マダイの釣れる新潟の釣り場

  • 釣り場写真
    市振港 エリア:糸魚川

    市振港は、小規模の漁港でありながら、ターゲットが豊富で多彩な釣りを楽しめる好場所だ。釣り場の東側一帯は海水浴場になっていて、夏期はキャンプをすることもできる。波打ち際から沖合30~40メートルあたりは海底が岩礁帯になっているので、投げ釣りをする場合は根掛りに注意。付近には駐車場とトイレがある。釣具店が近くにないのであらかじめ準備していくこと。

  • 釣り場写真

    親不知海岸は、断崖が背後に続く海岸で、入釣難易度が非常に高く、かなりの急坂を下りていかなければならない。場荒れが皆無で、磯物の魚を狙うにはかなりの好場所である。荷物は最小限にしておく必要がある。周辺施設には駐車場とトイレ、釣具店があり、充実している。

  • 釣り場写真

    船見公園周辺は、砂浜やテトラなどが釣り座になる。沖にもテトラ堤が点在している。魚に良好な隠れ家を提供している。冬は積雪で釣りにならない。釣り場の右側には関川の河口があるが足場となる肝心の突堤が立入禁止になっている。周辺施設には駐車場とトイレがある。

  • 釣り場写真
    大潟港 エリア:上越

    大潟港は、砂浜の上に作られた漁港である。規模は小さく、また水深が浅い。ぱっとみ条件は悪いがぶっこみ釣りでマダイの実績が高く、夏場の回遊魚を狙って訪れる釣り人も少なくない。マダイは夜釣りが前提になるが、堤防の先端は海藻が茂っていて、足場が非常にわるい。日が暮れる前に足元を入念に調べておくのがよいだろう。周辺施設には駐車場とコンビニ、釣具店などがある。

  • 釣り場写真
    松ヶ崎 エリア:柏崎

    松ヶ崎は、水深がある磯場で、潮が澄みきっていても釣りになる。東北は冬場の西風(季節風)が釣りの妨げになるが、このポイントは西風に強いのが特徴である。年中足元が滑りやすので、スパイクブーツの着用は必須。また、崩れかけの岩もなかにはあるので注が必要。周辺には駐車場がある。

  • 釣り場写真

    寺泊港は、周辺では最大級の釣り場で、釣り物の豊富さもピカイチである。岩盤、砂地、堤防などのポイントに恵まれており、竿を出せる場所がたくさんある。沖合には「一文字堤防」と呼ばれる有名なハナレの堤防があるが、渡し船業者が居ないので、マイボートで渡るしかない。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    佐渡島は、島内に50以上の港があり、どこからでも竿を出すことができる。魚種の豊富さもピカイチである。混雑によって竿を出せないということがない。日本海の寒流と暖流がぶつかり合う「潮目」になっているので、実に優秀な好漁場である。島内の移動は路線バスか徒歩に限られるので、入念に下調べをする必要がある。宿の人に頼めば食事も車も手配してくれるだろう。

  • 釣り場写真
    粟島 エリア:佐渡・粟島

    粟島は、様々な形をした岩が連なる魅力的な釣り場である。日本海の荒波に削られた地形をしているので、ほとんどの場合渡し船を利用することになる。カーフェリーは運行していないので、島内を移動するための車、それから食事は宿に任せるとよいだろう。

  • 釣り場写真

    新潟港は西港区と東港区のふたつに大別されるが、新潟西港は西港区にあたる。大規模な漁港で、かつてはどこでも竿を出すことができたのだが、2004年にSOLAS条約(海上における人名の安全のための国際条約)が改定されたことにより、竿を出せる場所が少なくなってしまった。実に豊富なターゲットに恵まれており、いろいろな釣法を楽しむことができる。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    新潟西港にある「L字堤防」は、常に多くの釣人が入釣している。堤防のまわりはテトラが敷き詰められているので、魚を取り込むときは十分に注意する必要がある。護岸全体でアオリイカを狙うことができるので、エギンガーの数はとても多い。潮が澄んでいるときは釣果が期待できないので、遠投すると釣果が安定する。堤防全体でアジとアオリイカが狙える。付近には駐車場とトイレがある。

  • 釣り場写真

    新潟西港にある新突堤は全長3kmにおよぶ長大な「西突堤」にの延長にある離岸堤である。もともと西突堤自体は自由に出入りすることができたのだが、近年は立入りが制限されている。離岸堤である新突堤へは渡し船を利用して入釣することになる。駐車場は利用できる。

  • 釣り場写真

    新潟西港にある新々突堤は全長3kmにおよぶ長大な「西突堤」にの延長にある離岸堤で、「新突堤」の先にある離岸堤だ。釣り物は「新突堤」とほとんど被っていいる。どちらかといえば、ルアーフィッシングに分があるようだ。離岸堤である新突堤へは渡し船を利用して入釣することになる。駐車場は利用できる。

  • 釣り場写真

    蓬莱山は、奇妙な形をした「岩」のようにも見えるが、れっきとした「山」である。入釣経路にはアップダウンの激しい磯歩きをセねばならないので、必要なものをコンパクトにまとめて入釣したい。水深はそこまで深くないが、海面に対して足場が低い位置にあるので、荒れている日は釣行を控えること。

  • 釣り場写真
    狐崎 エリア:胎内・村上

    狐崎は、「笹川の流れ」の北側に広がる岩礁帯に位置する岬の釣り場である。岬の根本にはキャンプ場があり、夏期に限り駐車場が開放されている。本格的な磯釣りを楽しめる釣り座は磯の先端部分に限られる。入釣難易度が高く、ベテラン向きである。付近には駐車場がある。

  • 釣り場写真

    寝屋港はクロダイの魚影が非常に濃いことで知られている港で県内外から多くの釣人が訪れる。週末の駐車場でナンバープレートをチェックすると、この釣り場の人気の高さがうかがえる。周辺には駐車場とトイレがある。

  • 釣り場写真

    大崎山は、新潟を代表する本格的な地磯である。磯場のすぐ近くまで車を寄せることができるのが魅力である。磯場の先端へは15分ほど歩けば到着する。入釣経路はアップダウンは激しく、磯歩きに慣れていない人にはあまりいおすすめできない。周辺には駐車場がある。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP