マゴチの釣れる静岡の釣り場

  • 釣り場写真

    伊豆山港は、伊豆半島の港口にありながら、駐車できるスペースがほとんどないので、釣り人があまり入釣しないため、釣り場としては意外にも穴場だ。右手の堤防はかつては優良なポイントであったが、釣り人のマナーが問題視されたことで、現在は釣りが禁止されている。したがってこのポイントでは竿を出すことができるのは左側の堤防のみとなる。周辺施設は何も無いに等しいので、必要な物は前もって準備して臨みたい。

  • 釣り場写真

    多賀新堤は、湾の奥に位置する港である。波風がおだやかな上、全体的に足場が安定していて堤防から水面の高さもほどよい。周辺では毎週土曜日、日曜日に地場物産の直売所や各種イベントが開催されるなど、釣り人だけでなく家族連れの観光客も多く訪れる。周辺施設には大型の駐車場のほか、トイレがある。ただし近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    伊東港は、東伊豆でも知名度も高くとても人気の高い釣り場である。整備が行き届いており、足元が安定しているのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。有望なポイントも複数点在しベテランも飽きさせないのが魅力である。湾内は奥から、新井堤防、白灯堤防、赤灯堤防、魚市場付近の岸壁と釣りする場所に 困る事はない。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真
    田牛港 エリア:南伊豆

    田牛港は、国道から少しだけ離れたところにある漁港である。足場は安定していた、規模も大きいのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設は割と充実しており、駐車場、トイレ、コンビニがあるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    岩地港は、砂地の上に立てられた漁港である。入江の中に位置するので潮通しがそこまでよくない。ただし場所によっては水深が8mほどあるので、釣れる魚は豊富である。周辺施設には駐車場とトイレがある。釣具店は近くにないが、漁協ではアミエビなどの釣りエサが販売されている。堤防での夜釣りは禁止されているので留意すること。

  • 釣り場写真

    松崎新港は平成21年に完成した。もともとは石材などを扱う工業港であったが、現在は公園として整備されている。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。最近はあらたなファミリーフィッシング向けの釣り場として人気が高まっている。

  • 釣り場写真

    大浜港は、仁料大浜海水浴場の右端にある小さな漁港である。国道からは見えにくいところにあるので、釣り人の間での認知度は低い。周囲の水深は3~5mほどだ。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    安良里港は、入江にあるわりには水深があるのが特徴の釣り場である。車を横付けるという圧倒的なメリットがありながら、混雑とは無縁の「穴場」である。規模の割りには周辺施設が充実していて、駐車場、トイレ、釣具店などがある。

  • 釣り場写真
    大瀬崎 エリア:沼津

    大瀬崎は、有名なダイビングポイントとして知られている。海沿いにはいくつもダイビングハウスが立ち並んでいて、休日になると釣り人よりもむしろダイバーのほうが多い。この釣り場ではいくつかのびている堤防のほか、岬まわりのゴロタ浜になる。周辺施設には駐車場とトイレがあるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    弁天島海浜公園で有名な釣り場で、主に海浜公園の新居町側一帯の釣り場のこと。ここは夏場に入ると海水浴客でごったがえすので、昼間の釣りは諦めたほうがいいだろう。全体的に水深が浅いので大物を狙う釣りには適さないが、キス、カレ、コチ類など、投げ釣りでのんびり遊ぶにはもってこいの魚たちが潜んでいる。釣り場の近くには駐車場があり、トイレ、コンビニなんかも立地しているので、家族連れでの釣行も安心だ。近くには『弁天島駅』があるので、電車釣行が可能かもしれない。

  • 釣り場写真

    村櫛海岸(むらくしかいがん)は色々な魚が釣れるのでオススメの釣座である。海底は基本的に砂地なので根がかりもすくない。 マゴチや肉しずお食を好むカレイなんかもいるので、ルアー釣りで遊んでいる人もけっこう多い印象。釣り場までいくには浜松駅から国道257号線を経由して国道1号線を西に進む。『新弁天交差点』を右に入ったら県道322号線に入り、北に進む。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP