カワハギの釣れる静岡の釣り場

  • 釣り場写真

    熱海港海釣り施設は、安全対策がしっかりしている施設で、ライフジャケットを無料でレンタルできるほか、レンタル釣具、エサの販売も行われているので、手ぶらで寄っても釣りを楽しめることができるのが特徴。竿を出すことができるのは港内に限られるものの、多彩な魚種をターゲットにできるのが特徴。また、周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    伊東港は、東伊豆でも知名度も高くとても人気の高い釣り場である。整備が行き届いており、足元が安定しているのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。有望なポイントも複数点在しベテランも飽きさせないのが魅力である。湾内は奥から、新井堤防、白灯堤防、赤灯堤防、魚市場付近の岸壁と釣りする場所に 困る事はない。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    イルカ浜堤防は、伊東市の市街地の南部にあるゴロタ海岸と川奈港の間にある釣り場だ。この釣り場の由来は江戸時代にイルカ漁が行われていたことに由来する。周辺、沖の両ほうとも砂地であり、投げ釣りの良ポイントだ。また、足元も安定しているので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設には駐車場とトイレがあるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    板見港は、白浜海岸と外浦海岸を隔てるように突き出している「三穂ヶ崎」の付け根付近に位置している漁港である。ワンドを囲むようにのびている外堤防と、港内にのびる小さな堤防が釣り座になる。ただし、小さな堤防は漁業関係者以外立入禁止になっていることが多いので注意したい。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    下田港は、昔はぱっとしない釣り場であったが、最近の工事のおかげで多くの釣り人が訪れるようになった。現在は沖にのびる大きな堤防がある。堤防は足元から水深があり、潮通しもものすごくよいので、様々な魚種をターゲットに出来る。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真
    本瀬港 エリア:南伊豆

    本瀬港は、南国情緒あふれる湾奥に位置する漁港である。付近に栽培漁業センターが位置しているので、整備された広めの護岸がある。渡し船の出入りする時間以外は船の往来も少ないので、落ち着いて竿を出すこともできる。トイレもばっちり整備されているのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設にはそのほかにも駐車場があるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    入間港 エリア:南伊豆

    入間港は、砂地、岩場、磯などの地形に恵まれていて、変化に富んだポイントである。渡し船の基地として知られているが、港自体が実は魅力的な釣り場だと知っている人は意外と少ない。ただし、係留されている船が多いので、竿を出せるポイントは意外に少ない。周辺施設には駐車場とトイレがあるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    子浦港 エリア:南伊豆

    小浦港は、妻良港の対岸に位置している漁港である。なんとなくひなびた地域に位置しており、のんびりと竿を出すことができる。のんびりと竿を出したい人や、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店が揃っており、充実している。

  • 釣り場写真

    雲見港は、入江の中にある漁港である。ひなびた雰囲気だが、海水浴場が隣接していることもあり、時期によっては人で混雑する。場所によってはダイバーのために確保されている場所もあり、車での立ち入りは禁止されている。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店があり、わりと充実している。

  • 釣り場写真

    石部港は、浅い岩礁帯の上にたてられた漁港である。周辺の釣り場は水深があるところが多いが、ここは水深が浅いのが特徴である。釣り人のマナーが問題視され、立ち入りが禁止された部分もあるので、マナー違反には気をつけたい。周辺施設には駐車場とといれがあるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    岩地港は、砂地の上に立てられた漁港である。入江の中に位置するので潮通しがそこまでよくない。ただし場所によっては水深が8mほどあるので、釣れる魚は豊富である。周辺施設には駐車場とトイレがある。釣具店は近くにないが、漁協ではアミエビなどの釣りエサが販売されている。堤防での夜釣りは禁止されているので留意すること。

  • 釣り場写真

    宇久須港は、「黄金崎」の北側に位置する漁港である。潮通しがかなりよいことで知られており、夏場の回遊魚シーズンに入ると、青物狙いの釣り人で賑わう。立地的に西風以外の風に強く、安心して竿を出すことができる。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店があり充実している。

  • 釣り場写真

    八木沢港は、一年中様々な魚が釣れるので、周辺地域でも人気のある釣り場である。市街地から少し離れたところにあり、規模もかなり大きいのだが、釣り人の数はそこまで多くない。それでも一級の釣り場として名高い。周辺施設にはコンビニとトイレがある。

  • 釣り場写真
    戸田港 エリア:沼津

    戸田港は、湾の中央部に位置する漁港で、その中心部は水深が40mほどもある。潮通しがよくて釣り物も豊富な釣り場として知られている。整備が行き届いているので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真
    大瀬崎 エリア:沼津

    大瀬崎は、有名なダイビングポイントとして知られている。海沿いにはいくつもダイビングハウスが立ち並んでいて、休日になると釣り人よりもむしろダイバーのほうが多い。この釣り場ではいくつかのびている堤防のほか、岬まわりのゴロタ浜になる。周辺施設には駐車場とトイレがあるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    江梨港 エリア:沼津

    江梨港は、堤防が一本だけのびているささやかな漁港である。潮通しがよいので、人気の釣り物が顔をのぞかせてくれる。規模が小さいので、釣り物が先端部分に限られるうえ、定員も5人くらいなのがキズだ。周辺施設位は駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    長井崎~長浜護岸は、小さな岬である。ここでは「長井崎」と「長浜護岸」の2つにわけて紹介したい。背後には山があるので、多少の風には影響をうけない。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    今切口はめちゃくちゃ魚影の濃い釣り場として知られており、小物から中型の数釣りが楽しめるほか、時期によっては、カンパチの中型なんかも接岸するので、スリリングな魚釣りを楽しむことができる。 釣り場へ行くには浜松駅から国道275号線を経由して浜名バイパスを西へ進む。 新居弁天インターまでこれを降りて、次の信号を右折するとつきあたりが海釣り公園の駐車場である

  • 釣り場写真

    弁天島海浜公園で有名な釣り場で、主に海浜公園の新居町側一帯の釣り場のこと。ここは夏場に入ると海水浴客でごったがえすので、昼間の釣りは諦めたほうがいいだろう。全体的に水深が浅いので大物を狙う釣りには適さないが、キス、カレ、コチ類など、投げ釣りでのんびり遊ぶにはもってこいの魚たちが潜んでいる。釣り場の近くには駐車場があり、トイレ、コンビニなんかも立地しているので、家族連れでの釣行も安心だ。近くには『弁天島駅』があるので、電車釣行が可能かもしれない。

  • 釣り場写真

    この釣場は周辺にホームセンターが立地していたり徒歩圏内にトイレがあるなど、周辺環境が恵まれていて家族連れの釣りにおすすめの釣場である。最近は釣り人のマナーや漁港関係者とのトラブルが問題になったので、マナーをまもって釣行してほしい。釣場までいくには国道257号線を経由して、国道1号線に入り西に進む。「栄町交差点」に入ったら国道301号線に入り共立湖西総合病院手前の信号を東に曲がる。 一番人気のターゲットはサヨリである。サヨリはウキ釣りで一匹一匹丁寧に狙うのが確実であるが、活性の高い時は、サビキ釣りでまとめて狙ってしまうのもがよい。サヨリのほかにはハゼを狙う人も多い印象。このあたりはハゼが集中して棲みついているらしく、数釣りを楽しむのに非常に適している。ハゼはウキ釣りで狙うのがオススメ。

12

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP