カサゴの釣れる新潟の釣り場

  • 釣り場写真
    親不知港 エリア:糸魚川

    親不知港は、かつては普通の漁港であったが、最近の改修工事で規模が大きくなり、アクセスも容易になった。海底は岩礁帯、砂地、沈み根が混在するような地形になっており、釣り物が豊富な釣り場だ。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店があり、充実している。

  • 釣り場写真

    青海川河口は、淡水と海水が入り混じる汽水域で多彩な釣法を楽しめる好場所だ。海底は複雑に変化しており、各種フィッシュイーターが棲み着いている。アクセスしやすいのも魅力で、駅から徒歩で5分くらいで入釣できる。周辺施設には駐車場と釣具店がある。

  • 釣り場写真
    海川河口 エリア:糸魚川

    海川河口は、スズキとクロダイの実績が高いフィールドである。初夏になるとアユの稚魚が遡上してくるので、スズキがさかんに水面でバイトする。そのほかにもカイユウギョや各種フィッシュイーターが潜んでいるので、スリリングな釣り場だ。一年を通じて釣りを楽しむことができる。周辺施設には駐車場と釣具店がある。

  • 釣り場写真
    鬼伏港 エリア:糸魚川

    鬼伏港は、規模の小さい漁港で、小さめの堤防が釣り座になる。大物のイシダイがたびたび目撃されることで知られている。周囲には姫川港、能生港などの人気の釣り場あるので、訪れる人は少なく、穴場の釣り場だ。駐車場、トイレなどが近くにないので、迷惑駐車などのマナー違反には気をつけてほしい。

  • 釣り場写真

    脳弁天岩は、橋で渡ることのできる観光名所でありながら、良好な磯釣り場でもある。沖磯がいくつかあるのだが、渡し船業者が居ないのがキズだ。島全体はゴツゴツとしていて、歩くのに少々苦労する。荷物は必要最低限に留め、コンパクトにまとめたい。秋口になると回遊魚も入ってくるので、スリリングなファイトを楽しむことができる。周辺施設には駐車場、トイレがある。

  • 釣り場写真
    名立港 エリア:上越

    名立港は、海底が岩礁帯になっており様々な釣り物が潜んでいる。釣り場としての魅力も高いが周辺には道の駅やレジャースポットなどが立地しており、納竿してからも十分に楽しむことができる。現在は改修工事のため、多くの部分が立入禁止になっている。駐車場脇のテトラ帯で竿を出すことができるのが救いだ。

  • 釣り場写真
    谷浜 エリア:上越

    谷浜は、砂浜とテトラが釣り座にかつては沖に置かれていたテトラ堤が、陸続きになり、釣り場としてのポテンシャルがぐんと高まった。釣り場全体は砂地になっているので、昼間の釣果はそこまで期待できないが、夜釣りでは思わぬ大物に恵まれることも。テトラまわりでは安定してロックフィッシュが釣れる。夏場は海水浴場になるので、周囲には十分注意したい。付近には駐車場とコンビニがあり、充実している。

  • 釣り場写真

    船見公園周辺は、砂浜やテトラなどが釣り座になる。沖にもテトラ堤が点在している。魚に良好な隠れ家を提供している。冬は積雪で釣りにならない。釣り場の右側には関川の河口があるが足場となる肝心の突堤が立入禁止になっている。周辺施設には駐車場とトイレがある。

  • 釣り場写真
    米山海岸 エリア:柏崎

    米山海岸は、シロギスの好漁場として有名である。全体的に水深が浅く、濁りがあまり入らいないのが特徴。ヒラメやマゴチなどのフィッシュイーターの魚影が濃いので、ルアーマンが多く訪れる。シロギスの最盛期には、半日で十分な釣果が得られる日もある。周辺施設には駐車場とトイレがある。

  • 釣り場写真
    上輪海岸 エリア:柏崎

    上輪海岸は、周辺のサーフポイントでは規模の小さな釣り場である。海底は基本的には砂地であるが、岩礁が点在しており、変化があるのが特徴。沖合130メートルほどの場所にある岩場の周辺は根掛りの多発するポイントだ。周辺施設には駐車場、トイレがあり充実している。

  • 釣り場写真
    松ヶ崎 エリア:柏崎

    松ヶ崎は、水深がある磯場で、潮が澄みきっていても釣りになる。東北は冬場の西風(季節風)が釣りの妨げになるが、このポイントは西風に強いのが特徴である。年中足元が滑りやすので、スパイクブーツの着用は必須。また、崩れかけの岩もなかにはあるので注が必要。周辺には駐車場がある。

  • 釣り場写真
    鯨波港 エリア:柏崎

    鯨波港は、規模の小さな漁港であるが、堤防、磯、砂浜などのポイントが混在しており、アクセントに富んでいる。入釣するには急な坂を下りる必要があるので、留意しておきたい。夏場は海水浴場として開放されるので、この期間中は釣りにならないとみなしてよいだろう。周辺には駐車場、トイレがある。

  • 釣り場写真

    石地フィッシングセンターは、砂浜からのびる桟橋の先に釣り場が設けられた海釣り施設である。砂浜のほかにも、磯場、沖テトラなどがあり、ポイントに恵まれている。海面に対して足場が高く設計されているので、波の高い日でも安心して竿を出すことができる。周辺施設には駐車場、トイレなどがある。海釣り施設なので、手ぶらで訪れても問題ない。

  • 釣り場写真
    石地港 エリア:柏崎

    石地港は、静かな港である。訪れる釣り客も少ないので、のんびりと釣りを楽しみたい人にはおすすめの釣り場だ。ほかの場所で竿を出せない日は、この釣り場に逃げてみるのも手である。港内は海底に海藻が生い茂っているので魚の隠れ家になっているが、根掛りも瀕発する。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。頻繁に根掛りするが魚影は濃い。周辺には駐車場とトイレがある。

  • 釣り場写真

    佐渡島は、島内に50以上の港があり、どこからでも竿を出すことができる。魚種の豊富さもピカイチである。混雑によって竿を出せないということがない。日本海の寒流と暖流がぶつかり合う「潮目」になっているので、実に優秀な好漁場である。島内の移動は路線バスか徒歩に限られるので、入念に下調べをする必要がある。宿の人に頼めば食事も車も手配してくれるだろう。

  • 釣り場写真
    粟島 エリア:佐渡・粟島

    粟島は、様々な形をした岩が連なる魅力的な釣り場である。日本海の荒波に削られた地形をしているので、ほとんどの場合渡し船を利用することになる。カーフェリーは運行していないので、島内を移動するための車、それから食事は宿に任せるとよいだろう。

  • 釣り場写真

    巻港は砂浜から3本の堤防がのびている形をした漁港である。堤防は幅が大きく設計されていて、かなり足場が安定している。漁港としての規模は小さいが、釣り座の確保に四苦八苦することはないだろう。周辺には駐車場がある。駐車場から釣り場までの距離が近いので、ファミリーフィッシング向けの釣り場として人気が高い。

  • 釣り場写真

    新川港は、最近拡張工事が完了し、釣り場としての規模も大きくなり同時にアクセスもよくなった。地元の釣り人には人気が高い釣り場だが、知名度はそこまで高くない。釣り座の確保が容易なうえに穴場であるという魅力的な釣り場である。海底は概ね砂地で、水深は3メートルほどしかない。周辺には駐車場とコンビニがある。

  • 釣り場写真

    関屋分水河口は、日本で最も長い河川である信濃川の分水路である。川岸はテトラが敷き詰められており、この周辺に多くの魚が居着いている。おおむね砂地の釣り場で、水深も深くて3メートルほどであるが、海面に対して足場が低いので、場所によっては波を被りやすい。周辺には駐車場とトイレがある。

  • 釣り場写真

    日和浜突堤は、砂浜から数本突き出した突堤が釣り座になる。釣りが制限されている突堤はなく、安全策が整備されているので、家族釣れでも安心して釣りを楽しむことができる魅力的な釣り場である。周辺には駐車場とトイレがある。

123

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP