ハマチの釣れる大阪の釣り場

  • 釣り場写真

    岸和田一文字はハネ(中型のスズキ)をメインとして、根魚など様々な釣り物を相手にできる。釣り場は大きく「中波止」(貯木場周辺に位置)、「旧一文字」、「沖一文字」(埋め立て地の先)の3つに大別することができる。どの釣り場も渡船での入釣が前提となる。渡船の問い合わせは「山田渡船」( 0724-36-3949 )

  • 釣り場写真

    泉佐野食品コンビナート前の釣り場は、大阪湾の釣り場でも珍しく車を横付けして釣りができる。釣り場は港内とその外側のテトラ帯になる。港内には食堂とそれからトイレもあるので、女性や子供を釣れての釣行も安心である。港周辺だけでなく、見出川河口、沖合に位置している一文字堤防も魅力的なポイントである。渡船は『菊川漁船』( 072-462-8945 )を利用しよう。

  • 釣り場写真

    前島の赤灯波止は、もともとフェリー乗り場の岸壁として整備されていたので、内向き外向きともに大変足場が安定している。堤防の中央は大きく盛り上がっているので、内向き外向きを狙いわけることは不可能に近い。灯台の先端部まわりに階段があるので、これを利用するとよい。沖向きは潮通しが良いので、何を狙うにも好都合である。前島の波止から南へ車を走らせると関西国際空港への連絡橋がある。その下に広がっているテトラ帯は魅力的な釣り場である。

  • 釣り場写真

    埋め立て工事用の土砂を積み出していた桟橋が、魚釣り施設として生まれ変わったのが「とっとぱーく小島」。桟橋の長さは200メートルほどで、足場も良好。周辺施設も充実しているのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。問い合わせは公園事務局( 072-447-5126 )

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP