ギンガメアジ(メッキ)の釣れる静岡の釣り場

  • 釣り場写真

    温泉地として知られている熱川から白田までの海岸線からのびる堤防群である。大小あわせて6本の堤防がある。周辺はゴロタが目立つが沖のほうは砂地になっているので遠投すれば根掛りを心配する必要はない。また河口が2つあるので、変化に富んでいるのが特徴である。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    下田港は、昔はぱっとしない釣り場であったが、最近の工事のおかげで多くの釣り人が訪れるようになった。現在は沖にのびる大きな堤防がある。堤防は足元から水深があり、潮通しもものすごくよいので、様々な魚種をターゲットに出来る。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真
    子浦港 エリア:南伊豆

    小浦港は、妻良港の対岸に位置している漁港である。なんとなくひなびた地域に位置しており、のんびりと竿を出すことができる。のんびりと竿を出したい人や、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店が揃っており、充実している。

  • 釣り場写真

    松崎港は、茄賀川河口に位置する漁港である。車を横付けして楽しめる場所が多く、初心者にもおすすめで、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。近くには食堂もある。

  • 釣り場写真

    田子港は、西伊豆のなかでも有数の大規模な漁港である。最近ではダイビングポイントとしても人気を帯びてきている。中央部の水深は30m以上に達する。周辺では圧倒的な水深を誇っている。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店があり、充実している。

  • 釣り場写真
    戸田港 エリア:沼津

    戸田港は、湾の中央部に位置する漁港で、その中心部は水深が40mほどもある。潮通しがよくて釣り物も豊富な釣り場として知られている。整備が行き届いているので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    浜名湖SA下は色々な魚が釣れるので地元の釣り人からも信頼の厚い釣場である。ほとんどの魚が夏から秋にかけてシーズンを迎えるため、冬から春にかけては釣場に足を運ぶ釣り人の数がガクンと減る模様。よりよい超過を目指すのであればマイボート持参が前提になってくるので、持参するようにしよう。

  • 釣り場写真

    この釣場は年によって釣れる魚がぜんぜん違うのがおもしろい。数年周期で、イワシが入ってきたり、メッキが入ってきたりする。ここで魚釣りをする場合はナイターでのぞむのがとにかくおすすめだ。とりわけ日中に雨が降って夜に濁りが出ているような日がオススメである。この釣場へ行くには浜名湖レークサイドウェイのかつての料金所跡から左側にある細道に進入、新瀬戸橋をぬけたら県道を右にまがる。

  • 釣り場写真

    今川河口周辺は汽水域なので、かなりの数のハゼが潜んでいるポイント。のんびりウキ釣りをするのに適している。徒歩圏内に売店もないし、トイレもないので、事前に必要なものは準備してのぞみたいところである。この釣場へ行くには東名高速三ヶ日インターを国道362号線を経由して、浜名湖レークサイドウェイに入る。国道301号線に入ったら今度はこれを南進すればOK。浜松駅からいく場合は国道257号線を経由して 国道1号線を西に進んで「栄町交差点」についたら国道301号線を北上していく。

  • 釣り場写真

    付近はルアーアングラーの間でとても人気の高い釣場である。しかし、駐車スペースがかなり限られている上、最盛期は人でごった返すので、車を停めることがなかなか難しい。最悪路駐することになるが、くれぐれもトラブルにならないように注意してほしい。また、徒歩圏内に釣り人向けに整備されたトイレがないので、必要なものはあらかじめ準備してのぞみたいところである。釣場の近くに知波田駅があるので、これを目指して車をすすめるとよいだろう。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP