イシダイ(シマダイ)の釣れる新潟の釣り場

  • 釣り場写真

    親不知海岸は、断崖が背後に続く海岸で、入釣難易度が非常に高く、かなりの急坂を下りていかなければならない。場荒れが皆無で、磯物の魚を狙うにはかなりの好場所である。荷物は最小限にしておく必要がある。周辺施設には駐車場とトイレ、釣具店があり、充実している。

  • 釣り場写真
    親不知港 エリア:糸魚川

    親不知港は、かつては普通の漁港であったが、最近の改修工事で規模が大きくなり、アクセスも容易になった。海底は岩礁帯、砂地、沈み根が混在するような地形になっており、釣り物が豊富な釣り場だ。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店があり、充実している。

  • 釣り場写真
    鬼伏港 エリア:糸魚川

    鬼伏港は、規模の小さい漁港で、小さめの堤防が釣り座になる。大物のイシダイがたびたび目撃されることで知られている。周囲には姫川港、能生港などの人気の釣り場あるので、訪れる人は少なく、穴場の釣り場だ。駐車場、トイレなどが近くにないので、迷惑駐車などのマナー違反には気をつけてほしい。

  • 釣り場写真
    能生港 エリア:糸魚川

    能生港は、大小さまざまな規模の堤防が突き出している港で、港内の足場も安定しており、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。通年で釣り人が押し寄せる好場所である。ちかくに海産物を販売している場所があるので、足を運んでみるのも良いだろう。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真
    筒石港 エリア:糸魚川

    筒石港は、変化に富んだフィールドで、消波堤ブロックや磯場、護岸、テトラなどがある。クロダイ、メジナ、イシダイ、などの人気の磯魚の実績が高い。海面に対して足場が低いので波の高い日は注意が必要。周辺施設には駐車場、トイレがある。駐車場は夏期(7月~8月)のみ有料で普通車は1000円の利用料がかかる。

  • 釣り場写真
    名立港 エリア:上越

    名立港は、海底が岩礁帯になっており様々な釣り物が潜んでいる。釣り場としての魅力も高いが周辺には道の駅やレジャースポットなどが立地しており、納竿してからも十分に楽しむことができる。現在は改修工事のため、多くの部分が立入禁止になっている。駐車場脇のテトラ帯で竿を出すことができるのが救いだ。

  • 釣り場写真
    有間川港 エリア:上越

    有間川港は、船釣りの拠点として有名な漁港。規模は小さめで、全体的に水深が浅く、釣り物がそこまで豊富でないものの、西風にはめっぽう強いのが魅力。周辺施設には駐車場、トイレがある。船の往来には十分に注意すること。

  • 釣り場写真

    上越市海洋フィッシングセンターは、沖に付き出した桟橋である。桟橋の付け根の砂浜は海水浴場として開放されている。桟橋の途中にある島はかつてイケスがあったのだが、現在は利用されておらず、子どもたちに人気の磯遊び場所になっている。周辺施設には駐車場とトイレがある。施設側が主催するキャンプやフィッシングイベントがあるので、定期的にチェックしたい。

  • 釣り場写真

    出雲崎港は、新潟県の釣り場としては珍しく、海底が岩盤で構成されている。浅瀬が沖合のほうまで続いており、消波ブロックがきちんと整備されているので、港は波の高い日でも安心して竿を出すことができる。周辺には駐車場とトイレがある。

  • 釣り場写真

    寺泊港は、周辺では最大級の釣り場で、釣り物の豊富さもピカイチである。岩盤、砂地、堤防などのポイントに恵まれており、竿を出せる場所がたくさんある。沖合には「一文字堤防」と呼ばれる有名なハナレの堤防があるが、渡し船業者が居ないので、マイボートで渡るしかない。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    佐渡島は、島内に50以上の港があり、どこからでも竿を出すことができる。魚種の豊富さもピカイチである。混雑によって竿を出せないということがない。日本海の寒流と暖流がぶつかり合う「潮目」になっているので、実に優秀な好漁場である。島内の移動は路線バスか徒歩に限られるので、入念に下調べをする必要がある。宿の人に頼めば食事も車も手配してくれるだろう。

  • 釣り場写真
    粟島 エリア:佐渡・粟島

    粟島は、様々な形をした岩が連なる魅力的な釣り場である。日本海の荒波に削られた地形をしているので、ほとんどの場合渡し船を利用することになる。カーフェリーは運行していないので、島内を移動するための車、それから食事は宿に任せるとよいだろう。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP