カワハギの釣れる神奈川の釣り場

  • 釣り場写真

    古くから天然の良港として栄えた場所。三方を小高い丘に囲まれているため、多少の風は苦にならない。奥深い港は魚類の宝庫である。市街地からそう遠くないところに位置しており、交通の便はとても良い。釣り場の周囲に駐車場が少ないのが残念。常に大型船が停泊しているので釣り場所は限られてくるが桟橋や岸壁で釣果を期待できる。

  • 釣り場写真

    周囲は公園として整備されており、港口ということもあって非常に潮通しの良いポイント。すぐ近くに遠瀬の砂浜海岸があり、沖には海藻帯が広がっていて、魚影も濃い。足元が滑りやすい低い岩場では波に注意する必要がある。

  • 釣り場写真
    剣崎 エリア:三浦

    剣崎灯台の下にある磯釣り場で、駐車場、コンビニ、釣具店をはじめとした周辺施設が充実しており、広々とした釣り場で人気がある。「剣崎」の本来の読みは「つるぎざき」だが、釣り人の間では「けんざき」と呼ばれる事が多い。釣り場は「エビ根」、「平島の磯」、「ベット島の磯」、「トイレ下の磯」の4つに大別される。南側の磯への経路のひとつは満潮時に水没するところがあるので注意したい。

  • 釣り場写真
    油壺 エリア:三浦

    非常に広いポイントで、年中釣り人の姿が絶えない人気ポイント。ほとんどのポイントが駐車場から離れていないのが魅力的。温水が流れ出る排水口や水路の周辺では年中魚の活性が高く、魚の居着く環境が整っている。周辺施設には駐車場のほか、コンビニやトイレがあり充実している。近くには東大臨海実験所や、油壺マリンパークがある。

  • 釣り場写真
    荒崎 エリア:三浦

    景勝地としても有名だが、磯釣りのポイントとしても名高い。名前の割に海が荒れていない日は、子連れで訪れる釣り人も多いほどにおとなしい磯だったりする。ただし怪我をしやすいところもあるので注意したい。周辺施設に駐車場、コンビニ、トイレ、釣具店があり、年中釣り人がこの磯を訪れる。

  • 釣り場写真

    広い港ではあるのだが、ほとんどの場所で釣りが制限されており、釣り目的での立ち入りは東側にある「松崎堤防」に限られるだけになっている。堤防の足元下は砂地だけでなく岩礁帯も入り混じるので魚種が豊富なためファミリーフィッシング向けの釣り場として人気が高い。周辺施設にはコンビニと釣具店がある。

  • 釣り場写真

    小坪港は映画のロケ地としても使われる場所で、景色が良い。ただし国道からこの港に行き着くには大きく寄り道をしなければならず、釣り人の姿は多くない。マリーナでは釣りができないため、護岸外側のテトラ帯で釣りをすることになる。周辺施設には駐車場とトイレがある。

  • 釣り場写真

    海が荒れているときは危険を伴うポイントもあるが家族連れでやってくる釣り人もいい。駐車場から少し離れたところに釣り場があるにもかかわらず、潮通しもよく、足場も良いので夏場のサビキ釣りシーズンは混雑覚悟で臨むことになるだろう。スパイクブーツ、ウェーダーを持参すれば、陸続きの磯に入釣することもできる。周辺施設は充実していないので、準備万端で臨むこと。

  • 釣り場写真

    江の島裏磯と呼ばれる釣り場で、ここに入るためには正面の参道から歩くか、片瀬から出ている観光渡船で入ることになる。江の島で一番大きく釣りやすい磯で通称大平と呼ばれていて、外海側がクロダイの好ポイントである。磯全体で足場が良いため多くの釣人が訪れ年中混雑している。周辺施設は充実していないので、しっかり準備してから入釣しよう。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP