イワシの釣れる大阪の釣り場

  • 釣り場写真

    大阪北港は、海底の形状が変化に富んでいるおかげで魚影がとても濃いのが特徴。釣り物も多彩で、訪れる釣り人の心を掴んで離さない。釣り場は大きく夢州と舞州のふたつに大別される。いずれも陸地続きで、車での入釣が可能。クロダイ、スズキはもちろんのこと、カサゴやメバル狙いで多くの釣人が足を運ぶ。

  • 釣り場写真

    「夢州」は、大阪北港の南にある埋立地のことを指す。釣り座によっては足場も悪いところがあるので注意が必要だ。西側(沖側)はテトラ帯になっており、周辺は魚影が濃いので釣り人が押し寄せる。全体的に足場は安定しているので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。

  • 釣り場写真

    「舞州」は大阪北港の北半分を占めている釣り場。主な釣り場は西側の護岸に敷き詰められているテトラ帯。整然と詰められているので、足場も悪くない。この釣り場は半夜釣り、夜釣りでの実績が特に濃い。根魚はまず間違いなく釣れるといってもよいだろう。昼間でも十分に楽しむことができる。ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。

  • 釣り場写真

    大阪南港の周辺の釣り場はクロダイの魚影が大変濃いことで知られている。地元の釣り人の間では「チヌの海」とまで呼ばれているほどである。おすすめのポイントは「新日鉄」、「セル石、バラ石、宇部波止」、「新波止」の3つに大別できる。整備の行き届いているフィールドなので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。新波止へは渡し船を利用して入釣する。問い合わせは「丸高渡船」( 06-6613-1075 )。

  • 釣り場写真

    貝塚・津田川河口周辺は貝塚人工島とその近くを流れている津田川の河口が釣り場になる。釣り物はクロダイ、ハネ(中型のスズキ)のほかに、おすすめなのがハゼである。あまり専門に狙う人は少ないが、三桁台の釣果も夢ではない。近くに駐車場があり、大きな道路からアクセスもしやすいので、多くの釣り人が足を運ぶ。

  • 釣り場写真

    前島の赤灯波止は、もともとフェリー乗り場の岸壁として整備されていたので、内向き外向きともに大変足場が安定している。堤防の中央は大きく盛り上がっているので、内向き外向きを狙いわけることは不可能に近い。灯台の先端部まわりに階段があるので、これを利用するとよい。沖向きは潮通しが良いので、何を狙うにも好都合である。前島の波止から南へ車を走らせると関西国際空港への連絡橋がある。その下に広がっているテトラ帯は魅力的な釣り場である。

  • 釣り場写真
    淡輪港 エリア:泉南

    淡輪港は駐車場(有料)やトイレが釣り場の近くにあるのでとっても魚釣りがしやすいポイント。また、堤防はよく整備されているて足場が良好。ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。水深があまりないので、大物こそ期待できないものの、小型の釣り物でのんびりと楽しむにはもってこいの釣り場だ。テトラから狙う場合は、足元に十分注意しよう。

  • 釣り場写真

    淡輪ヨットハーバーは、広々とした釣り場である。隣接する青少年海洋センターを守るように、赤波止がまわりを囲んでいる。やはり期待がもてるのは赤灯の先端部分であるが、堤防は長大なのでここまで歩くのは大変である。大人数を収容できるので、混雑とは無縁の釣り場である。

  • 釣り場写真
    岡田浦港 エリア:泉南

    岡田浦港は沖に面しているテトラ帯が釣り場になる。パッと見はあまりよさげな釣り場には見えないが、そこそこ水深があり、潮通しも良好なので、十分に魚釣りを楽しむことができる。港内は魚影が薄く、サビキ釣りの時期が来るまで竿を出すことは見送ってもよいだろう。

  • 釣り場写真

    箱作(下荘漁港)は、となりの鳥取ノ荘と比べて比較的整然とテトラが敷き詰められているので、足場は割りと良好ではあるが、大型を狙うには期待薄。小型の釣り物をのんびりと狙うスタイルになるだろう。周辺施設はあまり充実していない。釣具店に寄るには車を走らせる必要があるので、魚釣りに必要な物はあらかじめ準備する必要がある。

  • 釣り場写真
    小島港  エリア:泉南

    小島港は、大阪の南端に位置している港。港内全体で足場がしっかりしており、駐車場、トイレなどの施設が充実しており、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。潮通しが抜群によく、釣り物も多彩なので、初心者からベテランまで幅の広い層を魅了する釣り場である。

  • 釣り場写真

    見出川尻は、見出川尻の河口(特に右岸)が主な釣り場になる。車で釣行する場合は、釣り場まで少々歩くことになるので、キャスターつきのバッグを持参するのが望ましい。近くには海水浴場もある。ここから狙うと海水の釣り物を相手にできるが、海水浴場シーズンは日中に竿を出すのが難しくなるので、留意しておこう。

  • 釣り場写真
    岡田浦 エリア:泉南

    岡田裏漁港と樫井川河口部の砂浜が主な釣り場になる。船溜まりの周囲は干潮時はとても浅くなるが、外海が荒れているときや、大潮の満潮前後は思わぬ釣果をあげられるかもしれない。周辺には、トイレ駐車場がバッチリ整備されているので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP