ヤリイカの釣れる神奈川の釣り場

  • 釣り場写真
    三崎港 エリア:三浦

    三崎港にはかなり大きな堤防があり、護岸駐車も部分的には可能である。周辺に漁業施設がいくつもあるので、肩身を狭く感じるかもしれないが、マナーやルールをきちんと守りさえすれば殆どの場所で竿を出すことができる。足場はどこでも基本的にフラット。潮通し良く水深があるところもあるが海の状況によっては潮の流れが良すぎて釣りにならないこともある。三浦半島最大の漁港なので、周辺施設は非常に充実しており、駐車場はもちろんのこと、コンビニや食堂、トイレ、釣具店もよく見かける。場所によっては大物も狙えるので釣具店で十分に情報収集してから臨みたい。

  • 釣り場写真

    城ヶ島へは車で入釣することができる。この釣り場は城ヶ島の北側、三崎港側を指す。有料の駐車場がいくつかあり、入釣するのは容易いので、多くの釣人が訪れる。三崎港と違って、海底は砂地よりもやや岩礁帯の方が多く、豊富な魚種をターゲットにすることができる。周辺施設には有料駐車場のほか、トイレ、釣具店があり、食堂も充実している。

  • 釣り場写真

    三浦半島の中では一番水深があるので、真冬でも水温がある程度安定し、通年で釣りが楽しめる。また、ポイントによって水深の違いがあり、トイレ、駐車場から近いこともあって、人気の釣り場の一つだ。

  • 釣り場写真

    江の島裏磯と呼ばれる釣り場で、ここに入るためには正面の参道から歩くか、片瀬から出ている観光渡船で入ることになる。江の島で一番大きく釣りやすい磯で通称大平と呼ばれていて、外海側がクロダイの好ポイントである。磯全体で足場が良いため多くの釣人が訪れ年中混雑している。周辺施設は充実していないので、しっかり準備してから入釣しよう。

  • 釣り場写真

    人気の堤防で年中釣り人が訪れる。ただし広い釣り場ではないので、釣り人の数は限られる。周辺施設には整備された有料の駐車場、トイレがある。荒れている日は堤防が波をかぶることがあるので注意したい。

  • 釣り場写真

    一年を通してイカ狙いの釣り人が多数訪れる港。堤防上はかなりの広さがあるので安心して入釣できる。周辺施設には、駐車場、トイレ、そしてすぐ近くに釣具店があり、食堂や自販機も揃っている。年中イカ釣り師が竿を出しているので回遊魚狙いのカゴ釣り師は肩身の狭い思いをするかもしれない。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP