アイナメの釣れる新潟の釣り場

  • 釣り場写真
    市振港 エリア:糸魚川

    市振港は、小規模の漁港でありながら、ターゲットが豊富で多彩な釣りを楽しめる好場所だ。釣り場の東側一帯は海水浴場になっていて、夏期はキャンプをすることもできる。波打ち際から沖合30~40メートルあたりは海底が岩礁帯になっているので、投げ釣りをする場合は根掛りに注意。付近には駐車場とトイレがある。釣具店が近くにないのであらかじめ準備していくこと。

  • 釣り場写真

    親不知インター下は、長大な消波堤ブロック帯が続く釣り場だ。全体が釣り座になるが、潮の満引きをうまく利用することが重要になってくる。潮の流れをよく読んでコマセを効果的に使おう。クロダイとアオリイカ狙いの釣り客が多い。周辺施設には駐車場と釣具店がある。

  • 釣り場写真
    海川河口 エリア:糸魚川

    海川河口は、スズキとクロダイの実績が高いフィールドである。初夏になるとアユの稚魚が遡上してくるので、スズキがさかんに水面でバイトする。そのほかにもカイユウギョや各種フィッシュイーターが潜んでいるので、スリリングな釣り場だ。一年を通じて釣りを楽しむことができる。周辺施設には駐車場と釣具店がある。

  • 釣り場写真
    鬼伏港 エリア:糸魚川

    鬼伏港は、規模の小さい漁港で、小さめの堤防が釣り座になる。大物のイシダイがたびたび目撃されることで知られている。周囲には姫川港、能生港などの人気の釣り場あるので、訪れる人は少なく、穴場の釣り場だ。駐車場、トイレなどが近くにないので、迷惑駐車などのマナー違反には気をつけてほしい。

  • 釣り場写真

    脳弁天岩は、橋で渡ることのできる観光名所でありながら、良好な磯釣り場でもある。沖磯がいくつかあるのだが、渡し船業者が居ないのがキズだ。島全体はゴツゴツとしていて、歩くのに少々苦労する。荷物は必要最低限に留め、コンパクトにまとめたい。秋口になると回遊魚も入ってくるので、スリリングなファイトを楽しむことができる。周辺施設には駐車場、トイレがある。

  • 釣り場写真
    名立港 エリア:上越

    名立港は、海底が岩礁帯になっており様々な釣り物が潜んでいる。釣り場としての魅力も高いが周辺には道の駅やレジャースポットなどが立地しており、納竿してからも十分に楽しむことができる。現在は改修工事のため、多くの部分が立入禁止になっている。駐車場脇のテトラ帯で竿を出すことができるのが救いだ。

  • 釣り場写真
    有間川港 エリア:上越

    有間川港は、船釣りの拠点として有名な漁港。規模は小さめで、全体的に水深が浅く、釣り物がそこまで豊富でないものの、西風にはめっぽう強いのが魅力。周辺施設には駐車場、トイレがある。船の往来には十分に注意すること。

  • 釣り場写真
    谷浜 エリア:上越

    谷浜は、砂浜とテトラが釣り座にかつては沖に置かれていたテトラ堤が、陸続きになり、釣り場としてのポテンシャルがぐんと高まった。釣り場全体は砂地になっているので、昼間の釣果はそこまで期待できないが、夜釣りでは思わぬ大物に恵まれることも。テトラまわりでは安定してロックフィッシュが釣れる。夏場は海水浴場になるので、周囲には十分注意したい。付近には駐車場とコンビニがあり、充実している。

  • 釣り場写真

    上越市海洋フィッシングセンターは、沖に付き出した桟橋である。桟橋の付け根の砂浜は海水浴場として開放されている。桟橋の途中にある島はかつてイケスがあったのだが、現在は利用されておらず、子どもたちに人気の磯遊び場所になっている。周辺施設には駐車場とトイレがある。施設側が主催するキャンプやフィッシングイベントがあるので、定期的にチェックしたい。

  • 釣り場写真
    米山海岸 エリア:柏崎

    米山海岸は、シロギスの好漁場として有名である。全体的に水深が浅く、濁りがあまり入らいないのが特徴。ヒラメやマゴチなどのフィッシュイーターの魚影が濃いので、ルアーマンが多く訪れる。シロギスの最盛期には、半日で十分な釣果が得られる日もある。周辺施設には駐車場とトイレがある。

  • 釣り場写真
    聖ヶ鼻 エリア:柏崎

    聖ヶ鼻は、岩場なので一見入釣しづらい印象をもつかもしれないが、意外にも敷居は低く、容易に入釣できる。「米山駅」から徒歩で訪れることができるほどアクセスも良好。気軽に本格的な磯釣りを楽しむことができる。周辺施設には駐車場、トイレがあり、充実している。海面に対して足場が低いので、1.5メートル以上の波があるときは、釣行を控えたい。

  • 釣り場写真
    上輪海岸 エリア:柏崎

    上輪海岸は、周辺のサーフポイントでは規模の小さな釣り場である。海底は基本的には砂地であるが、岩礁が点在しており、変化があるのが特徴。沖合130メートルほどの場所にある岩場の周辺は根掛りの多発するポイントだ。周辺施設には駐車場、トイレがあり充実している。

  • 釣り場写真
    笠島港 エリア:柏崎

    笠島港は小規模でありながら、岩場、堤防、岸壁など変化に富んだフィールドである。台地の直下にあるので、シケにはめっぽう強いのが特徴。一年を通じて魚釣りを楽しむことができる。港の近くには釣具店がないので、あらかじめエサなどを準備する必要がある。漁船の出入りも頻繁なので、キャスティングする際は注意が必要。付近には駐車場(スペースは広くない)とトイレがある。

  • 釣り場写真

    江の尻~一本松は、磯が点在するフィールド。高速道路のインターチェンジから近くにあるのでアクセス良好だ。水深は2m前後だがシケの前後で数釣りを楽しむことができる。シケの最中は波を被るので、釣行は控えること。川の流れ込みの周囲ではクロダイやスズキの魚影が濃いのでルアーマンも多く訪れる。周辺施設には駐車場がある。

  • 釣り場写真
    松ヶ崎 エリア:柏崎

    松ヶ崎は、水深がある磯場で、潮が澄みきっていても釣りになる。東北は冬場の西風(季節風)が釣りの妨げになるが、このポイントは西風に強いのが特徴である。年中足元が滑りやすので、スパイクブーツの着用は必須。また、崩れかけの岩もなかにはあるので注が必要。周辺には駐車場がある。

  • 釣り場写真
    鴎ヶ鼻 エリア:柏崎

    鴎ヶ鼻は、「青海川駅」から程近いところにあるのでアクセス良好。規模の大きな岬で、景色もよく、釣果も安定しているので、すぐれた釣り場である。海が荒れると簡単に波を被ってしまうため、注意が必要である。周辺には駐車場とトイレがある。

  • 釣り場写真
    鯨波港 エリア:柏崎

    鯨波港は、規模の小さな漁港であるが、堤防、磯、砂浜などのポイントが混在しており、アクセントに富んでいる。入釣するには急な坂を下りる必要があるので、留意しておきたい。夏場は海水浴場として開放されるので、この期間中は釣りにならないとみなしてよいだろう。周辺には駐車場、トイレがある。

  • 釣り場写真
    柏崎海岸 エリア:柏崎

    柏崎海岸は、両端を河口に囲まれたフィールドである。場所によってはフェンスがあり、足元も十分に整備されていて、人気の高いポイントがある。夏場は海水浴として開放される場所もあるので、注意が必要。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    石地フィッシングセンターは、砂浜からのびる桟橋の先に釣り場が設けられた海釣り施設である。砂浜のほかにも、磯場、沖テトラなどがあり、ポイントに恵まれている。海面に対して足場が高く設計されているので、波の高い日でも安心して竿を出すことができる。周辺施設には駐車場、トイレなどがある。海釣り施設なので、手ぶらで訪れても問題ない。

  • 釣り場写真

    寺泊港は、周辺では最大級の釣り場で、釣り物の豊富さもピカイチである。岩盤、砂地、堤防などのポイントに恵まれており、竿を出せる場所がたくさんある。沖合には「一文字堤防」と呼ばれる有名なハナレの堤防があるが、渡し船業者が居ないので、マイボートで渡るしかない。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

1234

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP