スズキ(シーバス)の釣れる静岡の釣り場

  • 釣り場写真

    宇佐美港は、船釣りをする人にはききなじみのある遊漁船の一大基地である。かつては釣り人向けの駐車場が整備されておらず、不便な釣り場であったが、付近に駐車場とトイレが整備された公園ができ、利便性が飛躍的に向上した。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    温泉地として知られている熱川から白田までの海岸線からのびる堤防群である。大小あわせて6本の堤防がある。周辺はゴロタが目立つが沖のほうは砂地になっているので遠投すれば根掛りを心配する必要はない。また河口が2つあるので、変化に富んでいるのが特徴である。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    青野川河口は、渡船の基地として知られている千石港を右岸におさめた広々とした河口である。昔からクロダイやハゼなどがヒットすることで相られている。地形的には奥まったところに位置しているので、波風には強い。大雨の後は流れが早すぎて釣りにならないことが多い。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    中木港 エリア:南伊豆

    中木港は、海岸線に位置する漁港だ。沖には一級の磯が控えており、渡し船の基地として、毎日賑わっている。この釣り場では基本的に堤防の上から釣りをすることになるので、充分に注意したい。周辺施設には駐車場とトイレがあるが近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    子浦港 エリア:南伊豆

    小浦港は、妻良港の対岸に位置している漁港である。なんとなくひなびた地域に位置しており、のんびりと竿を出すことができる。のんびりと竿を出したい人や、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店が揃っており、充実している。

  • 釣り場写真

    松崎港は、茄賀川河口に位置する漁港である。車を横付けして楽しめる場所が多く、初心者にもおすすめで、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。近くには食堂もある。

  • 釣り場写真

    大浜港は、仁料大浜海水浴場の右端にある小さな漁港である。国道からは見えにくいところにあるので、釣り人の間での認知度は低い。周囲の水深は3~5mほどだ。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    仁科港は、穴場感の漂う小規模の漁港である。休日でも混雑することが少ないので、のんびりと竿を出すことができる。車を少し走らせば温泉施設も近くにあるので、釣り人にはうれしい。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    宇久須港は、「黄金崎」の北側に位置する漁港である。潮通しがかなりよいことで知られており、夏場の回遊魚シーズンに入ると、青物狙いの釣り人で賑わう。立地的に西風以外の風に強く、安心して竿を出すことができる。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店があり充実している。

  • 釣り場写真

    小土肥堤防は、もともと海水浴場を波から守るためだけに建造された堤防なので、つくりが荒いのが特徴。海底は砂地なので変化に乏しく、また足場も悪いので、沖の根回りや沖のテトラ帯まわりぐらいしかポイントにならない。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店があり、わりと充実している。

  • 釣り場写真
    多比港 エリア:沼津

    多比港は、大きくのびる堤防が特徴的な港である。国道から入り口がわかりづらいところにあるので、訪れる人は少ない。広々とした釣り場なのでのんびり釣りを楽しむことができる。堤防は細長くて、足場もそこそこ安定している。周辺施設には駐車場と釣具店ぐらいしかない。

  • 釣り場写真
    沼津港 エリア:沼津

    沼津港は、狩野川の河口にある漁港である。規模としては周辺では最大級の釣り場である。また、適度な水深と、淡水が流れこむところがあるので、釣り物も豊富だ。足元が非常に安定していて、車も横付けできるのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    今切口はめちゃくちゃ魚影の濃い釣り場として知られており、小物から中型の数釣りが楽しめるほか、時期によっては、カンパチの中型なんかも接岸するので、スリリングな魚釣りを楽しむことができる。 釣り場へ行くには浜松駅から国道275号線を経由して浜名バイパスを西へ進む。 新居弁天インターまでこれを降りて、次の信号を右折するとつきあたりが海釣り公園の駐車場である

  • 釣り場写真

    浜松駅から国道257号線を経由、国道1号線に入ったらそのまま西に車を走らせて『舞阪地域センター』の信号を左折し、道なりに進む。舞阪漁港網干場はシロギスの好釣り場として知られており、投げ釣り師の姿が年中絶えることがない。釣り場の中には駐車場、トイレが歩いて行ける距離にあるので便利だ。この釣り場へいくには、浜松駅から国道257号線を経由、国道1号線を西に進む。「舞阪地域自治センター」の信号を左に折れて、道なりに進む。「表浜公園」がみえたらこれを左に曲がると駐車スペースにたどり着くことができる。

  • 釣り場写真

    広大な弁天島海浜公園のうち、浜松紫市街地側一帯を指している。ルアー釣り、投げ釣りなんでもござれのナイスな釣り場だ。最近はルアー釣りでマダカを狙う人も増えてきた印象。一年中何かしらの魚が狙えるのでおすすめのフィールドだ。釣り人が利用できる駐車場、トイレが整備されているので、家族連れでも安心して釣行できる。

  • 釣り場写真

    弁天島海浜公園で有名な釣り場で、主に海浜公園の新居町側一帯の釣り場のこと。ここは夏場に入ると海水浴客でごったがえすので、昼間の釣りは諦めたほうがいいだろう。全体的に水深が浅いので大物を狙う釣りには適さないが、キス、カレ、コチ類など、投げ釣りでのんびり遊ぶにはもってこいの魚たちが潜んでいる。釣り場の近くには駐車場があり、トイレ、コンビニなんかも立地しているので、家族連れでの釣行も安心だ。近くには『弁天島駅』があるので、電車釣行が可能かもしれない。

  • 釣り場写真

    乙女園・観月園釣り場の近くには釣り人が利用できる駐車スペースとトイレが整備されているので、家族連れでの釣行でも安心である。ちなみに千鳥園方面には釣具屋さんもあるので安心だ。サクラマルと呼ばれる南側の釣り場は、船の往来がめちゃくちゃ激しいのであまりロングキャストしないのがおすすめである。浜松駅からこの釣り場までにいくには、国道257号線を経由して、国道1号線を西に進めばOK。『弁天島公園』など色々な公園が位置している。

  • 釣り場写真

    『中之島』は浜名湖大橋と、中之島大橋の間に位置している人口の島で、『渚園』は中之島大橋、渚橋、明月橋などに三方を囲まれた島だ。海底(というか川底?)はいろいろな障害物でごったがえしており、けっこうな確率で根がかりをおこす。ハゼを専門に狙うのであれば竿を数本ぶっこんでおくのがオススメであるが、のんびりと魚つりを楽しむ方針であれば、ウキ釣りでアプローチするなどして仕掛けが着底しないような工夫をすることをすすめする。浜松駅からこの釣り場までい国土257号線を経由して、国道1号線を西に進み、『新弁天交差点』を右に入って、県道323号を走ればたどりつける。

  • 釣り場写真

    古人見(こひとみ)ハウスという釣り場名は、古人見町のなかでもとりわけビニールハウスが集中している箇所に釣り場があることに由来する。浜名湖エリアの中でも広大な釣り場でくまなく探索しようと思ったら車が必要。各所に釣り人が利用できる駐車場が整備されているので安心だ。 釣り場まで車で行く場合、『はまゆう大橋』を目指せばよい。

  • 釣り場写真

    万年角立・日の出(まんねんかくだて・ひので)はキビレの有望ポイントとして知られており、人気の高い釣り場である。砂地のフィールドなので根がかりを心配せずに釣りを楽しむことができる。浅瀬が沖合50メートルほどまで続いているので、遠投するのが前提の釣り場だ。遠投せずとも近くには貸しボート屋さんがあるので、そちらでボートをレンタルするのもオススメ。釣り場まで行くには浜松駅から国道257号線を経由して、国道1号線を西に進む。『新弁天交差点』まできたらこれを右にまがり、県道323号線を北上、『中之島』を超えてさらに先に進んだところに位置している。近くには『エクシブ浜名湖』というホテル、『グランディ浜名湖ゴルフクラブ』などが位置している。

12

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP