キジハタの釣れる新潟の釣り場

  • 釣り場写真

    親不知インター下は、長大な消波堤ブロック帯が続く釣り場だ。全体が釣り座になるが、潮の満引きをうまく利用することが重要になってくる。潮の流れをよく読んでコマセを効果的に使おう。クロダイとアオリイカ狙いの釣り客が多い。周辺施設には駐車場と釣具店がある。

  • 釣り場写真
    親不知港 エリア:糸魚川

    親不知港は、かつては普通の漁港であったが、最近の改修工事で規模が大きくなり、アクセスも容易になった。海底は岩礁帯、砂地、沈み根が混在するような地形になっており、釣り物が豊富な釣り場だ。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店があり、充実している。

  • 釣り場写真
    須沢海岸 エリア:糸魚川

    須沢海岸は、砂利混じりの砂浜で、嬉しい外道がよくヒットする人気のフィールド。投げ釣りでは、何がヒットするのかわからないので、ドキドキ感を味わうことができる。シロギスの実績も高い釣り場だが、様々なフィッシュイーターが潜んでいることでも知られている。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真
    海川河口 エリア:糸魚川

    海川河口は、スズキとクロダイの実績が高いフィールドである。初夏になるとアユの稚魚が遡上してくるので、スズキがさかんに水面でバイトする。そのほかにもカイユウギョや各種フィッシュイーターが潜んでいるので、スリリングな釣り場だ。一年を通じて釣りを楽しむことができる。周辺施設には駐車場と釣具店がある。

  • 釣り場写真

    田伏~梶屋敷は、海岸沿いのテトラがぎっしり敷き詰められており、これが魚の居付きがかなりよい。電車でのアクセスも容易で、駅から10分も歩けば入釣することができる。周辺施設には駐車場と釣具店がある。駐車スペールが少ないので迷惑駐車をしないよう留意していただきたい。

  • 釣り場写真
    能生港 エリア:糸魚川

    能生港は、大小さまざまな規模の堤防が突き出している港で、港内の足場も安定しており、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。通年で釣り人が押し寄せる好場所である。ちかくに海産物を販売している場所があるので、足を運んでみるのも良いだろう。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真
    名立港 エリア:上越

    名立港は、海底が岩礁帯になっており様々な釣り物が潜んでいる。釣り場としての魅力も高いが周辺には道の駅やレジャースポットなどが立地しており、納竿してからも十分に楽しむことができる。現在は改修工事のため、多くの部分が立入禁止になっている。駐車場脇のテトラ帯で竿を出すことができるのが救いだ。

  • 釣り場写真

    新潟港は西港区と東港区のふたつに大別されるが、新潟西港は西港区にあたる。大規模な漁港で、かつてはどこでも竿を出すことができたのだが、2004年にSOLAS条約(海上における人名の安全のための国際条約)が改定されたことにより、竿を出せる場所が少なくなってしまった。実に豊富なターゲットに恵まれており、いろいろな釣法を楽しむことができる。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    新潟西港にある新突堤は全長3kmにおよぶ長大な「西突堤」にの延長にある離岸堤である。もともと西突堤自体は自由に出入りすることができたのだが、近年は立入りが制限されている。離岸堤である新突堤へは渡し船を利用して入釣することになる。駐車場は利用できる。

  • 釣り場写真

    新潟西港にある新々突堤は全長3kmにおよぶ長大な「西突堤」にの延長にある離岸堤で、「新突堤」の先にある離岸堤だ。釣り物は「新突堤」とほとんど被っていいる。どちらかといえば、ルアーフィッシングに分があるようだ。離岸堤である新突堤へは渡し船を利用して入釣することになる。駐車場は利用できる。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP