アジの釣れる神奈川の釣り場

  • 釣り場写真
    浮島町公園 エリア:川崎

    川崎市営の海釣り公園。多摩川河口に向いた場所に釣り場がつくられており、24時間開放されている。入場料は無料。足場はいいが、フェンスが低いので、子供連れだと若干不安かもしれない。

  • 釣り場写真
    川崎新堤 エリア:川崎

    全長が3kmにも及び、東京湾随一の規模を誇る巨大堤防。その広さゆえ、いつ訪れても釣り座には困ることがない。水深は浅い所でも7m程。西側の赤灯付近から順に1〜6番まで番号がふられた階段があり、渡し船で番号を指定して降りる。

  • 釣り場写真

    高齢者保養施設「ふれーゆ」の裏手に整備された護岸。敷地も広いため、休日でもそこまで窮屈にならないのがこの釣り場の良いところ。ふれーゆで食事などもとれるので大変便のいいスポット。

  • 釣り場写真

    本牧、磯子と並んで人気の海釣り施設。しっかりと柵が設置されており、売店やトイレなども完備しているため、ファミリーフィッシングに人気が高く、夏場の休日ともなれば毎週満員で入場規制がかかるほど。

  • 釣り場写真

    シーサイドラインの福浦駅周辺に広がる護岸・テトラ帯。幸浦から福浦までの間を指し、正確には金沢緑道公園という名称。工業地帯で釣り禁止の場所が多い金沢区の中で貴重な釣り場。

  • 釣り場写真

    神奈川を代表するレジャースポット・八景島周辺の護岸が釣り場となる。行楽地のため周辺にはコインパーキングやコンビニもあり、公衆トイレも整備されているためファミリーでも楽しめるポイント。

  • 釣り場写真

    三春町岸壁の横に造られた無料の海づり公園。綺麗に整備されているが、釣り場は潮通しが良く非常に魚影が濃いため、休日には家族連れで賑わう人気のポイント。

  • 釣り場写真

    地元の釣り人たちが足繁く通う好漁場。見た目は何の変哲もない岸壁だが、魚影が非常に濃い意外性のあるポイント。すぐ近くに大型の釣具店があるのが何かと便利。

  • 釣り場写真

    電車やバスといった公共交通機関が充実しており、釣り場へのアクセスは非常に良い。駐車スペースは少ないが周辺正接は充実している。広大な港内には、浅瀬から深場、砂泥、岩礁とポイントが豊富。大潮時ではなく、小潮、中潮のほうが港内の潮の動きが活発になるのが特徴。

  • 釣り場写真
    雨崎 エリア:三浦

    浦賀水道に面しているせいか、磯がちな周辺とは違って、穏やかな地形である。砂浜と砂浜の間に幾つかの岩場が張り出している地形だ。この磯は東に開けた磯なので、西側からの強い風が吹いても竿をだすことが可能であるが、東側からの風が吹くと非常に釣りがしづらくなるのが難点。周辺施設には駐車場とコンビニがあるが、釣具店が離れているので必要な物はあらかじめ購入して入釣しよう。

  • 釣り場写真
    大浦 エリア:三浦

    大浦は砂浜で、南北には岩が貼りだしており、北側が「海水浴場下の磯」、南側は「火ヶ崎」と地元の釣り人に呼ばれている。磯場、砂浜ともに、かなりの魚影がある。周辺施設には駐車場とトイレがある。メジナの魚影がとても濃いと評される良磯。

  • 釣り場写真
    間口港 エリア:三浦

    船釣り客がよく利用する規模の大きな港で、港の左側には堤防と岸壁が位置するが、釣り禁止のエリアも多く、釣りのできるエリアは港内と港外の磯に限定される。足場が安定している岸壁では、家族連れで釣りにきている人々の姿も確認できる。

  • 釣り場写真
    剣崎 エリア:三浦

    剣崎灯台の下にある磯釣り場で、駐車場、コンビニ、釣具店をはじめとした周辺施設が充実しており、広々とした釣り場で人気がある。「剣崎」の本来の読みは「つるぎざき」だが、釣り人の間では「けんざき」と呼ばれる事が多い。釣り場は「エビ根」、「平島の磯」、「ベット島の磯」、「トイレ下の磯」の4つに大別される。南側の磯への経路のひとつは満潮時に水没するところがあるので注意したい。

  • 釣り場写真
    松輪港 エリア:三浦

    江奈島に沿う形で作られたのが松輪港。船釣り客の間では有名な港だが、釣り場として紹介されることは少ない。湿地帯や干潟のある江奈島湾のおかげでいろいろな魚をターゲットにすることができる。周辺施設にはトイレ(漁協内)と駐車場があり、江奈ビレッジでは餌の購入も可能である。見た目はパッとしないが良型のクロダイがあがる。

  • 釣り場写真
    大畑崎 エリア:三浦

    沖に向かって伸びる磯。この磯全体で釣りが楽しめる。釣り場へは白浜毘沙門天下の駐車場から湾岸沿いを沖に向かって10分ほど歩いて入る。周辺施設には駐車場くらいしかない。目の前に横瀬島を望むことができるが、この島は渡し船で訪れることができるが浅い根に囲まれているので、竿を出せるところが少ない。

  • 釣り場写真
    ゴミ捨て下 エリア:三浦

    白浜毘沙門天下の駐車場から海岸づたいに右手へ5分ほど歩いたところにある釣り場、入釣しやすいこともあって、絶えず釣り人が竿を出している。潮通しもよく、ターゲットも豊富。水深は5mないくらい。

  • 釣り場写真
    東風崎 エリア:三浦

    岬から突き出た小高い丘の麓に広がる磯で、釣り場へは東側の白浜毘沙門天下、西側の毘沙門港から海岸伝いに徒歩で15~20分ほどで入ることができる。磯の基部に小高い丘があるのでそれを目印にすると良い。周辺に施設には駐車場があるのみ。

  • 釣り場写真

    毘沙門港周辺の比較的足場の高い磯のひとつで、三浦半島を代表する地磯のひとつ。周辺施設にはトイレがあるうくらい。「盗人狩り(ヌスットガリ)」の由来はかつて絶壁の上まで逃れてきた盗賊が、その高さと足元で逆巻く激しい波に足がすくんで囚われたという伝説に由来する。

  • 釣り場写真
    観音山の磯 エリア:三浦

    宮川湾のい東側湾口部に広がる比較的足場の良い岩場で随所にハエ根や沈み根が張り出しているため、竿を出せるポイントは限られる。大物がよくヒットするので実績がある。周辺施設にはトイレ、コンビニ、釣具店があるなど、充実している。

  • 釣り場写真
    三崎港 エリア:三浦

    三崎港にはかなり大きな堤防があり、護岸駐車も部分的には可能である。周辺に漁業施設がいくつもあるので、肩身を狭く感じるかもしれないが、マナーやルールをきちんと守りさえすれば殆どの場所で竿を出すことができる。足場はどこでも基本的にフラット。潮通し良く水深があるところもあるが海の状況によっては潮の流れが良すぎて釣りにならないこともある。三浦半島最大の漁港なので、周辺施設は非常に充実しており、駐車場はもちろんのこと、コンビニや食堂、トイレ、釣具店もよく見かける。場所によっては大物も狙えるので釣具店で十分に情報収集してから臨みたい。

123

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP