マゴチの釣れる新潟の釣り場

  • 釣り場写真
    親不知港 エリア:糸魚川

    親不知港は、かつては普通の漁港であったが、最近の改修工事で規模が大きくなり、アクセスも容易になった。海底は岩礁帯、砂地、沈み根が混在するような地形になっており、釣り物が豊富な釣り場だ。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店があり、充実している。

  • 釣り場写真

    青海川河口は、淡水と海水が入り混じる汽水域で多彩な釣法を楽しめる好場所だ。海底は複雑に変化しており、各種フィッシュイーターが棲み着いている。アクセスしやすいのも魅力で、駅から徒歩で5分くらいで入釣できる。周辺施設には駐車場と釣具店がある。

  • 釣り場写真
    須沢海岸 エリア:糸魚川

    須沢海岸は、砂利混じりの砂浜で、嬉しい外道がよくヒットする人気のフィールド。投げ釣りでは、何がヒットするのかわからないので、ドキドキ感を味わうことができる。シロギスの実績も高い釣り場だが、様々なフィッシュイーターが潜んでいることでも知られている。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    田伏~梶屋敷は、海岸沿いのテトラがぎっしり敷き詰められており、これが魚の居付きがかなりよい。電車でのアクセスも容易で、駅から10分も歩けば入釣することができる。周辺施設には駐車場と釣具店がある。駐車スペールが少ないので迷惑駐車をしないよう留意していただきたい。

  • 釣り場写真
    鬼伏港 エリア:糸魚川

    鬼伏港は、規模の小さい漁港で、小さめの堤防が釣り座になる。大物のイシダイがたびたび目撃されることで知られている。周囲には姫川港、能生港などの人気の釣り場あるので、訪れる人は少なく、穴場の釣り場だ。駐車場、トイレなどが近くにないので、迷惑駐車などのマナー違反には気をつけてほしい。

  • 釣り場写真

    脳弁天岩は、橋で渡ることのできる観光名所でありながら、良好な磯釣り場でもある。沖磯がいくつかあるのだが、渡し船業者が居ないのがキズだ。島全体はゴツゴツとしていて、歩くのに少々苦労する。荷物は必要最低限に留め、コンパクトにまとめたい。秋口になると回遊魚も入ってくるので、スリリングなファイトを楽しむことができる。周辺施設には駐車場、トイレがある。

  • 釣り場写真

    佐渡島は、島内に50以上の港があり、どこからでも竿を出すことができる。魚種の豊富さもピカイチである。混雑によって竿を出せないということがない。日本海の寒流と暖流がぶつかり合う「潮目」になっているので、実に優秀な好漁場である。島内の移動は路線バスか徒歩に限られるので、入念に下調べをする必要がある。宿の人に頼めば食事も車も手配してくれるだろう。

  • 釣り場写真
    粟島 エリア:佐渡・粟島

    粟島は、様々な形をした岩が連なる魅力的な釣り場である。日本海の荒波に削られた地形をしているので、ほとんどの場合渡し船を利用することになる。カーフェリーは運行していないので、島内を移動するための車、それから食事は宿に任せるとよいだろう。

  • 釣り場写真

    獅子ヶ鼻は、岩場の釣り場であるが、海底は砂地である。かつては長時間歩いて入釣する必要があったが、最近の道路工事で、釣り場のすぐ近くまで車を寄せることができるようになった。すぐ沖合のほうは急激に水深が深まるので、大物が狙える。投げ釣り師には人気が高い。ちかくには駐車場がある。

  • 釣り場写真

    田ノ浦海岸周辺は、海水浴場として人気の高い田ノ浦海岸を囲むようにして立地している釣り場である。沖合のほうまで浅瀬が続くサーフで、シロギスなどの好釣り場である。海水浴場が近くにあるだけあって、トイレや手洗い場があり、キャンプをしながら釣りを楽しむこともできる。波に弱いという難点があるので、海が荒れている日は釣行を控えるべきである。

  • 釣り場写真

    府屋海岸は、国道からすぐ近くにある釣り場であるが訪れる人は少ない。この海岸は全長がおよそ5kmほどあり、中腹辺りに府屋大川の流れこみがある。この周辺にスズキやマゴチなどのフィッシュイーターが影を潜めている。たまにウェーダーを着用してガンガン攻めている釣り人も見かける。周辺には駐車場とトイレがある。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP