メバルの釣れる静岡の釣り場

  • 釣り場写真

    下多賀港は、国道のすぐ下に位置する港ではあるが、釣り人の利用できる駐車場が整備されていないので、釣り場としては穴場だ。車で来る釣り人は網代方面へ500mほど離れた小山臨海公園の駐車場を利用するしかない。港内の海底は基本的には砂地で水深は深い所でも5mないくらい。テトラ帯の左側にある沈みテトラは非常に実績が高いのでまずはここを狙ってみよう。周辺施設はほとんどないものと考えてよい。

  • 釣り場写真

    和田木堤防は、開発が進み、いまどき風の海岸が続くなかでも、昔ながらの干物屋さんがところ狭しと立ち並ぶ網代に位置するどこか懐かしさを感じさせてくれる漁港である。湾の奥に位置するので、波風穏やかなのが特徴で、網代駅からもアクセスするのが容易。ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設には、駐車場、トイレがあるが釣具屋が近くにはないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    大崎堤防は、釣り場の多い周辺でもかなり「穴場」で、その存在自体があまり釣り人あいだで知られていない。収容人数は2~3名ほどで、テトラ帯も含めると最大で5名ほど。小場所ながら周囲をゴロタで囲まれているので、魚影が非常に濃いのが特徴。潮どおしが良いので、夏~秋にかけては回遊魚を狙うことができる。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    ハトヤ裏は、釣り人の間では比較的知名度のある釣り場であるが、実際は釣り人が少ないのが特徴。整備される前までは普通の磯場だったので、磯物の魚影が濃い。すぐ沖の方も水深が10mほどあるので、大物狙いにも向いている。周辺施設には駐車場と、トイレがある。近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    赤沢港は、伊豆市の南端に位置する漁港である。漁港とは言っても、一本だけある堤防と、スロープくらいしか見当たらないので、閑散とした印象を受けるだろう。海岸と堤防はゴロタ浜だが沖合のほうは砂地になっている。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    大川港は、伊東市の赤沢から東伊豆市の北側まで5kmにわたってのびているゴロタ浜の中腹辺りに位置する漁港である。港内は広々としていて足場もよく海面も高くないので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    稲取港は、東伊豆エリアでも最大級規模の温泉街に位置する漁港である。周辺の漁港と比べて規模が非常に大きいのが特徴である。足場が非常に安定しており、海面から高さもそこまで高くないので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    見高港は、「今井浜海岸駅」から徒歩で10分足らずというところに位置する漁港でありながら、国道から離れているので落とずれる釣り人は少ない。お手軽な釣り場でありながら、アジの群れが入るとアオリイカが爆釣する魅力的なポイントである。「穴場」といえば「穴場」であるが地元の釣り師が多く訪れるので、いつも空いているわけではない。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    須崎港は、遠洋漁業の基地である。大型の船が多数係留されているので、規模の割りには竿を出でるスペースが少ないのが特徴である。実質的に竿を出すことができるのは、赤島防波堤の港内側、対岸の防波堤とその北側にある護岸の三箇所に限られる。周辺施設には、駐車場、トイレ、釣具店があり、割と充実している。

  • 釣り場写真
    小稲港 エリア:南伊豆

    小稲港は、国道16号線を千石港方面へ通り過ぎて、トンネルを抜けたところにある漁港である。運転していると気付きにくい場所にあるので、釣り人は底まで多くなく、落ち着いて竿を出すことができる。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    本瀬港 エリア:南伊豆

    本瀬港は、南国情緒あふれる湾奥に位置する漁港である。付近に栽培漁業センターが位置しているので、整備された広めの護岸がある。渡し船の出入りする時間以外は船の往来も少ないので、落ち着いて竿を出すこともできる。トイレもばっちり整備されているのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設にはそのほかにも駐車場があるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    石廊崎港 エリア:南伊豆

    石廊崎港は、伊豆半島の最南端にある石廊崎堤防の灯台の入り口にある漁港である。周辺には土産物屋さんが立ち並んでいて、年中多くの観光客が押し寄せる。左右が絶壁になっており、波風にはめっぽう強いのが特徴である。周辺施設には駐車場とトイレがあるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    妻良港 エリア:南伊豆

    妻良港は、南伊豆でも有数の人気を誇る釣り場である。沖磯への渡し船、それからダイビングの基地としても知られている。港は湾の奥に位置しており、さらに2本の消波ブロックが波を防いでくれるので、外海が荒れていても安心して竿を出すことができる。周辺施設には駐車場とトイレがあるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    戸田港 エリア:沼津

    戸田港は、湾の中央部に位置する漁港で、その中心部は水深が40mほどもある。潮通しがよくて釣り物も豊富な釣り場として知られている。整備が行き届いているので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    今切口はめちゃくちゃ魚影の濃い釣り場として知られており、小物から中型の数釣りが楽しめるほか、時期によっては、カンパチの中型なんかも接岸するので、スリリングな魚釣りを楽しむことができる。 釣り場へ行くには浜松駅から国道275号線を経由して浜名バイパスを西へ進む。 新居弁天インターまでこれを降りて、次の信号を右折するとつきあたりが海釣り公園の駐車場である

  • 釣り場写真

    広大な弁天島海浜公園のうち、浜松紫市街地側一帯を指している。ルアー釣り、投げ釣りなんでもござれのナイスな釣り場だ。最近はルアー釣りでマダカを狙う人も増えてきた印象。一年中何かしらの魚が狙えるのでおすすめのフィールドだ。釣り人が利用できる駐車場、トイレが整備されているので、家族連れでも安心して釣行できる。

  • 釣り場写真

    付近はルアーアングラーの間でとても人気の高い釣場である。しかし、駐車スペースがかなり限られている上、最盛期は人でごった返すので、車を停めることがなかなか難しい。最悪路駐することになるが、くれぐれもトラブルにならないように注意してほしい。また、徒歩圏内に釣り人向けに整備されたトイレがないので、必要なものはあらかじめ準備してのぞみたいところである。釣場の近くに知波田駅があるので、これを目指して車をすすめるとよいだろう。

  • 釣り場写真

    この釣場は周辺にホームセンターが立地していたり徒歩圏内にトイレがあるなど、周辺環境が恵まれていて家族連れの釣りにおすすめの釣場である。最近は釣り人のマナーや漁港関係者とのトラブルが問題になったので、マナーをまもって釣行してほしい。釣場までいくには国道257号線を経由して、国道1号線に入り西に進む。「栄町交差点」に入ったら国道301号線に入り共立湖西総合病院手前の信号を東に曲がる。 一番人気のターゲットはサヨリである。サヨリはウキ釣りで一匹一匹丁寧に狙うのが確実であるが、活性の高い時は、サビキ釣りでまとめて狙ってしまうのもがよい。サヨリのほかにはハゼを狙う人も多い印象。このあたりはハゼが集中して棲みついているらしく、数釣りを楽しむのに非常に適している。ハゼはウキ釣りで狙うのがオススメ。

  • 釣り場写真

    駐車場スペースがかなり広くて、足元が安定しているのが魅力的な釣場であるが、徒歩圏内にトイレがないのが弱点である。この釣場のちかくには「新居弁天海釣り公園」が立地しており、ここが人で溢れているときは、こちらの釣場に人が流れてくる印象だ。釣り物はハゼからクロダイなどの中型までの釣りが中心。一番よく釣れると言われているのは、船溜まりの周辺であるが、ここまでいくには「海釣り公園駐車場」から歩かなければならない。やや距離があるので面倒くさい。釣場にいくには浜松駅から国道257号線を経由浜名バイパスを西に進む。新居弁天インターを降りたら右に進む。その次の信号を左に折れたら道なりに進めばOK。この釣場には電車釣行も可能JR新居町駅から国道1号線を弁天町駅まで進んで「新居弁天入り口交差点」まで進みこれを右にまがる。駅から釣場までは歩いて15分ほどだ。

  • 釣り場写真

    新居漁港はトイレが全然ないので女子、子供を連れての釣行には向かない。秋にコウイカの産卵シーズンを迎えるとエギンガーが各地からやってきてせっせとシャクっている姿をよくみかける。エギにはタコが混じってくることもあるらしく、いっそのこととタコを専門に狙う人も多い。この釣り場まで行くには浜松駅から国道257号線を経由して浜名バイパスを西に進み、『新居弁天』ICを降りて右に曲がり、すぐの信号を右へ。ちなみにちかくにJR新居町駅があるので電車釣行も可能である。折りたたみ自転車があるといいだろう。

12

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP