マダコの釣れる新潟の釣り場

  • 釣り場写真
    松ヶ崎 エリア:柏崎

    松ヶ崎は、水深がある磯場で、潮が澄みきっていても釣りになる。東北は冬場の西風(季節風)が釣りの妨げになるが、このポイントは西風に強いのが特徴である。年中足元が滑りやすので、スパイクブーツの着用は必須。また、崩れかけの岩もなかにはあるので注が必要。周辺には駐車場がある。

  • 釣り場写真

    出雲崎港は、新潟県の釣り場としては珍しく、海底が岩盤で構成されている。浅瀬が沖合のほうまで続いており、消波ブロックがきちんと整備されているので、港は波の高い日でも安心して竿を出すことができる。周辺には駐車場とトイレがある。

  • 釣り場写真

    寺泊港は、周辺では最大級の釣り場で、釣り物の豊富さもピカイチである。岩盤、砂地、堤防などのポイントに恵まれており、竿を出せる場所がたくさんある。沖合には「一文字堤防」と呼ばれる有名なハナレの堤防があるが、渡し船業者が居ないので、マイボートで渡るしかない。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    佐渡島は、島内に50以上の港があり、どこからでも竿を出すことができる。魚種の豊富さもピカイチである。混雑によって竿を出せないということがない。日本海の寒流と暖流がぶつかり合う「潮目」になっているので、実に優秀な好漁場である。島内の移動は路線バスか徒歩に限られるので、入念に下調べをする必要がある。宿の人に頼めば食事も車も手配してくれるだろう。

  • 釣り場写真
    粟島 エリア:佐渡・粟島

    粟島は、様々な形をした岩が連なる魅力的な釣り場である。日本海の荒波に削られた地形をしているので、ほとんどの場合渡し船を利用することになる。カーフェリーは運行していないので、島内を移動するための車、それから食事は宿に任せるとよいだろう。

  • 釣り場写真

    間瀬港は、堤防がいくつか突き出している釣り場である。小さな川の流れ込みがあり、クロダイやスズキの魚影が濃い。堤防の沖側はテトラが敷き詰められており、足場が安定しないので注意が必要。地元の釣り人にとても人気が高いので、駐車するスペースを確保するのが大変である。周辺には駐車場のほかにトイレがある。

  • 釣り場写真

    新潟港は西港区と東港区のふたつに大別されるが、新潟西港は西港区にあたる。大規模な漁港で、かつてはどこでも竿を出すことができたのだが、2004年にSOLAS条約(海上における人名の安全のための国際条約)が改定されたことにより、竿を出せる場所が少なくなってしまった。実に豊富なターゲットに恵まれており、いろいろな釣法を楽しむことができる。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    新潟西港にある新突堤は全長3kmにおよぶ長大な「西突堤」にの延長にある離岸堤である。もともと西突堤自体は自由に出入りすることができたのだが、近年は立入りが制限されている。離岸堤である新突堤へは渡し船を利用して入釣することになる。駐車場は利用できる。

  • 釣り場写真

    新潟西港にある新々突堤は全長3kmにおよぶ長大な「西突堤」にの延長にある離岸堤で、「新突堤」の先にある離岸堤だ。釣り物は「新突堤」とほとんど被っていいる。どちらかといえば、ルアーフィッシングに分があるようだ。離岸堤である新突堤へは渡し船を利用して入釣することになる。駐車場は利用できる。

  • 釣り場写真

    新潟東港は、日本で最長の河川、信濃川のちかくにつくられた港だ。規模は大きいものの、近年信濃川によって運ばれた土砂などが堆積し、水深が浅いところが増えてしまった。また2004年のSOLAS条約の改定により立入りが禁止されている場所が増えてしまった。トラブルのないように注意したい。

  • 釣り場写真

    新潟東港の第2東防波堤は、近くにある東北電力の東新潟火力発電所の岸壁からのびる堤防である。もともと釣り人の間では「北突堤」の名前で親しまれていた釣り場であったが、SOLAS条約の改定などの影響で全面立ち入り禁止区域になった。しかし、安全に魚釣りを楽しんでもらいたいと考えた地元釣り人や釣りの新興団体が行政に働きかけて開放を実現したという素敵な経緯がある。周辺には駐車場とトイレがある。

  • 釣り場写真

    野潟海岸は、かつて釣り堀があったところで竿を出すことになる。海底は岩場になっていて、色々な魚が居着いている。近くには廃校があり、その隣にキャンプ場として開放されっている場所があるので、夏場はレジャー客が多く押し寄せる。周辺には駐車場とトイレがある。

  • 釣り場写真
    吉浦 エリア:胎内・村上

    吉浦は、海底が基本的に砂地で、ところどころ岩礁が入り混じる。奥行きのない浜なので、海が荒れると足元が簡単にびしょびしょになってしまう。海が荒れてきたら素直に撤退したほうがよいだろう。近くには駐車場があるが、駐車できるスペースが多くないのが難点だ。

  • 釣り場写真

    早川海岸は、ひっそりとした海岸で訪れる釣り人が少なく、場荒れしていないのが特徴。穴場の釣り場として魅力がある。有名な釣り場がひしめく一帯の中では地味な存在かもしれない。この海岸も吉浦と同じで、荒れている日は簡単に波を被ってしまうので注意が必要。周辺には駐車場がある。

  • 釣り場写真
    馬下 エリア:胎内・村上

    馬下は、谷無川の流れこみがあるので、この周辺の魚影が濃い。この海岸は岩場と砂浜が交互に入り交じり、沖のほうにはテトラ帯とハナレの磯がある。全体的に魚影が濃いことで知られており、数多くの釣り人が押し寄せる。付近には駐車場もトイレもない。必要なものはあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    中浜港は、周囲を岩礁帯に囲まれた小さな漁港である。根魚の魚影が非常に濃い釣り場で、小物から大物まで老若男女が釣りを楽しむことができる。ただし場所によっては人が一人通るのがやっとな堤防もあるので、十分に注意する必要がある。周辺員は駐車場とトイレがある。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP