ハゼの釣れる大阪の釣り場

  • 釣り場写真

    淀川尻は大河川淀川の河口部なので、汽水域を好むクロダイ、キビレ、スズキが集まる。とりわけクロダイ、キビレの魚影が濃いことで知られている。釣り方は落とし込み、エビ撒き釣り、流し釣り、ブッコミ釣りなど釣りかたはなんでもOK。良型の傾向があるので、この釣り場に魅了される釣り人は多い。

  • 釣り場写真

    岸和田一文字はハネ(中型のスズキ)をメインとして、根魚など様々な釣り物を相手にできる。釣り場は大きく「中波止」(貯木場周辺に位置)、「旧一文字」、「沖一文字」(埋め立て地の先)の3つに大別することができる。どの釣り場も渡船での入釣が前提となる。渡船の問い合わせは「山田渡船」( 0724-36-3949 )

  • 釣り場写真

    貝塚・津田川河口周辺は貝塚人工島とその近くを流れている津田川の河口が釣り場になる。釣り物はクロダイ、ハネ(中型のスズキ)のほかに、おすすめなのがハゼである。あまり専門に狙う人は少ないが、三桁台の釣果も夢ではない。近くに駐車場があり、大きな道路からアクセスもしやすいので、多くの釣り人が足を運ぶ。

  • 釣り場写真
    田尻港 エリア:泉南

    田尻港は昔ながらののんびりとした、ちょっぴり古い漁港。港内にある各防波堤と南北にわたるマーブルビーチが主な釣り場になる。海底は概ね砂地で、変化に乏しい。潮通しもそこまでよくないのではっきりいって魚影は濃くないし、大型もあまり期待できない。小物をのんびりと狙うにはおすすめの釣り場である。

  • 釣り場写真

    見出川尻は、見出川尻の河口(特に右岸)が主な釣り場になる。車で釣行する場合は、釣り場まで少々歩くことになるので、キャスターつきのバッグを持参するのが望ましい。近くには海水浴場もある。ここから狙うと海水の釣り物を相手にできるが、海水浴場シーズンは日中に竿を出すのが難しくなるので、留意しておこう。

  • 釣り場写真
    男里川尻 エリア:泉南

    男里川尻は川幅の狭い男里側の両岸壁とその河口部が釣り場になる。水深があまりないので、大物は期待できないものの満潮のときは川幅が広がり、ハネ(中型のスズキ)などの魚を狙いやすくなる。多くのルアーまんがこれを狙って足を運ぶ。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP