ウミタナゴの釣れる神奈川の釣り場

  • 釣り場写真

    設備・魚影ともに申し分ない大人気釣りスポット。利用料は無料で、園内に年中無休の釣具店があるのも嬉しいポイント。のんびりとした雰囲気の芝生広場があり、休日はファミリーで賑わう。

  • 釣り場写真
    水江町公園 エリア:川崎

    東扇島の対岸に位置する緑豊かで小じんまりとした臨海公園。護岸から小さな突堤が2つほど伸びている。豊富な魚種が魅力の一つ。

  • 釣り場写真

    高齢者保養施設「ふれーゆ」の裏手に整備された護岸。敷地も広いため、休日でもそこまで窮屈にならないのがこの釣り場の良いところ。ふれーゆで食事などもとれるので大変便のいいスポット。

  • 釣り場写真

    クロダイのヘチ釣りの名所としてファンの間では絶大な人気を誇る防波堤。クロダイの他にもスズキ・アイナメ・カサゴ・カレイなど様々な魚種が狙える神奈川随一の好漁場。北側に位置するドック堤は、最も釣果の安定した場所。

  • 釣り場写真

    クロダイのヘチ釣りの名所としてファンの間では絶大な人気を誇る防波堤。クロダイの他にもスズキ・アイナメ・カサゴ・カレイなど様々な魚種が狙える神奈川随一の好漁場。3つの堤防の中間に位置する青灯・四畳半は最も大きい堤防。

  • 釣り場写真

    クロダイのヘチ釣りの名所としてファンの間では絶大な人気を誇る防波堤。クロダイの他にもスズキ・アイナメ・カサゴ・カレイなど様々な魚種が狙える神奈川随一の好漁場。最も南にある新堤・赤灯は足下が波に洗われる所があるので、ウェーダー着用が必須。上級者向けと言える。

  • 釣り場写真

    横須賀では貴重な広々とした敷地でのんびりと釣りを楽しめる公園。釣り場が広いため、本格的な投げ釣りも気兼ねなく楽しめる良スポット。駐車場もあるため、ファミリーフィッシングにも最適の場所。

  • 釣り場写真

    第二次大戦中に要塞として利用されていた東京湾唯一の自然島。近年まで一般人の立ち入りが認められていなかったため、いまでも豊かな自然が残されている。

  • 釣り場写真

    観音崎の北側に位置し、山に抱かれるかたちとなる釣り場。周囲に駐車場はなく、アクセスに難があるためあまり釣り人は多くないが、東京湾に面しているため実績は十分の穴場的ポイント。

  • 釣り場写真

    観音崎京急ホテルの下にある浅瀬の磯。のんびりとした雰囲気で、近くに貸しボート屋や日帰り温泉施設があるのが嬉しい。

  • 釣り場写真

    周囲は公園として整備されており、港口ということもあって非常に潮通しの良いポイント。すぐ近くに遠瀬の砂浜海岸があり、沖には海藻帯が広がっていて、魚影も濃い。足元が滑りやすい低い岩場では波に注意する必要がある。

  • 釣り場写真

    電車やバスといった公共交通機関が充実しており、釣り場へのアクセスは非常に良い。駐車スペースは少ないが周辺正接は充実している。広大な港内には、浅瀬から深場、砂泥、岩礁とポイントが豊富。大潮時ではなく、小潮、中潮のほうが港内の潮の動きが活発になるのが特徴。

  • 釣り場写真
    雨崎 エリア:三浦

    浦賀水道に面しているせいか、磯がちな周辺とは違って、穏やかな地形である。砂浜と砂浜の間に幾つかの岩場が張り出している地形だ。この磯は東に開けた磯なので、西側からの強い風が吹いても竿をだすことが可能であるが、東側からの風が吹くと非常に釣りがしづらくなるのが難点。周辺施設には駐車場とコンビニがあるが、釣具店が離れているので必要な物はあらかじめ購入して入釣しよう。

  • 釣り場写真
    長手鼻 エリア:三浦

    岩場と砂浜で入り混じった磯のひとつで、砂浜から大ききく離れた岩場が釣り場になる。駐車場からすぐの場所にあるので気軽に足を運ぶことができる。周辺施設にはコンビニがあり、人気の釣り場である。いろいろな釣法で狙うことができ、ターゲットが豊富なこともあって四季を通じて釣りを楽しむことができる。

  • 釣り場写真
    大浦 エリア:三浦

    大浦は砂浜で、南北には岩が貼りだしており、北側が「海水浴場下の磯」、南側は「火ヶ崎」と地元の釣り人に呼ばれている。磯場、砂浜ともに、かなりの魚影がある。周辺施設には駐車場とトイレがある。メジナの魚影がとても濃いと評される良磯。

  • 釣り場写真
    剣崎 エリア:三浦

    剣崎灯台の下にある磯釣り場で、駐車場、コンビニ、釣具店をはじめとした周辺施設が充実しており、広々とした釣り場で人気がある。「剣崎」の本来の読みは「つるぎざき」だが、釣り人の間では「けんざき」と呼ばれる事が多い。釣り場は「エビ根」、「平島の磯」、「ベット島の磯」、「トイレ下の磯」の4つに大別される。南側の磯への経路のひとつは満潮時に水没するところがあるので注意したい。

  • 釣り場写真
    高磯 エリア:三浦

    松輪港の駐車場から海岸伝いに行くと、剣崎の先端まで行くことができる。大きく南へ突き出た磯が「高磯」である。目の前には江菜島や横瀬島などをはじめとした剣崎沖の磯群が広がる。この釣り場には3つのポイントがあり、東から「高磯」、「高い磯」、「石柱の磯」と呼ばれる。周辺施設には駐車場くらいしかない。

  • 釣り場写真
    大畑崎 エリア:三浦

    沖に向かって伸びる磯。この磯全体で釣りが楽しめる。釣り場へは白浜毘沙門天下の駐車場から湾岸沿いを沖に向かって10分ほど歩いて入る。周辺施設には駐車場くらいしかない。目の前に横瀬島を望むことができるが、この島は渡し船で訪れることができるが浅い根に囲まれているので、竿を出せるところが少ない。

  • 釣り場写真
    前の島 エリア:三浦

    未開拓の離れ磯。場所によってはこんなに簡単にクロダイが釣れてしまうのかと驚いてしまうほど。ウェーダー(防水具)着用でかつ水位の低いときにしか渡れないので、場荒れしていない。南西の強風時か、あるいは低気圧通過後でかなりうねりのあるときがオススメ。付近には駐車場がある。

  • 釣り場写真
    ゴミ捨て下 エリア:三浦

    白浜毘沙門天下の駐車場から海岸づたいに右手へ5分ほど歩いたところにある釣り場、入釣しやすいこともあって、絶えず釣り人が竿を出している。潮通しもよく、ターゲットも豊富。水深は5mないくらい。

1234

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP