ウミタナゴの釣れる静岡の釣り場

  • 釣り場写真

    伊豆山港は、伊豆半島の港口にありながら、駐車できるスペースがほとんどないので、釣り人があまり入釣しないため、釣り場としては意外にも穴場だ。右手の堤防はかつては優良なポイントであったが、釣り人のマナーが問題視されたことで、現在は釣りが禁止されている。したがってこのポイントでは竿を出すことができるのは左側の堤防のみとなる。周辺施設は何も無いに等しいので、必要な物は前もって準備して臨みたい。

  • 釣り場写真

    下多賀港は、国道のすぐ下に位置する港ではあるが、釣り人の利用できる駐車場が整備されていないので、釣り場としては穴場だ。車で来る釣り人は網代方面へ500mほど離れた小山臨海公園の駐車場を利用するしかない。港内の海底は基本的には砂地で水深は深い所でも5mないくらい。テトラ帯の左側にある沈みテトラは非常に実績が高いのでまずはここを狙ってみよう。周辺施設はほとんどないものと考えてよい。

  • 釣り場写真

    大崎堤防は、釣り場の多い周辺でもかなり「穴場」で、その存在自体があまり釣り人あいだで知られていない。収容人数は2~3名ほどで、テトラ帯も含めると最大で5名ほど。小場所ながら周囲をゴロタで囲まれているので、魚影が非常に濃いのが特徴。潮どおしが良いので、夏~秋にかけては回遊魚を狙うことができる。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    イルカ浜堤防は、伊東市の市街地の南部にあるゴロタ海岸と川奈港の間にある釣り場だ。この釣り場の由来は江戸時代にイルカ漁が行われていたことに由来する。周辺、沖の両ほうとも砂地であり、投げ釣りの良ポイントだ。また、足元も安定しているので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設には駐車場とトイレがあるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    川奈港は、川奈崎の付け根に位置しており、周辺の漁港に比べると規模は大きくないが、駐車場が完備されているので人気が高い。港から2本延びる堤防の両方が釣り座になるが、右側の堤防は一部が立入禁止になっているので注意が必要。周辺施設には駐車場とトイレがあるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    富戸払港は、磯釣りの優良ポイントとして昔から知られている東伊豆の城ヶ崎の北側に位置する漁港である。有名スポットの影に隠れてしまっているせいであまり注目されないが、磯物の釣果がかなり期待できるのが特徴である。奥まった立地の割に潮通しがよく、波風の影響を受けないのでのんびりと竿を出すことができる。周辺施設にはトイレ、駐車場、コンビニがあり割と充実しているが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    見高港は、「今井浜海岸駅」から徒歩で10分足らずというところに位置する漁港でありながら、国道から離れているので落とずれる釣り人は少ない。お手軽な釣り場でありながら、アジの群れが入るとアオリイカが爆釣する魅力的なポイントである。「穴場」といえば「穴場」であるが地元の釣り師が多く訪れるので、いつも空いているわけではない。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    波来港は、河津川河口のすぐ南側に位置している漁港だ。西風にはめっぽう強いのが特徴で、冬場の西風の吹く日でも安心して竿を出せるのがポイントである。ただし北東の風が強くなってしまうと途端に釣りにならないので注意が必要である。岩場に囲まれているので、磯物などの実績が高いのが特徴である。周辺施設には駐車場とトイレがあるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    菖蒲沢港は、国道135線よりもはるか下方の崖に位置する漁港である。入り口が非常に分かりづらいところにあるので、訪れる釣り人は少ない。ここは釣り場というよりはむしろダイビングスポットとして知らており、週末になると多くのダイバーが押し寄せる。周辺施設には、駐車場、トイレ、釣具店などがあり、充実している。

  • 釣り場写真

    水尻堤防は、須崎半島の東側に位置する小さな九十浜の隣にひっそりと位置している漁港である。堤防左側から九十浜にかけては砂地が広がっていて、地磯に続く右側は海底が岩礁帯になっている。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    須崎港は、遠洋漁業の基地である。大型の船が多数係留されているので、規模の割りには竿を出でるスペースが少ないのが特徴である。実質的に竿を出すことができるのは、赤島防波堤の港内側、対岸の防波堤とその北側にある護岸の三箇所に限られる。周辺施設には、駐車場、トイレ、釣具店があり、割と充実している。

  • 釣り場写真

    多々戸浜堤防は、下田市から国道を石廊崎方面へ進んで、多大戸口を左折した先にある砂浜にある堤防だ。この突堤はあ30mほどしかないが、足場もよく広々としているのが特徴。ただし水深は2mないくらいで浅め。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    田牛港 エリア:南伊豆

    田牛港は、国道から少しだけ離れたところにある漁港である。足場は安定していた、規模も大きいのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設は割と充実しており、駐車場、トイレ、コンビニがあるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    小稲港 エリア:南伊豆

    小稲港は、国道16号線を千石港方面へ通り過ぎて、トンネルを抜けたところにある漁港である。運転していると気付きにくい場所にあるので、釣り人は底まで多くなく、落ち着いて竿を出すことができる。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    石廊崎港 エリア:南伊豆

    石廊崎港は、伊豆半島の最南端にある石廊崎堤防の灯台の入り口にある漁港である。周辺には土産物屋さんが立ち並んでいて、年中多くの観光客が押し寄せる。左右が絶壁になっており、波風にはめっぽう強いのが特徴である。周辺施設には駐車場とトイレがあるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    入間港 エリア:南伊豆

    入間港は、砂地、岩場、磯などの地形に恵まれていて、変化に富んだポイントである。渡し船の基地として知られているが、港自体が実は魅力的な釣り場だと知っている人は意外と少ない。ただし、係留されている船が多いので、竿を出せるポイントは意外に少ない。周辺施設には駐車場とトイレがあるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    落居港 エリア:南伊豆

    落居港は、南伊豆最後の秘境とも評される釣り場である。岸壁下に位置する小さな漁港で、国道136号線から「小浦海水浴場」の看板を目印に、小浦港側からトンネルを通って入る。入り口がなかなかわかりづらいところにあるので、訪れる釣り人が少ないので「穴場」な釣り人である。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くには釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    コバルト堤防は、フェリーが発着するところにある堤防である。それだけに水深がかなりあり、潮通しもかなりよいので、豊富な魚種をターゲットに出来るのが特徴。西伊豆を代表する回遊魚の一級釣り場としても名高い。周辺施設にはトレイレ、コンビニ釣具店があり、わりと充実している。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP