アコウダイの釣れる大阪の釣り場

  • 釣り場写真

    大阪北港は、海底の形状が変化に富んでいるおかげで魚影がとても濃いのが特徴。釣り物も多彩で、訪れる釣り人の心を掴んで離さない。釣り場は大きく夢州と舞州のふたつに大別される。いずれも陸地続きで、車での入釣が可能。クロダイ、スズキはもちろんのこと、カサゴやメバル狙いで多くの釣人が足を運ぶ。

  • 釣り場写真

    大阪南港の周辺の釣り場はクロダイの魚影が大変濃いことで知られている。地元の釣り人の間では「チヌの海」とまで呼ばれているほどである。おすすめのポイントは「新日鉄」、「セル石、バラ石、宇部波止」、「新波止」の3つに大別できる。整備の行き届いているフィールドなので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。新波止へは渡し船を利用して入釣する。問い合わせは「丸高渡船」( 06-6613-1075 )。

  • 釣り場写真

    岸和田は大阪南港、北港と並んで大阪湾を代表する大規模な釣り場。埋立地からのびるセル石(石積堤)、その沖のほうにあるいくつかの一文字堤防が釣り場になる。地元の釣り人の間でもっとも人気の高い釣り方はエビ撒き釣り。ハネ、スズキ狙いの釣り客が多い。落とし込みで狙うクロダイも好調。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP