メバルの釣れる石川の釣り場

  • 釣り場写真
    羽根海岸 エリア:能登

    この釣り場は駐車場と釣り座がすぐそばにあって、とっても気軽に魚釣りを楽しめるのが特徴。釣り場はわかりづらいところにあるので、地元民に道を尋ねながら車を走らせるのが良い。近くには海水浴場があり、夏場、日中に竿を出すのは困難。早朝や夕方以降であればキスの好釣場なので、遊び疲れたあとに竿を出してみてほしい。弁天島から北西のポイントはクロダイの放流魚業をやっていることろなので、魚釣りが禁止されている。

  • 釣り場写真
    宇出津港 エリア:能登

    宇出津港(うしつこう)は能登エリアのなかでも非常に規模の大きな港である。家族連れ、ビギナーからベテランまであらゆる層が楽しむことのできる素敵な釣り場である。釣り物は様々で、色々なアプローチで狙うことができる。ポイントは大きく『釣り公園』、『一文字堤防』、『うみとさかなの科学館』、『赤灯台』に分けることができる。場所によってはマイボートを持参して入釣することになる。近くの釣具屋で情報を仕入れてから入釣するのがのぞましい。

  • 釣り場写真

    この釣り場はどちらかというと中級・上級者向けの釣り場である。基本的には磯、岩礁帯に乗って釣をすることにること、海底がゴロタ帯で、溝も入り組んでいて、ある程度の腕が要求されるのが理由である。クロダイに関しては一年中狙うことができるが、定置網漁の周辺では竿を出さないこと。釣り場自体は宇出津の中心から車で10分もないところにあり、太い道路から釣り場が見えるので探しやすい。ただの海岸線だとみなされてしまう傾向があるのか、訪れる人はそこまで多くなく、のんびりと魚釣りをたのしむのに向いている。

  • 釣り場写真
    波並 エリア:能登

    この釣り場は宇出津の中心からは少し離れたところに位置している。基本的には波並港の堤防の周辺で竿を出すことになるので、波止釣りを楽しむ人にはもってこいの釣り場である。海底はゴロタ石が散らばっていたり根が入り組んでいたりするので、変化に富んでおり魚のヨリがよい。沖合にあるブロック堤防にはマイボートで渡ることになるので是非挑戦してほしい。この釣り場はカーナビではなかなか発見しづらいので、見落とさないように車を走らせるのがよい。

  • 釣り場写真

    「矢波・弁天島」は規模の小さなポイントで、訪れる人もそこまで多くはない。隠れ家的な雰囲気の中でのんびりと魚釣りを楽しむのに適している。駐車スペースから車までの距離が近いのが魅力だが、夏場は駐車スペースが港関係者専用のものになるので、駐車できないことがある。その場合は道沿いに車を停めることになるので、周囲には気を配ろう。最寄りのコンビニ、売店まではけっこう距離があるので必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    鵜川漁港 エリア:能登

    地元の釣り人からはクロダイの好釣り場として知られている釣り場。内浦の釣りは1月ごろから食いが渋るようになってくるのだが、この釣り場は2月の末まで魚釣りを楽しめる。クロダイのほかにも「山田川」で釣れるハゼを狙って多くの人がやってくる。釣り場の近くには釣り人が駐車できるスペースがあるが、近くにトイレとコンビニがないので、必要なものはあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    古君 エリア:穴水

    地元の釣り人からは人気のある釣り場であるが、釣り雑誌や釣りサイトではあまり取り上げられることのない釣り場だ。水深は一帯で5~6メートルくらい、春のノッコミの時期になるとクロダイ狙いの釣り人で賑わうようになる。沖堤防へはゴムボートで渡ることが可能である。釣り人が利用できるスペースはいくつかあるが、基本的には道沿いに停めることになるので、周辺には気を配ろう。

  • 釣り場写真
    恵比寿崎 エリア:穴水

    恵比寿崎はゴムボートで入釣するポイントが3つあるのが特徴。クロダイを狙って入釣する人が多い。冬から春にかけては海藻が繁茂するので魚釣りには向かないので釣行を見送るのが吉。釣り場へは穴見町の中心部から国道249号・県道34号を乗り継ぐ。車で20分ほどで到着することができる。季節を問わず駐車場は漁師関係者が利用するものなので、十分に気を配ろう。

  • 釣り場写真
    大甲・小甲 エリア:穴水

    冬が近くなってくると周辺では釣りができなくなるが、ここでは竿を出すことができる。足元から水深が8mくらいあるので、水温が安定しているためだと思われる。基本的には遠投が前提の釣り場。ビギナーには少々厳しいのでベテランに道伴してもらたほうがよい。そうでなくてもアイナメがうようよいるのでそれを狙うのもアリ。車から釣り座までは歩いていくことになるのでなるべく軽装でのぞむこと。

  • 釣り場写真
    宗崎・袖崎 エリア:穴水

    前方は海、背後には水田、そして森が水田を囲んでいる。そんなのどかな環境で魚釣りを楽しみたい人にはおすすめの釣り場である。基本的にはクロダイ狙いで訪れる人がほとんどであるが、アイナメ釣りでも有名なポイントなので家族連れの釣り客でも十分の楽しむことができる。

  • 釣り場写真
    鹿波 エリア:穴水

    この釣り場は穴水町の中心部から車で15分ほどの場所に位置している。国道249号線・県道34号線に乗ると便利だ。県道沿いはおすすめの釣り座で、この周辺では車からほどちかいところで竿を出すことができるのでかなり便利。県道から『カマエ鼻』までは細い道が続くが、ここは普通車の通行が不可能なので車を降りて移動すること。ちなみに軽自動車は通行可能である。釣り場から徒歩圏内にコンビニなどがないので飲食物など必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    「穴水湾 野々木鼻」ポイントといえば穴見町エリアを代表するポイントで、腕利きのベテランたちが足を運ぶようなポイントである。クロダイが越冬するポイントで、冬でもクロダイ釣りが楽しめるポイントだ。周辺はアジ、カサゴなどの小物も多く、飽きること無く魚釣りを楽しむことができる。駐車場から歩いて行くことも可能。岬の左側は徒歩では入釣出来ないので渡船を利用して入る。

  • 釣り場写真

    この釣り場は穴水町の中心から車で5分ほどの場所に位置している。車を走らせればすぐのところにコンビニがあるので便利だが、釣り場の近くには釣り人向けに整備された駐車場がないので、地元民に確認して駐車をするのがよい。この釣り場は渡船業者がいるので、渡船を利用した場合は早めにアポをとっておくことをおすすめする。

  • 釣り場写真

    この釣り場は大きな道路から外れた場所に位置しているので、訪れる人が釣り人が少ないのが特徴。穴場的な雰囲気の中で魚釣りを楽しむのに適している。駐車場は漁師関係者の方々のために整備されているので、駐車の際は配慮すること。また、近くに金沢工業大学の敷地があるが、ここも立ち入りが制限されている。

  • 釣り場写真

    近くにヒラメとクロダイの中間育成施設があるためか、大型魚が付近を回遊してるのが度々目撃されている。また沖合にはイカダが設置されており、ここでイカダ釣りが楽しめるので機会があったら是非利用したい。釣り場は穴見町の中心から車で15分ほど。国道249号線から一般道を利用して入る。

  • 釣り場写真
    根木 エリア:穴水

    海岸線沿いに車を停めて、そのすぐ横で竿を出すことができる釣り場だ。足元も悪くないのでビギナーや家族連れでの釣行も安心である。周辺は海藻が繁茂するので、ライントラブルが起こりがち、なるべく海藻帯とそうでないところの境目を狙うようにしよう。周辺に民家は無いが、漁業関係施設が多く、関係者の出入りも激しいので周辺には配慮すること。釣り場へは穴見町の中心部から国道249号線を根木方面へ15分ほど走ったところにある。

  • 釣り場写真
    釜鼻 エリア:七尾

    海岸線沿い一体が釣り座になる。ビギナーからベテランまで色々な層の釣り人が足を運ぶ人気の釣り場である。釣り場の近くには釣り人が利用できる駐車スペースが二箇所あるので便利だが、道路沿いに駐車することになるので十分に配慮、注意すること。またコンビニが徒歩圏内になく、トイレも設置されていないのであらかじめ必要な準備をしてのぞみたい。カーナビでこの釣り場を目指すなら能登鹿島駅を目指すのがよい。穴水町の中心部から国道249号線を七尾方面へ車で20分ほど走らせたところにある。

  • 釣り場写真
    西岸 エリア:七尾

    車が横付けできる素敵な釣り場で、休みの日にのんびりと魚釣りを楽しむのに向いている。この釣り場へは穴水町中心部から国道249号線を七尾方面へむかう。釣り場の近くに釣り人が利用できる駐車スペースある。また「フィッシングやどかり」という釣具屋もあるの非常に便利だ。カーナビでこの釣り場を目指すときは「西岸駅」で検索をかけるとよいだろう。

  • 釣り場写真
    長浦 エリア:七尾

    長瀬は「ツインブリッジのと」と呼ばれる橋の「中島」よりにある釣り場。地元の釣り人から人気のある釣り場で、消波ブロックの切れ目からシロギスを狙う人が多い。水深が深くて水温が安定しているので、シロギスファンにとってはうれしい釣り場だ。この釣り場へ行くには「中島」の中心部から国道249号線にのって、ツインブリッジ交差点を能登方面は車で10分ほど走ったところにある。釣り人が利用できる駐車スペースがあって便利だが、トイレ、コンビニが近くにないので必要な準備はあらかじめしていきたい。

  • 釣り場写真

    この釣り場は「ツインブリッジのと」から能登島側の立脚部分から漁港にかけてが釣り座になる。昔から人気の高い釣り場で一時期は場荒れによって魚がスレてしまい、人気が急落したものの、最近はもちなおしている。投げ釣りとうき釣りで楽しむのに適している。足場がいいので、ビギナーにおすすめしたいところだが、海底はかなり複雑で、中級者以上だと安心して釣りを楽しむことができるだろう。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP