クロダイ(チヌ)の釣れる静岡の釣り場

  • 釣り場写真

    熱海港は、全国的に温泉町として知られている熱海町にある港である。再開発が進んでいるので、温泉施設のほかにも親水公園、海水浴場などの施設が充実している。港の周辺は釣りが制限されている場所が多く、竿を出せるポイントは少ない。そのため、この釣り場の釣り座となるのは「南側の公園前の護岸帯」、「船溜まり」、「フェリー岸壁横」の3箇所に限られる。周辺施設は非常に充実しており、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店がある。

  • 釣り場写真

    伊豆多賀港は、伊豆半島の付け根に位置する漁港である。国道から離れていないところに立地しているにもかかわらず、釣り人向けの駐車場がないので、釣り場としては穴場の存在だ。港周りは基本的に砂地であるが、棲み着いている魚種が多彩なのが特徴。周辺施設には、トイレと釣具店があるのみだ。

  • 釣り場写真

    多賀新堤は、湾の奥に位置する港である。波風がおだやかな上、全体的に足場が安定していて堤防から水面の高さもほどよい。周辺では毎週土曜日、日曜日に地場物産の直売所や各種イベントが開催されるなど、釣り人だけでなく家族連れの観光客も多く訪れる。周辺施設には大型の駐車場のほか、トイレがある。ただし近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    下多賀港は、国道のすぐ下に位置する港ではあるが、釣り人の利用できる駐車場が整備されていないので、釣り場としては穴場だ。車で来る釣り人は網代方面へ500mほど離れた小山臨海公園の駐車場を利用するしかない。港内の海底は基本的には砂地で水深は深い所でも5mないくらい。テトラ帯の左側にある沈みテトラは非常に実績が高いのでまずはここを狙ってみよう。周辺施設はほとんどないものと考えてよい。

  • 釣り場写真

    マリンホール裏は、網代湾の最奥部に位置する一角である。沖の方に養殖イカダが設置されていることからも分かる通り波風に強いのが特徴。公園の埋立地を取り囲む形で石積みの護岸とテトラ帯が築かれており、その西側の堤防までが釣り座になる。周辺施設には整備された広めの駐車場、トイレがある。

  • 釣り場写真

    ハトヤ裏は、釣り人の間では比較的知名度のある釣り場であるが、実際は釣り人が少ないのが特徴。整備される前までは普通の磯場だったので、磯物の魚影が濃い。すぐ沖の方も水深が10mほどあるので、大物狙いにも向いている。周辺施設には駐車場と、トイレがある。近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    伊東港は、東伊豆でも知名度も高くとても人気の高い釣り場である。整備が行き届いており、足元が安定しているのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。有望なポイントも複数点在しベテランも飽きさせないのが魅力である。湾内は奥から、新井堤防、白灯堤防、赤灯堤防、魚市場付近の岸壁と釣りする場所に 困る事はない。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    川奈港は、川奈崎の付け根に位置しており、周辺の漁港に比べると規模は大きくないが、駐車場が完備されているので人気が高い。港から2本延びる堤防の両方が釣り座になるが、右側の堤防は一部が立入禁止になっているので注意が必要。周辺施設には駐車場とトイレがあるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    温泉地として知られている熱川から白田までの海岸線からのびる堤防群である。大小あわせて6本の堤防がある。周辺はゴロタが目立つが沖のほうは砂地になっているので遠投すれば根掛りを心配する必要はない。また河口が2つあるので、変化に富んでいるのが特徴である。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    稲取港は、東伊豆エリアでも最大級規模の温泉街に位置する漁港である。周辺の漁港と比べて規模が非常に大きいのが特徴である。足場が非常に安定しており、海面から高さもそこまで高くないので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    波来港は、河津川河口のすぐ南側に位置している漁港だ。西風にはめっぽう強いのが特徴で、冬場の西風の吹く日でも安心して竿を出せるのがポイントである。ただし北東の風が強くなってしまうと途端に釣りにならないので注意が必要である。岩場に囲まれているので、磯物などの実績が高いのが特徴である。周辺施設には駐車場とトイレがあるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    板見港は、白浜海岸と外浦海岸を隔てるように突き出している「三穂ヶ崎」の付け根付近に位置している漁港である。ワンドを囲むようにのびている外堤防と、港内にのびる小さな堤防が釣り座になる。ただし、小さな堤防は漁業関係者以外立入禁止になっていることが多いので注意したい。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    外浦港は、下田湾の須崎半島を隔てた反対側に位置する小さな漁港である。ここで釣り座になるのは港から突き出している2本の堤防だ。半島の影にあるので風には強く、波風には影響を受けにくいのが特徴である。周辺施設には駐車場と釣具店がある。

  • 釣り場写真

    須崎港は、遠洋漁業の基地である。大型の船が多数係留されているので、規模の割りには竿を出でるスペースが少ないのが特徴である。実質的に竿を出すことができるのは、赤島防波堤の港内側、対岸の防波堤とその北側にある護岸の三箇所に限られる。周辺施設には、駐車場、トイレ、釣具店があり、割と充実している。

  • 釣り場写真

    下田港は、昔はぱっとしない釣り場であったが、最近の工事のおかげで多くの釣り人が訪れるようになった。現在は沖にのびる大きな堤防がある。堤防は足元から水深があり、潮通しもものすごくよいので、様々な魚種をターゲットに出来る。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真
    田牛港 エリア:南伊豆

    田牛港は、国道から少しだけ離れたところにある漁港である。足場は安定していた、規模も大きいのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設は割と充実しており、駐車場、トイレ、コンビニがあるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    青野川河口は、渡船の基地として知られている千石港を右岸におさめた広々とした河口である。昔からクロダイやハゼなどがヒットすることで相られている。地形的には奥まったところに位置しているので、波風には強い。大雨の後は流れが早すぎて釣りにならないことが多い。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    小稲港 エリア:南伊豆

    小稲港は、国道16号線を千石港方面へ通り過ぎて、トンネルを抜けたところにある漁港である。運転していると気付きにくい場所にあるので、釣り人は底まで多くなく、落ち着いて竿を出すことができる。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    下流港 エリア:南伊豆

    下流港は、ひなびた漁村地域に位置する漁港である。かなりのんびりと竿を出すことができるのが特徴である。車から降りてすぐの所で竿を出すことができるのも売れしい。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    本瀬港 エリア:南伊豆

    本瀬港は、南国情緒あふれる湾奥に位置する漁港である。付近に栽培漁業センターが位置しているので、整備された広めの護岸がある。渡し船の出入りする時間以外は船の往来も少ないので、落ち着いて竿を出すこともできる。トイレもばっちり整備されているのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設にはそのほかにも駐車場があるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

1234

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP