カレイの釣れる静岡の釣り場

  • 釣り場写真

    広大な弁天島海浜公園のうち、浜松紫市街地側一帯を指している。ルアー釣り、投げ釣りなんでもござれのナイスな釣り場だ。最近はルアー釣りでマダカを狙う人も増えてきた印象。一年中何かしらの魚が狙えるのでおすすめのフィールドだ。釣り人が利用できる駐車場、トイレが整備されているので、家族連れでも安心して釣行できる。

  • 釣り場写真

    弁天島海浜公園で有名な釣り場で、主に海浜公園の新居町側一帯の釣り場のこと。ここは夏場に入ると海水浴客でごったがえすので、昼間の釣りは諦めたほうがいいだろう。全体的に水深が浅いので大物を狙う釣りには適さないが、キス、カレ、コチ類など、投げ釣りでのんびり遊ぶにはもってこいの魚たちが潜んでいる。釣り場の近くには駐車場があり、トイレ、コンビニなんかも立地しているので、家族連れでの釣行も安心だ。近くには『弁天島駅』があるので、電車釣行が可能かもしれない。

  • 釣り場写真

    乙女園・観月園釣り場の近くには釣り人が利用できる駐車スペースとトイレが整備されているので、家族連れでの釣行でも安心である。ちなみに千鳥園方面には釣具屋さんもあるので安心だ。サクラマルと呼ばれる南側の釣り場は、船の往来がめちゃくちゃ激しいのであまりロングキャストしないのがおすすめである。浜松駅からこの釣り場までにいくには、国道257号線を経由して、国道1号線を西に進めばOK。『弁天島公園』など色々な公園が位置している。

  • 釣り場写真

    『中之島』は浜名湖大橋と、中之島大橋の間に位置している人口の島で、『渚園』は中之島大橋、渚橋、明月橋などに三方を囲まれた島だ。海底(というか川底?)はいろいろな障害物でごったがえしており、けっこうな確率で根がかりをおこす。ハゼを専門に狙うのであれば竿を数本ぶっこんでおくのがオススメであるが、のんびりと魚つりを楽しむ方針であれば、ウキ釣りでアプローチするなどして仕掛けが着底しないような工夫をすることをすすめする。浜松駅からこの釣り場までい国土257号線を経由して、国道1号線を西に進み、『新弁天交差点』を右に入って、県道323号を走ればたどりつける。

  • 釣り場写真

    村櫛海岸(むらくしかいがん)は色々な魚が釣れるのでオススメの釣座である。海底は基本的に砂地なので根がかりもすくない。 マゴチや肉しずお食を好むカレイなんかもいるので、ルアー釣りで遊んでいる人もけっこう多い印象。釣り場までいくには浜松駅から国道257号線を経由して国道1号線を西に進む。『新弁天交差点』を右に入ったら県道322号線に入り、北に進む。

  • 釣り場写真

    全体的にある程度水深のある釣場なので、小型~中型のサイズを相手に魚釣りを楽しむことができる。一見浜のフィールドだが、海底は岩盤混じりの砂地なので、根掛かりすることが多く注意が必要。この釣場まで行くには東名高速三ヶ日インターから県道310号線(別名:浜名湖レークサイドウェイ)に入って南下。料金所跡付近を走れば見えてくる。

  • 釣り場写真

    この釣場は年によって釣れる魚がぜんぜん違うのがおもしろい。数年周期で、イワシが入ってきたり、メッキが入ってきたりする。ここで魚釣りをする場合はナイターでのぞむのがとにかくおすすめだ。とりわけ日中に雨が降って夜に濁りが出ているような日がオススメである。この釣場へ行くには浜名湖レークサイドウェイのかつての料金所跡から左側にある細道に進入、新瀬戸橋をぬけたら県道を右にまがる。

  • 釣り場写真

    今川河口周辺は汽水域なので、かなりの数のハゼが潜んでいるポイント。のんびりウキ釣りをするのに適している。徒歩圏内に売店もないし、トイレもないので、事前に必要なものは準備してのぞみたいところである。この釣場へ行くには東名高速三ヶ日インターを国道362号線を経由して、浜名湖レークサイドウェイに入る。国道301号線に入ったら今度はこれを南進すればOK。浜松駅からいく場合は国道257号線を経由して 国道1号線を西に進んで「栄町交差点」についたら国道301号線を北上していく。

  • 釣り場写真

    この釣場は周辺にホームセンターが立地していたり徒歩圏内にトイレがあるなど、周辺環境が恵まれていて家族連れの釣りにおすすめの釣場である。最近は釣り人のマナーや漁港関係者とのトラブルが問題になったので、マナーをまもって釣行してほしい。釣場までいくには国道257号線を経由して、国道1号線に入り西に進む。「栄町交差点」に入ったら国道301号線に入り共立湖西総合病院手前の信号を東に曲がる。 一番人気のターゲットはサヨリである。サヨリはウキ釣りで一匹一匹丁寧に狙うのが確実であるが、活性の高い時は、サビキ釣りでまとめて狙ってしまうのもがよい。サヨリのほかにはハゼを狙う人も多い印象。このあたりはハゼが集中して棲みついているらしく、数釣りを楽しむのに非常に適している。ハゼはウキ釣りで狙うのがオススメ。

  • 釣り場写真

    駐車場スペースがかなり広くて、足元が安定しているのが魅力的な釣場であるが、徒歩圏内にトイレがないのが弱点である。この釣場のちかくには「新居弁天海釣り公園」が立地しており、ここが人で溢れているときは、こちらの釣場に人が流れてくる印象だ。釣り物はハゼからクロダイなどの中型までの釣りが中心。一番よく釣れると言われているのは、船溜まりの周辺であるが、ここまでいくには「海釣り公園駐車場」から歩かなければならない。やや距離があるので面倒くさい。釣場にいくには浜松駅から国道257号線を経由浜名バイパスを西に進む。新居弁天インターを降りたら右に進む。その次の信号を左に折れたら道なりに進めばOK。この釣場には電車釣行も可能JR新居町駅から国道1号線を弁天町駅まで進んで「新居弁天入り口交差点」まで進みこれを右にまがる。駅から釣場までは歩いて15分ほどだ。

  • 釣り場写真

    新居漁港はトイレが全然ないので女子、子供を連れての釣行には向かない。秋にコウイカの産卵シーズンを迎えるとエギンガーが各地からやってきてせっせとシャクっている姿をよくみかける。エギにはタコが混じってくることもあるらしく、いっそのこととタコを専門に狙う人も多い。この釣り場まで行くには浜松駅から国道257号線を経由して浜名バイパスを西に進み、『新居弁天』ICを降りて右に曲がり、すぐの信号を右へ。ちなみにちかくにJR新居町駅があるので電車釣行も可能である。折りたたみ自転車があるといいだろう。

  • 釣り場写真

    どのT字路でもある程度の釣果が期待できるので人気のある釣場である。一年を通して釣り人が訪れる場所。管理釣り場とあって、足元もしっかりしており、こどもから大人まで色々な層の釣り人が楽しむことができる。ちかくにある海水浴場はカレイがよく釣れることでも知られているが、海水浴場客に開放されている夏場には竿を出さないようにしよう。釣場へは浜松駅から国道257号線を経由、浜名バイパスを西に進む。新居弁天ICをおりたら 右に曲がり、その次の信号を右に曲がると突き当りが海釣り公園駐車場。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP