アオリイカの釣れる神奈川の釣り場

  • 釣り場写真

    横浜の海釣り施設の中でも最も規模が大きく、人気の高い大定番スポット。沖に伸びた桟橋とマルカンと呼ばれる護岸からの釣りが出来る。トイレやレストランなどもあるため、ファミリーから本格派まで楽しめる充実の釣り場。

  • 釣り場写真

    クロダイのヘチ釣りの名所としてファンの間では絶大な人気を誇る防波堤。クロダイの他にもスズキ・アイナメ・カサゴ・カレイなど様々な魚種が狙える神奈川随一の好漁場。北側に位置するドック堤は、最も釣果の安定した場所。

  • 釣り場写真

    クロダイのヘチ釣りの名所としてファンの間では絶大な人気を誇る防波堤。クロダイの他にもスズキ・アイナメ・カサゴ・カレイなど様々な魚種が狙える神奈川随一の好漁場。3つの堤防の中間に位置する青灯・四畳半は最も大きい堤防。

  • 釣り場写真

    クロダイのヘチ釣りの名所としてファンの間では絶大な人気を誇る防波堤。クロダイの他にもスズキ・アイナメ・カサゴ・カレイなど様々な魚種が狙える神奈川随一の好漁場。最も南にある新堤・赤灯は足下が波に洗われる所があるので、ウェーダー着用が必須。上級者向けと言える。

  • 釣り場写真

    東京湾に突き出した岬全体が公園となっている観音崎は、駐車場やトイレも整備されているため釣り場として人気が高い。基本的に周囲は磯で囲まれているが、2ヶ所ほど浜が点在している。

  • 釣り場写真
    大畑崎 エリア:三浦

    沖に向かって伸びる磯。この磯全体で釣りが楽しめる。釣り場へは白浜毘沙門天下の駐車場から湾岸沿いを沖に向かって10分ほど歩いて入る。周辺施設には駐車場くらいしかない。目の前に横瀬島を望むことができるが、この島は渡し船で訪れることができるが浅い根に囲まれているので、竿を出せるところが少ない。

  • 釣り場写真

    毘沙門港周辺の比較的足場の高い磯のひとつで、三浦半島を代表する地磯のひとつ。周辺施設にはトイレがあるうくらい。「盗人狩り(ヌスットガリ)」の由来はかつて絶壁の上まで逃れてきた盗賊が、その高さと足元で逆巻く激しい波に足がすくんで囚われたという伝説に由来する。

  • 釣り場写真
    観音山の磯 エリア:三浦

    宮川湾のい東側湾口部に広がる比較的足場の良い岩場で随所にハエ根や沈み根が張り出しているため、竿を出せるポイントは限られる。大物がよくヒットするので実績がある。周辺施設にはトイレ、コンビニ、釣具店があるなど、充実している。

  • 釣り場写真
    宮川港 エリア:三浦

    小高い丘に囲まれた隠れ家的なスポット。水深はそこまでないが、外海が荒れるとクロダイの一級ポイントに変化する。港内は概ね砂地で港の外は岩礁帯になっている。港のすぐそばにはトイレ、駐車場、食堂、釣具店があり、周辺施設が充実しているので子供連れでも安心だ。

  • 釣り場写真
    三崎港 エリア:三浦

    三崎港にはかなり大きな堤防があり、護岸駐車も部分的には可能である。周辺に漁業施設がいくつもあるので、肩身を狭く感じるかもしれないが、マナーやルールをきちんと守りさえすれば殆どの場所で竿を出すことができる。足場はどこでも基本的にフラット。潮通し良く水深があるところもあるが海の状況によっては潮の流れが良すぎて釣りにならないこともある。三浦半島最大の漁港なので、周辺施設は非常に充実しており、駐車場はもちろんのこと、コンビニや食堂、トイレ、釣具店もよく見かける。場所によっては大物も狙えるので釣具店で十分に情報収集してから臨みたい。

  • 釣り場写真

    城ヶ島へは車で入釣することができる。この釣り場は城ヶ島の北側、三崎港側を指す。有料の駐車場がいくつかあり、入釣するのは容易いので、多くの釣人が訪れる。三崎港と違って、海底は砂地よりもやや岩礁帯の方が多く、豊富な魚種をターゲットにすることができる。周辺施設には有料駐車場のほか、トイレ、釣具店があり、食堂も充実している。

  • 釣り場写真

    三浦半島の中では一番水深があるので、真冬でも水温がある程度安定し、通年で釣りが楽しめる。また、ポイントによって水深の違いがあり、トイレ、駐車場から近いこともあって、人気の釣り場の一つだ。

  • 釣り場写真
    諸磯 エリア:三浦

    外海に突き出した岬で、潮通しがよく、水深もそこそこあるので、人気の釣り場だ。夏の終わりにはイナダやワラサが回遊してくる。周辺施設には駐車場、コンビニ、トイレがあり、充実しているが、入釣するには私道を通る必要があるのでマナーをしっかり守りたいところだ。駐車するときは青少年センターの駐車場を利用すること。

  • 釣り場写真
    小網代堤防 エリア:三浦

    堤防の右手は海底が岩礁帯、左手は平坦な砂地が続く。入釣経路を通ると必ず濡れてしまうので、ウェーダーの着用は必須。堤防の右側はテトラになっており、ここで色々な魚をターゲットに釣りを楽しむことができる。周辺施設には駐車場とコンビニがある。釣り場までは少々歩かなければならないが、それだけの価値はある釣り場。

  • 釣り場写真
    三戸浜堤防 エリア:三浦

    家族連れの釣り人が多いポイント。堤防の左側の海底は岩礁帯で、テトラで覆われている。右側は砂地で、平坦な海底だが、船着場になっているので竿を出せるポイントが少ない。周辺施設には釣り場すぐそばの駐車場と、トイレ、コンビニがあり、ファミリーフィッシング向けの釣り場として人気が高い。

  • 釣り場写真

    広い港ではあるのだが、ほとんどの場所で釣りが制限されており、釣り目的での立ち入りは東側にある「松崎堤防」に限られるだけになっている。堤防の足元下は砂地だけでなく岩礁帯も入り混じるので魚種が豊富なためファミリーフィッシング向けの釣り場として人気が高い。周辺施設にはコンビニと釣具店がある。

  • 釣り場写真

    周辺では割と規模の大きい港で、前田川や堤防周辺の岩礁、砂浜があるなど、ポイントが非常に豊富。釣りができるスペースも広いため、通年で竿を出すことができる好ポイント。おまけに周辺施設が充実しており、駐車場、コンビニ、トイレ、釣具店があるので、ファミリーフィッシング向けの釣り場として人気が高い。

  • 釣り場写真

    およそ2kmにわたる海岸で、複数の堤防と、磯、河口、砂浜などが揃っていて、ポイントに恵まれた釣り場である。これだけのバリエーションを有していながら、周辺施設には駐車場、コンビニ、トイレ、釣具店があり、充実している。

  • 釣り場写真

    海が荒れているときは危険を伴うポイントもあるが家族連れでやってくる釣り人もいい。駐車場から少し離れたところに釣り場があるにもかかわらず、潮通しもよく、足場も良いので夏場のサビキ釣りシーズンは混雑覚悟で臨むことになるだろう。スパイクブーツ、ウェーダーを持参すれば、陸続きの磯に入釣することもできる。周辺施設は充実していないので、準備万端で臨むこと。

  • 釣り場写真

    江の島裏磯と呼ばれる釣り場で、ここに入るためには正面の参道から歩くか、片瀬から出ている観光渡船で入ることになる。江の島で一番大きく釣りやすい磯で通称大平と呼ばれていて、外海側がクロダイの好ポイントである。磯全体で足場が良いため多くの釣人が訪れ年中混雑している。周辺施設は充実していないので、しっかり準備してから入釣しよう。

12

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP