イシダイ(シマダイ)の釣れる静岡の釣り場

  • 釣り場写真

    和田木堤防は、開発が進み、いまどき風の海岸が続くなかでも、昔ながらの干物屋さんがところ狭しと立ち並ぶ網代に位置するどこか懐かしさを感じさせてくれる漁港である。湾の奥に位置するので、波風穏やかなのが特徴で、網代駅からもアクセスするのが容易。ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設には、駐車場、トイレがあるが釣具屋が近くにはないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    大崎堤防は、釣り場の多い周辺でもかなり「穴場」で、その存在自体があまり釣り人あいだで知られていない。収容人数は2~3名ほどで、テトラ帯も含めると最大で5名ほど。小場所ながら周囲をゴロタで囲まれているので、魚影が非常に濃いのが特徴。潮どおしが良いので、夏~秋にかけては回遊魚を狙うことができる。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    ハトヤ裏は、釣り人の間では比較的知名度のある釣り場であるが、実際は釣り人が少ないのが特徴。整備される前までは普通の磯場だったので、磯物の魚影が濃い。すぐ沖の方も水深が10mほどあるので、大物狙いにも向いている。周辺施設には駐車場と、トイレがある。近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    大川港は、伊東市の赤沢から東伊豆市の北側まで5kmにわたってのびているゴロタ浜の中腹辺りに位置する漁港である。港内は広々としていて足場もよく海面も高くないので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    北川浩は、国道から離れているところにあるので見落とされがちな港である。規模も小さいが、見た目に反して潮通しがよく、また水深もあるので、多彩な魚種が潜んでいるのが特徴である。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    藤山の堤防は、稲取温泉街の西側に位置する堤防である。一見漁港にみえるが、船溜まりがあるだけだ。国道から離れているところに位置し、また近くに稲取港があるので、わざわざこの釣り場を訪れる人は少ない。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    水尻堤防は、須崎半島の東側に位置する小さな九十浜の隣にひっそりと位置している漁港である。堤防左側から九十浜にかけては砂地が広がっていて、地磯に続く右側は海底が岩礁帯になっている。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    下田港は、昔はぱっとしない釣り場であったが、最近の工事のおかげで多くの釣り人が訪れるようになった。現在は沖にのびる大きな堤防がある。堤防は足元から水深があり、潮通しもものすごくよいので、様々な魚種をターゲットに出来る。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    小土肥堤防は、もともと海水浴場を波から守るためだけに建造された堤防なので、つくりが荒いのが特徴。海底は砂地なので変化に乏しく、また足場も悪いので、沖の根回りや沖のテトラ帯まわりぐらいしかポイントにならない。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店があり、わりと充実している。

  • 釣り場写真

    今切口はめちゃくちゃ魚影の濃い釣り場として知られており、小物から中型の数釣りが楽しめるほか、時期によっては、カンパチの中型なんかも接岸するので、スリリングな魚釣りを楽しむことができる。 釣り場へ行くには浜松駅から国道275号線を経由して浜名バイパスを西へ進む。 新居弁天インターまでこれを降りて、次の信号を右折するとつきあたりが海釣り公園の駐車場である

  • 釣り場写真

    どのT字路でもある程度の釣果が期待できるので人気のある釣場である。一年を通して釣り人が訪れる場所。管理釣り場とあって、足元もしっかりしており、こどもから大人まで色々な層の釣り人が楽しむことができる。ちかくにある海水浴場はカレイがよく釣れることでも知られているが、海水浴場客に開放されている夏場には竿を出さないようにしよう。釣場へは浜松駅から国道257号線を経由、浜名バイパスを西に進む。新居弁天ICをおりたら 右に曲がり、その次の信号を右に曲がると突き当りが海釣り公園駐車場。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP