カレイの釣れる大阪の釣り場

  • 釣り場写真

    高砂埋立地は、大阪南港の南側に位置する広大な埋立地である。釣り場はテトラ帯が敷き詰められている西側の護岸帯。その長さは2キロにもおよぶ。名所である大阪南港のバラ石の延長にある釣り場なので、クロダイの魚影はピカイチである。テトラ帯は沖合7メートルほどまでテトラが沈められているので、ウキ、フカセで狙う場合はこのテトラの切り目の周辺を狙うとよい。

  • 釣り場写真

    ソーラス条約の影響により、全国各地の釣り場で竿を出せるスペースが少なくなってしまった。この釣り場もその影響をうけて、竿を出せるスペースがだいぶ少なくなってしまった。しかし以前通り竿を出すことができる釣り場では好釣果が上がっている。このフィールドの釣り場は『潮見埠頭』(20:00~翌05:00は立入禁止)と『助松埠頭』(21:00~翌05:00は立入禁止)のふたつ。

  • 釣り場写真

    岸和田は大阪南港、北港と並んで大阪湾を代表する大規模な釣り場。埋立地からのびるセル石(石積堤)、その沖のほうにあるいくつかの一文字堤防が釣り場になる。地元の釣り人の間でもっとも人気の高い釣り方はエビ撒き釣り。ハネ、スズキ狙いの釣り客が多い。落とし込みで狙うクロダイも好調。

  • 釣り場写真

    岸和田一文字はハネ(中型のスズキ)をメインとして、根魚など様々な釣り物を相手にできる。釣り場は大きく「中波止」(貯木場周辺に位置)、「旧一文字」、「沖一文字」(埋め立て地の先)の3つに大別することができる。どの釣り場も渡船での入釣が前提となる。渡船の問い合わせは「山田渡船」( 0724-36-3949 )

  • 釣り場写真

    貝塚人工島は、沖に面している護岸全面にテトラが入っており、足場が少々悪いが、根魚をはじめとして、魚影が濃いのが特徴である。海浜公園の事業が進んだこともあって、入釣のしやすさは抜群。駐車場も無料である。釣況の問い合わせは『フィッシングマックス』( 072-438-9898 )

  • 釣り場写真

    泉佐野食品コンビナート前の釣り場は、大阪湾の釣り場でも珍しく車を横付けして釣りができる。釣り場は港内とその外側のテトラ帯になる。港内には食堂とそれからトイレもあるので、女性や子供を釣れての釣行も安心である。港周辺だけでなく、見出川河口、沖合に位置している一文字堤防も魅力的なポイントである。渡船は『菊川漁船』( 072-462-8945 )を利用しよう。

  • 釣り場写真

    前島の赤灯波止は、もともとフェリー乗り場の岸壁として整備されていたので、内向き外向きともに大変足場が安定している。堤防の中央は大きく盛り上がっているので、内向き外向きを狙いわけることは不可能に近い。灯台の先端部まわりに階段があるので、これを利用するとよい。沖向きは潮通しが良いので、何を狙うにも好都合である。前島の波止から南へ車を走らせると関西国際空港への連絡橋がある。その下に広がっているテトラ帯は魅力的な釣り場である。

  • 釣り場写真
    田尻港 エリア:泉南

    田尻港は昔ながらののんびりとした、ちょっぴり古い漁港。港内にある各防波堤と南北にわたるマーブルビーチが主な釣り場になる。海底は概ね砂地で、変化に乏しい。潮通しもそこまでよくないのではっきりいって魚影は濃くないし、大型もあまり期待できない。小物をのんびりと狙うにはおすすめの釣り場である。

  • 釣り場写真
    岡田浦港 エリア:泉南

    岡田浦港は沖に面しているテトラ帯が釣り場になる。パッと見はあまりよさげな釣り場には見えないが、そこそこ水深があり、潮通しも良好なので、十分に魚釣りを楽しむことができる。港内は魚影が薄く、サビキ釣りの時期が来るまで竿を出すことは見送ってもよいだろう。

  • 釣り場写真
    樽井港 エリア:泉南

    樽井港は、樽井サザンビーチの左側に位置している。港の外側にある波止、そこから南側に続く護岸帯がポイントになる。基本的にはテトラの上にのって竿を出すことになるので、足元に十分注意しよう。隣にサザンビーチあるおかげで周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真
    尾崎港 エリア:泉南

    尼崎港は、道路の拡大や施設の開発がめざましい泉南エリアにおいて、昔から変わらず地元の釣り人に愛されている昔ながらの漁港である。船溜まりのあるところは船の往来はそこまで多くないものの、仕掛けをキャストする際はロープなどに十分注意しよう。

  • 釣り場写真

    鳥取ノ荘(西鳥取漁港)は、西南エリアにおいてはあまり目立たないポイントである。周辺の釣り場の中では珍しく電車での釣行が可能とあって、人気の高い釣り場である。しかし、アクセスのよさは良いものの、大型はあまり期待できない。小型の釣り物をのんびりと狙うのがおすすめである。

  • 釣り場写真

    箱作(下荘漁港)は、となりの鳥取ノ荘と比べて比較的整然とテトラが敷き詰められているので、足場は割りと良好ではあるが、大型を狙うには期待薄。小型の釣り物をのんびりと狙うスタイルになるだろう。周辺施設はあまり充実していない。釣具店に寄るには車を走らせる必要があるので、魚釣りに必要な物はあらかじめ準備する必要がある。

  • 釣り場写真

    せんなん里海公園は、周辺の「ピチピチビーチ」、「ときめきビーチ」といったいくつかの海水浴場施設の総称である。人工の海水浴場、捨て石でできた人工の磯場が主な釣り場になる。全体的に足元に注意をする必要がある。とくに磯場は満潮時に並が足元を洗うこともあるので十分に注意する必要がある。

  • 釣り場写真

    みさき公園裏はみさき公園の西側に広がるゴロタ浜のこと。地元の釣り人の間でそう呼ばれている。釣り場になるのは、浜から数本伸びている堤防が中心になる。基本的にはその先端から竿を出すのがよいだろう。足場が安定しているところが多いので家族連れでの釣りも十分に楽しむことができる。比較的水深が浅いので投げ釣りが有効なアプローチになる。

  • 釣り場写真

    大阪ゴルフ場はみさき公園の西隣りに位置している。その裏は長大なゴロタ浜が広がっており、地元の釣り人から投げ釣りの名スポットとして知られている。海岸は遊歩道が整備されていて早朝にはランナーが多く行き交う。基本的には沖合での釣果が高いが、キャストをするときには十分な注意が必要である。平成22年に土砂崩れが起き、その復旧工事のため通行止めになっているところもあるようだ。まもなく工事が終了する予定。

  • 釣り場写真
    深日港 エリア:泉南

    深日港は、泉南のエリアでも珍しく電車で釣行可能とあって、人気の高い釣り場である。赤灯波止、白灯波止へはその根元近くに車を横付けすることもできる。いずれの堤防も足場がよく、海面から足場までの距離が短いので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。駐車スペースは漁業関係者も利用するので、迷惑駐車をしないように気をつけよう。

  • 釣り場写真
    谷川港 エリア:泉南

    谷川港は谷川の河口部に位置している港だ。この釣り場でメインになるポイントは谷川港の北にある防波堤と、南にある防波堤だ。その他にも港の東側にある発電所付近の排水口もおすすめのポイントだ。年中水温が高いので魚が集まりやすい環境が整っている。カケアガリがきついが、仕掛けを遠投して狙えばある程度の釣果が期待できる。

  • 釣り場写真

    谷川~観音崎は、地形的に変化に富んでいるフィールドで、防波堤のほかにも地磯などがある。竿を出すのであれば、テトラ帯と温排水が流れだす排水口まわり。そのほか発電所の付近の護岸一帯だ。どのポイントから竿をだしておけば何か釣れるだろう。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP