イナダの釣れる神奈川の釣り場

  • 釣り場写真
    川崎新堤 エリア:川崎

    全長が3kmにも及び、東京湾随一の規模を誇る巨大堤防。その広さゆえ、いつ訪れても釣り座には困ることがない。水深は浅い所でも7m程。西側の赤灯付近から順に1〜6番まで番号がふられた階段があり、渡し船で番号を指定して降りる。

  • 釣り場写真

    シーサイドラインの福浦駅周辺に広がる護岸・テトラ帯。幸浦から福浦までの間を指し、正確には金沢緑道公園という名称。工業地帯で釣り禁止の場所が多い金沢区の中で貴重な釣り場。

  • 釣り場写真

    横須賀では貴重な広々とした敷地でのんびりと釣りを楽しめる公園。釣り場が広いため、本格的な投げ釣りも気兼ねなく楽しめる良スポット。駐車場もあるため、ファミリーフィッシングにも最適の場所。

  • 釣り場写真

    古くから天然の良港として栄えた場所。三方を小高い丘に囲まれているため、多少の風は苦にならない。奥深い港は魚類の宝庫である。市街地からそう遠くないところに位置しており、交通の便はとても良い。釣り場の周囲に駐車場が少ないのが残念。常に大型船が停泊しているので釣り場所は限られてくるが桟橋や岸壁で釣果を期待できる。

  • 釣り場写真

    毘沙門港周辺の比較的足場の高い磯のひとつで、三浦半島を代表する地磯のひとつ。周辺施設にはトイレがあるうくらい。「盗人狩り(ヌスットガリ)」の由来はかつて絶壁の上まで逃れてきた盗賊が、その高さと足元で逆巻く激しい波に足がすくんで囚われたという伝説に由来する。

  • 釣り場写真
    諸磯 エリア:三浦

    外海に突き出した岬で、潮通しがよく、水深もそこそこあるので、人気の釣り場だ。夏の終わりにはイナダやワラサが回遊してくる。周辺施設には駐車場、コンビニ、トイレがあり、充実しているが、入釣するには私道を通る必要があるのでマナーをしっかり守りたいところだ。駐車するときは青少年センターの駐車場を利用すること。

  • 釣り場写真

    小坪港は映画のロケ地としても使われる場所で、景色が良い。ただし国道からこの港に行き着くには大きく寄り道をしなければならず、釣り人の姿は多くない。マリーナでは釣りができないため、護岸外側のテトラ帯で釣りをすることになる。周辺施設には駐車場とトイレがある。

  • 釣り場写真

    海が荒れているときは危険を伴うポイントもあるが家族連れでやってくる釣り人もいい。駐車場から少し離れたところに釣り場があるにもかかわらず、潮通しもよく、足場も良いので夏場のサビキ釣りシーズンは混雑覚悟で臨むことになるだろう。スパイクブーツ、ウェーダーを持参すれば、陸続きの磯に入釣することもできる。周辺施設は充実していないので、準備万端で臨むこと。

  • 釣り場写真

    有料の駐車場があるが早朝は空いていない。いくつものポイントに分かれており、年中家族連れやカップルで賑わう。ただし、常連が多く、出したいところに竿を出せないことが多々あるので、竿を出すまで時間がかかる場合が多々ある。最近になって「大島」という一級の磯に渡し船が出るようになったが、平日はやっていないことがあるので要確認。

  • 釣り場写真

    広い海岸で、右手に押切川の河口がある。水深があるので、波が立ちにくい点が特徴。海岸の中央から沖に向かって伸びる堤防と押切川の間の沖は根が走っている。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店があり、非常に充実している。家族連れの釣り人も多い。

  • 釣り場写真

    急に深くなる砂利浜である。根が複雑に入り交じっており、ポイントを把握できるかどうかが勝負の鍵となる。砂場の右手から、桜川、塔台川、押切川の河口がある。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニがありわりと充実している。

  • 釣り場写真

    広い海岸で、砂利浜。沖の方は刺し網やそれからタコツボが設置されているので当日の潮の流れをよく読んでキャスティングしたい。周辺施設には駐車場、コンビニ、釣具店があり、わりと充実している。サーフトローリングをする人は地元の釣具店で情報収集するのが吉。

  • 釣り場写真

    海底は砂利と砂がまじっており、いくつか根が存在する。かなり水深があるので、通年で投げ釣りを楽しむことができる。周辺施設はほとんどなく釣り場へアクセスするには、かなり歩くしかない。近くにパーキングエリアがあり、自販機やトイレを利用することができるが駐車はできない。

  • 釣り場写真

    砂浜海岸で、沖の方は人口の海岸侵食防止用のリーフが設置されており、60~70mほど投げると必ず根がかりする。海面から見てもわからないので把握しておく必要がある。周辺施設はコンビニがあるくらいで、駐車場が近くにないため、それほど釣り人が訪れない釣り場になっている。

  • 釣り場写真

    100~120m沖に人工リーフがある海岸で、付近には早川の河口がある。夏場(7~8月)は海水浴場になるので、この期間は釣りをすることができない周辺施設には駐車場、コンビニ、トイレがある。駐車場は少し離れたところ(市街)にあるのでそちらを利用すること。

  • 釣り場写真

    人気の堤防で年中釣り人が訪れる。ただし広い釣り場ではないので、釣り人の数は限られる。周辺施設には整備された有料の駐車場、トイレがある。荒れている日は堤防が波をかぶることがあるので注意したい。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP