カサゴの釣れる静岡の釣り場

  • 釣り場写真

    和田木堤防は、開発が進み、いまどき風の海岸が続くなかでも、昔ながらの干物屋さんがところ狭しと立ち並ぶ網代に位置するどこか懐かしさを感じさせてくれる漁港である。湾の奥に位置するので、波風穏やかなのが特徴で、網代駅からもアクセスするのが容易。ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設には、駐車場、トイレがあるが釣具屋が近くにはないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    大崎堤防は、釣り場の多い周辺でもかなり「穴場」で、その存在自体があまり釣り人あいだで知られていない。収容人数は2~3名ほどで、テトラ帯も含めると最大で5名ほど。小場所ながら周囲をゴロタで囲まれているので、魚影が非常に濃いのが特徴。潮どおしが良いので、夏~秋にかけては回遊魚を狙うことができる。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    ハトヤ裏は、釣り人の間では比較的知名度のある釣り場であるが、実際は釣り人が少ないのが特徴。整備される前までは普通の磯場だったので、磯物の魚影が濃い。すぐ沖の方も水深が10mほどあるので、大物狙いにも向いている。周辺施設には駐車場と、トイレがある。近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    富戸払港は、磯釣りの優良ポイントとして昔から知られている東伊豆の城ヶ崎の北側に位置する漁港である。有名スポットの影に隠れてしまっているせいであまり注目されないが、磯物の釣果がかなり期待できるのが特徴である。奥まった立地の割に潮通しがよく、波風の影響を受けないのでのんびりと竿を出すことができる。周辺施設にはトイレ、駐車場、コンビニがあり割と充実しているが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    波来港は、河津川河口のすぐ南側に位置している漁港だ。西風にはめっぽう強いのが特徴で、冬場の西風の吹く日でも安心して竿を出せるのがポイントである。ただし北東の風が強くなってしまうと途端に釣りにならないので注意が必要である。岩場に囲まれているので、磯物などの実績が高いのが特徴である。周辺施設には駐車場とトイレがあるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    菖蒲沢港は、国道135線よりもはるか下方の崖に位置する漁港である。入り口が非常に分かりづらいところにあるので、訪れる釣り人は少ない。ここは釣り場というよりはむしろダイビングスポットとして知らており、週末になると多くのダイバーが押し寄せる。周辺施設には、駐車場、トイレ、釣具店などがあり、充実している。

  • 釣り場写真

    下田港は、昔はぱっとしない釣り場であったが、最近の工事のおかげで多くの釣り人が訪れるようになった。現在は沖にのびる大きな堤防がある。堤防は足元から水深があり、潮通しもものすごくよいので、様々な魚種をターゲットに出来る。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真
    本瀬港 エリア:南伊豆

    本瀬港は、南国情緒あふれる湾奥に位置する漁港である。付近に栽培漁業センターが位置しているので、整備された広めの護岸がある。渡し船の出入りする時間以外は船の往来も少ないので、落ち着いて竿を出すこともできる。トイレもばっちり整備されているのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設にはそのほかにも駐車場があるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    石廊崎港 エリア:南伊豆

    石廊崎港は、伊豆半島の最南端にある石廊崎堤防の灯台の入り口にある漁港である。周辺には土産物屋さんが立ち並んでいて、年中多くの観光客が押し寄せる。左右が絶壁になっており、波風にはめっぽう強いのが特徴である。周辺施設には駐車場とトイレがあるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    松崎港は、茄賀川河口に位置する漁港である。車を横付けして楽しめる場所が多く、初心者にもおすすめで、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。近くには食堂もある。

  • 釣り場写真

    田子港は、西伊豆のなかでも有数の大規模な漁港である。最近ではダイビングポイントとしても人気を帯びてきている。中央部の水深は30m以上に達する。周辺では圧倒的な水深を誇っている。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店があり、充実している。

  • 釣り場写真

    大田子港は、田子港の影にひっそりと隠れるように位置している漁港である。海水浴シーズンになると、隣接する砂浜が賑わうが、国道から離れているところにあるので、夏が終わると釣り人も海水浴客も少なくなる。最近近くに駐車場が整備されたので、だいぶ入釣しやすくなった。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店がある。

  • 釣り場写真

    米崎港は、沖磯への渡し船の基地として知られている。国道にのっていると入り口に気付きにくいので、知名度は低い。もともとゴロタ浜の上につくられた港なので、海底が変化に富んでいるため、根魚の魚影が濃いのが特徴。周辺施設にはトイレぐらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    下村港は、浅いゴロタ浜の上にたてられた漁港から一本だけ堤防がのびているだけのマイナーな釣り場である。海底はいくつか根が走っているゴロタ浜なので、投げ釣り、磯釣りの両方からアプローチすることが可能である。周辺施設には駐車場とトイレくらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    八木沢港は、一年中様々な魚が釣れるので、周辺地域でも人気のある釣り場である。市街地から少し離れたところにあり、規模もかなり大きいのだが、釣り人の数はそこまで多くない。それでも一級の釣り場として名高い。周辺施設にはコンビニとトイレがある。

  • 釣り場写真
    大瀬崎 エリア:沼津

    大瀬崎は、有名なダイビングポイントとして知られている。海沿いにはいくつもダイビングハウスが立ち並んでいて、休日になると釣り人よりもむしろダイバーのほうが多い。この釣り場ではいくつかのびている堤防のほか、岬まわりのゴロタ浜になる。周辺施設には駐車場とトイレがあるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    江梨港 エリア:沼津

    江梨港は、堤防が一本だけのびているささやかな漁港である。潮通しがよいので、人気の釣り物が顔をのぞかせてくれる。規模が小さいので、釣り物が先端部分に限られるうえ、定員も5人くらいなのがキズだ。周辺施設位は駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    足保港 エリア:沼津

    足保港は、周辺の釣り場のなかでは珍しく規模が大きいのが特徴である。堤防の上は足場が安定しいて、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。全体的に水深があって、潮通しもいいので、通年で魚釣りが楽しめる。周辺施設には駐車場、トイレがあるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    古宇周辺 エリア:沼津

    古宇周辺は、いかにも「日本的」な風情漂うひなびた小さな集落に面している海岸一帯のことを指す。周辺には駐車スペースもなければ釣具店もないので、釣り人にとってはこれがネックであるが、電車やバスを利用する釣り人にとっては入釣しやすい。ヨットハーバーのあるところは浮き桟橋があり、ここでの釣りは禁止されているので注意が必要。

  • 釣り場写真
    木負周辺 エリア:沼津

    木負周辺は、周辺でも圧倒的な人気を誇る堤防である。湾の奥まったところに位置しており、中心部で30mくらいあり、汽水域やイケスまで設置されていて、魚が好むような条件が揃っている。ここで釣り座として構えるのにおすすめのポイントは「木負堤防」、「浜町護岸」、「木負農協浦」の3つである。釣り場周辺の施設には、駐車場、トイレ、コンビニがある。

12

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP