アオリイカの釣れる静岡の釣り場

  • 釣り場写真

    熱海港は、全国的に温泉町として知られている熱海町にある港である。再開発が進んでいるので、温泉施設のほかにも親水公園、海水浴場などの施設が充実している。港の周辺は釣りが制限されている場所が多く、竿を出せるポイントは少ない。そのため、この釣り場の釣り座となるのは「南側の公園前の護岸帯」、「船溜まり」、「フェリー岸壁横」の3箇所に限られる。周辺施設は非常に充実しており、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店がある。

  • 釣り場写真

    熱海港海釣り施設は、安全対策がしっかりしている施設で、ライフジャケットを無料でレンタルできるほか、レンタル釣具、エサの販売も行われているので、手ぶらで寄っても釣りを楽しめることができるのが特徴。竿を出すことができるのは港内に限られるものの、多彩な魚種をターゲットにできるのが特徴。また、周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    多賀新堤は、湾の奥に位置する港である。波風がおだやかな上、全体的に足場が安定していて堤防から水面の高さもほどよい。周辺では毎週土曜日、日曜日に地場物産の直売所や各種イベントが開催されるなど、釣り人だけでなく家族連れの観光客も多く訪れる。周辺施設には大型の駐車場のほか、トイレがある。ただし近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    下多賀港は、国道のすぐ下に位置する港ではあるが、釣り人の利用できる駐車場が整備されていないので、釣り場としては穴場だ。車で来る釣り人は網代方面へ500mほど離れた小山臨海公園の駐車場を利用するしかない。港内の海底は基本的には砂地で水深は深い所でも5mないくらい。テトラ帯の左側にある沈みテトラは非常に実績が高いのでまずはここを狙ってみよう。周辺施設はほとんどないものと考えてよい。

  • 釣り場写真

    マリンホール裏は、網代湾の最奥部に位置する一角である。沖の方に養殖イカダが設置されていることからも分かる通り波風に強いのが特徴。公園の埋立地を取り囲む形で石積みの護岸とテトラ帯が築かれており、その西側の堤防までが釣り座になる。周辺施設には整備された広めの駐車場、トイレがある。

  • 釣り場写真

    網代港は、1kmにわたり堤防が点々と続く漁港だ。周辺にある漁港と比較して、規模が大きいが、中央部は漁船が係留されており、岸壁とスロープになっているので、竿を出せるのは「西側の船溜まり」と「東側の堤防群」の2箇所に限られる。湾の奥に位置するので波風穏やかなのが特徴だ。加えて水深があり、潮通しがよいため釣り場としては優良である。周辺施設には駐車場とトイレがある。

  • 釣り場写真

    ハトヤ裏は、釣り人の間では比較的知名度のある釣り場であるが、実際は釣り人が少ないのが特徴。整備される前までは普通の磯場だったので、磯物の魚影が濃い。すぐ沖の方も水深が10mほどあるので、大物狙いにも向いている。周辺施設には駐車場と、トイレがある。近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    伊東港は、東伊豆でも知名度も高くとても人気の高い釣り場である。整備が行き届いており、足元が安定しているのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。有望なポイントも複数点在しベテランも飽きさせないのが魅力である。湾内は奥から、新井堤防、白灯堤防、赤灯堤防、魚市場付近の岸壁と釣りする場所に 困る事はない。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    富戸払港は、磯釣りの優良ポイントとして昔から知られている東伊豆の城ヶ崎の北側に位置する漁港である。有名スポットの影に隠れてしまっているせいであまり注目されないが、磯物の釣果がかなり期待できるのが特徴である。奥まった立地の割に潮通しがよく、波風の影響を受けないのでのんびりと竿を出すことができる。周辺施設にはトイレ、駐車場、コンビニがあり割と充実しているが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    八幡野港は、周囲を一級の磯に囲まれた、優良な釣り場だ。堤防から本格的な磯釣りができることで知られている。堤防まわりの水深は5mないぐらいで、海底はゴロタ状になっている。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    赤沢港は、伊豆市の南端に位置する漁港である。漁港とは言っても、一本だけある堤防と、スロープくらいしか見当たらないので、閑散とした印象を受けるだろう。海岸と堤防はゴロタ浜だが沖合のほうは砂地になっている。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    大川港は、伊東市の赤沢から東伊豆市の北側まで5kmにわたってのびているゴロタ浜の中腹辺りに位置する漁港である。港内は広々としていて足場もよく海面も高くないので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    北川浩は、国道から離れているところにあるので見落とされがちな港である。規模も小さいが、見た目に反して潮通しがよく、また水深もあるので、多彩な魚種が潜んでいるのが特徴である。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    温泉地として知られている熱川から白田までの海岸線からのびる堤防群である。大小あわせて6本の堤防がある。周辺はゴロタが目立つが沖のほうは砂地になっているので遠投すれば根掛りを心配する必要はない。また河口が2つあるので、変化に富んでいるのが特徴である。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    稲取港は、東伊豆エリアでも最大級規模の温泉街に位置する漁港である。周辺の漁港と比べて規模が非常に大きいのが特徴である。足場が非常に安定しており、海面から高さもそこまで高くないので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    藤山の堤防は、稲取温泉街の西側に位置する堤防である。一見漁港にみえるが、船溜まりがあるだけだ。国道から離れているところに位置し、また近くに稲取港があるので、わざわざこの釣り場を訪れる人は少ない。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    見高港は、「今井浜海岸駅」から徒歩で10分足らずというところに位置する漁港でありながら、国道から離れているので落とずれる釣り人は少ない。お手軽な釣り場でありながら、アジの群れが入るとアオリイカが爆釣する魅力的なポイントである。「穴場」といえば「穴場」であるが地元の釣り師が多く訪れるので、いつも空いているわけではない。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    板見港は、白浜海岸と外浦海岸を隔てるように突き出している「三穂ヶ崎」の付け根付近に位置している漁港である。ワンドを囲むようにのびている外堤防と、港内にのびる小さな堤防が釣り座になる。ただし、小さな堤防は漁業関係者以外立入禁止になっていることが多いので注意したい。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    外浦港は、下田湾の須崎半島を隔てた反対側に位置する小さな漁港である。ここで釣り座になるのは港から突き出している2本の堤防だ。半島の影にあるので風には強く、波風には影響を受けにくいのが特徴である。周辺施設には駐車場と釣具店がある。

  • 釣り場写真

    水尻堤防は、須崎半島の東側に位置する小さな九十浜の隣にひっそりと位置している漁港である。堤防左側から九十浜にかけては砂地が広がっていて、地磯に続く右側は海底が岩礁帯になっている。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

1234

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP