垂水漁港は明石海峡に面しているだけあって、非常に潮通しがよく、また流れも速いのが特徴。港の内向きは、海面が河川のように流れているようにみえる。沖合の一文字堤防では流れの速い海流に育てられて身のひきしまった美味な魚が釣れる。付近には駐車場と釣具店がある。垂水駅からそんなに離れていないので電車を利用しての入釣も可能。

  • 釣り場写真

    大蔵海岸は、明石港の東側にある護岸帯で、非常に足場がよく、ゆったりと竿を出すのに適している。護岸の全てで竿を出すことができるのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。付近の釣り場と例外なく潮の流れが速いので、転落などには十分に注意したい。付近にトイレや駐車場などが完備されているので、気軽に入釣できる。釣り物も豊富だ。釣況・エサ問い合わせ→ 明石釣りセンター 078-912-9796 まるは釣り具明石点 078-917-6634

  • 釣り場写真

    明石港一文字堤防は、明石港の沖にある一文字の堤防だ。明石海峡に面しているだけあって、潮の流れが非常に速い。ベテランでも潮が速すぎると納竿して落ち着くのを待つほど。釣り物は明石港のものとあまり違わないのだが、型が大きい傾向にある。沖堤防なので、徒歩圏内にトイレ、釣具店がない。あらかじめ必要な物はしっかり準備して入釣したい。 釣況問い合わせ→明石釣りエサセンター 078-912-9796

  • 釣り場写真

    明石新浜港は、明石港の西側にある港である。水深が深いことが特徴。駐車スペースは漁業関係者も使うので、漁具が多くおいてある。トラブルにならないよう注意したい。釣り人は港内の道路側に駐車することになる。また、多数の船が係留してあるので、仕掛けやルアーをキャストするときには十分にきをつけたい。大きな波止の根本部分は埋立地になっており、きれいな護岸帯になっているので、足場もよくて、安全に釣りを楽しむことができる。

  • 釣り場写真

    林崎港は、有名な明石港のすぐ西側に位置している漁港である。意外と知名度は低く、護岸、テトラ帯に車を横付けできるので便利な釣り場である。さまざまなスタイルの波止釣りに対応しているので、初心者からベテランまで釣りを楽しむことができる。道路から見えないところに入り口があるので、素通りする人も多いが、一度でも入釣したことがある人はリピーターになるだろう。駐車スペースはベランダの根元と内側、魚市場周辺にあるが、漁業関係者も利用するのでトラブルにならないように注意したい。

  • 釣り場写真

    このフィールドは、長い浜に混じってポツポツと漁港や堤防が混じるようなポイントである。なかでも江井ヶ島港は規模の大きな釣り場でさまざまな魚種をターゲットにできるのが特徴である。海水浴場のちかくでは、夏場の日中に竿を出すのが難しくなるところもある。電車で釣行する場合は山陽・江井ヶ島駅から南へ徒歩10分。釣況問い合わせ、エサは江井ヶ島釣り餌センター 078-947-4350

  • 釣り場写真

    東二見は、二見漁港からのびる2本の波止と、東二見人工島から突き出ている波止で構成されている釣り場だ。整備が行き届いているので足場は良好。どの波止も外向きはテトラが敷き詰められているが、比較的足場はしっかりしている。サビキで狙える小魚が多く接岸するのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。

  • 釣り場写真

    東二見人工島は南面と東面の護岸帯が釣り場になる。足場は基本的にテトラの上になるため、注意が必要。人工島へは車で入ることができ、護岸沿いの道路へ進入することができる。釣り座に車を横付けできるのが魅力だ。ほかの車の迷惑にならないように駐車しよう。

123

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP